双子の不思議
 
SECRET LIFE OF TWINS
分野:考古学・人類学
音声:英語
付属品:英文スクリプト
1999年
40分×3巻
セットコード:1612100
本体価格:\105,000
納期:2週間ほど
双子の人格について貴重な洞察を提供するこのシリーズでは彼らの非常に好奇心をそそる面、神秘的な面のみならず、人格が遺伝子で決まるのか養育環境で決まるのかという最新の論争を見ることができる。最近の研究では双子の病歴や性格のうち生まれつき決まっているのはどの部分で、養育によって決まるのはどの部分かということが徐々に解明され始めている。また、非常に多くの人々が(一方が母親の胎内で早い段階に亡くなったために気付かなかっただけで)実は双子として生を受けた可能性があることもわかってきた。ということは、双子に当てはまることは昔その一方であった可能性のある我々にとっても当てはまるということになる。双子を理解することは究極的には我々を自分自身のより深い理解へと導くのである。
このビデオはInstitutional Use(学校、公共施設、企業、各種団体での教育目的でのご購入)に限ります。申し訳ございませんが、個人及び営業目的によるご購入はできません。是非、ご所属の機関でのご購入を検討いただくか、公共図書館などにご推薦いただきますようお願い申し上げます。

 

▼各巻の詳細

双子の不思議 第1巻
SECRET LIFE OF TWINS 1
40分
コード:1612101
本体価格:\35,000
このシリーズで興味深い研究結果を報告するウィンストン教授から、ある双子を妊娠したカップルが、双子として生を受けた瞬間から始まる彼らの危険やその神秘について説明を受ける。最初このカップルはまず、双子が子宮内で栄養やスペースの取り合いをするだけでなく、出産の際にも一方が一方を窒息させてしまったり、一方のへその尾で絞め殺される危険があるという話にショックを受ける。エピソード例・オハイオでは毎年世界中から3,000人の双子が集まり、盛大な祝典が開かれる。・一卵性双生児でもリーバとローリほど近さと親密さを共有できる双子はわずかしかいない。彼女たちは頭の部分がつながっているため、どちらかを殺さない限り切り離すことはできないのである。しかし彼女たちは「自分達は全く異なる人格を持っている」と強調する。二人は如何にして独立した生活を成功させているのだろうか?

 

双子の不思議 第2巻
SECRET LIFE OF TWINS 2
40分
コード:1612102
本体価格:\35,000
双子の研究、特にある異常な社会政策的試みは、精神科医、心理学者、遺伝学者の人間の発達に対する考えにユニークな洞察を与えた。20世紀初頭、英国とアメリカのソーシャルワーカーと医者は、双子はお互いにとって「良くない」存在であり、分離されなくてはならないと信じた。双子はある時期になると異なった家族と一緒に住むため養子に出され、自分に双子のきょうだいがいるとは決して知らされないはずであった。1960年代のニューヨークで、小児精神科医のチームが子育ての理論をテストするために、離れ離れになった双子たちのその後を追った。しかしその結果 は、人が環境によってどの程度影響を与えられるかについての彼らの理論を完全にひっくり返すものであった。エピソード例・ヒットラー政権下のドイツで一人はナチとして一方はユダヤ人として育てられた一組の双子ジャックとオスカー。彼らはその驚くほど異なった境遇にもかかわらず、二人が40才にして最初に会った時、二人の間には身体的外見と行動に今だかつてない驚くべき類似性を示した。ウィンストン教授は言う「別 れ別れになった双子の最も驚くべき点は、おそらく、同じ遺伝子を持った人間が同じ性格であることよりも、彼らの人格形成にとって彼らの家庭がほとんど影響を持たなかったことである。」

 

双子の不思議 第3巻
SECRET LIFE OF TWINS 3
40分
コード:1612103
本体価格:\35,000
これまでの巻でロバート・ウィンストン教授は、一卵性双生児が、離れ離れで完全に異なった環境で育った場合でさえ極端に類似している点に話を集中してきたが、この巻では彼らが生物学的に非常に類似しているにもかかわらず、同様にかなりの相違がある点に注目する。どのように遺伝子の特徴は、人々を環境要因に勝たせたり、あるいは順応させたりするのだろうか。エピソード例・遺伝子が老化プロセスに影響を与えること、そして双子がさらにこのような理論をテストするのに理想的であることはすでに周知であった。双子は同一の遺伝子を持っているので、それぞれに異なった環境の影響を測れば良いのである。一卵性双生児ジョーンとジェーンはあきらかに顔の老け方に差がある。さらされた紫外線の量 といった異なった環境が、同じ遺伝子を持っている二人の顔に老化の違いという顕著な影響を与えた。・23才のヘレンとサラはよく一緒に行動し、好きな音楽も同じである。しかしボーイフレンドの話となると、彼女たちは全く好みが異なる。遺伝子は異性の好みという領域に影響を持つのだろうか。・研究者は長い間、環境要因が、人が犯罪に向かうかどうかに大きな影響を与えることを知っていた。しかしウィンストン教授は「本質的に我々をとりまく環境は全て我々を犯罪へと導くものであろう。そしてほとんどの犯罪者はそれぞれ異なった世界に生まれている。」とコメントする。このプログラムは環境だけではなく、遺伝子の影響もまた、人々が多かれ少なかれ犯罪者になる可能性を高くするかもしれないことを示唆する。二人とも凶悪犯罪をおかした有名な双子のマフィア、クレイ兄弟について、彼らの伝記作家に取材する。一方、双子でも、一人は自由で独立しており、一人は暴力犯罪で実刑を受けている兄弟もいる。彼らの母親のコメントにも注目する。