index 2019index 1月号目次 1月号目次
執筆者・翻訳者紹介

竹中秀樹(たけなか・ひでき)
情報通信研究機構ワイヤレスネットワーク総合研究センター宇宙通信研究室研究員。博士(工学)。2014年電気通信大学大学院情報システム学研究科情報システム学専攻博士後期課程修了。2010年情報通信研究機構ワイヤレスネットワーク研究所宇宙通信システム研究室有期技術員を経て,2015年より現職。高専では機械工学を専攻,修士から衛星光通信を研究。おもな研究分野は,衛星光通信,空間光通信。趣味は自転車(ロードバイク),PC関連(自作PC,プログラミングなど)。

浅野 卓(あさの・たかし)
京都大学准教授。博士(工学)。1998年京都大学大学院工学研究科電子物性工学専攻博士後期課程修了。1999年京都大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー博士研究員,2000年京都大学大学院工学研究科助手,2003年同大学講師を経て,2007年より現職。おもな研究分野はフォトニックナノ構造。趣味はマウンテンバイク,きのこ撮影。
http://www.qoe.kuee.kyoto-u.ac.jp/

野田 進(のだ・すすむ)
京都大学大学院工学研究科教授。工学博士。1984年京都大学大学院工学研究科電気工学専攻修士課程修了。1991年博士号取得(京都大学)。2006年ベルギーゲント大学より名誉博士号を授与。現在,京都大学光・電子理工学教育研究センター・センター長を兼務。おもな研究分野は光量子電子工学。フォトニック結晶,量子ナノ構造などの光量子電子工学の研究に従事。応用物理学会フェロー,IEEEフェロー。2000年IBM科学賞,2004年大阪科学賞,電子情報通信学会エレクトロニクスソサエティ賞,2005年応用物理学会光・量子エレクトロニクス業績賞,2006年OSAフラウンホーファー賞,2009年江崎玲於奈賞,2014年紫綬褒章,2015年応用物理学会業績賞など受賞多数。
http://www.qoe.kuee.kyoto-u.ac.jp/

安達千波矢(あだち・ちはや)
九州大学工学府主幹教授,同大学最先端有機光エレクトロニクス研究センター長。工学博士。1991年九州大学大学院総合理工学研究科材料開発工学専攻博士後期課程修了。株式会社リコー,信州大学繊維学部,プリンストン大学,千歳科学技術大学,九州大学工学部を経て,2010年より現職。おもな研究分野は有機光エレクトロニクス,有機半導体デバイス物性,有機光物理化学。著書に『有機エレクトロニクス入門』(共著,日刊工業新聞社),『有機半導体のデバイス物性』(講談社)などがある。趣味はジョギング,車整備とドライブ,園芸。家族は妻と子供2人。
http://www.cstf.kyushu-u.ac.jp/~adachilab/lab/

羽島良一(はじま・りょういち)
量子科学技術研究開発機構上席研究員。博士(工学)。1989年東京大学大学院工学系研究科原子力工学専攻修士課程修了。東京大学工学部助手,講師,助教授を経て,1999年より日本原子力研究所研究員。改組により現職。2006年より高エネルギー加速器研究機構客員教授。2018年より日本加速器学会会長。おもな研究分野は電子線加速器を用いた先端光源である自由電子レーザー,レーザーコンプトン散乱ガンマ線など。著書に『加速器ハンドブック』(分担執筆,丸善出版)などがある。家族は妻と2女。幼稚園の娘に絵本の読み聞かせをするのが日課。
https://researchmap.jp/read0208881/

宮坂 力(みやさか・つとむ)
桐蔭横浜大学医用工学部特任教授。工学博士。1981年東京大学大学院工学系研究科合成化学専攻博士課程修了。2001年桐蔭横浜大学大学院工学研究科教授,2006年同研究科長,2017年より現職。2004年株式会社ペクセル・テクノロジーズを設立し代表取締役,2009年退任,2016年より取締役。2005〜2010年東京大学大学院総合文化研究科客員教授,2017年東京大学先端科学技術研究センターフェロー。GSC文部科学大臣賞,日本写真学会学術賞,日本化学会賞,PVSEC Hamakawa賞,Clarivate Analytics引用栄誉賞(2017年),加藤記念賞など受賞。おもな研究分野は光電気化学,光エネルギー変換,ペロブスカイト太陽電池。趣味はバイオリン演奏(化学オーケストラ団員)。
http://www.cc.toin.ac.jp/sc/miyasaka/index.html

新見康洋(にいみ・やすひろ)
大阪大学大学院理学研究科准教授。博士(理学)。2007年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年東北大学大学院理学研究科および仏ネール研究所日本学術振興会特別研究員,2009年東京大学物性研究所助教を経て,2015年より現職。おもな研究分野はメゾスコピック物理,スピントロニクス。小さいものを精密につくり,そこにある真実を明らかにする。
https://yasuniimi.net

沙川貴大(さがわ・たかひろ)
東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻准教授。博士(理学)。2011年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年京都大学白眉センター特定助教,2013年東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻相関基礎科学系准教授を経て,2015年より現職。おもな研究分野は統計物理学。おもな著書はThermodynamics of Information Processing in Small Systems(Springer),『量子測定と量子制御』(共著,サイエンス社・別冊数理科学)。家族は妻,趣味は映画鑑賞,美術鑑賞。
http://www.taksagawa.com

蟹江澄志(かにえ・きよし)
東北大学多元物質科学研究所准教授。博士(工学)。1998年5月東京工業大学大学院総合理工学研究科博士課程中退。同年東京大学大学院工学系研究科助手,2000年京都大学にて博士(工学)を取得,2002年東北大学多元物質科学研究所助手,2007年同研究所助教を経て,2008年より現職。おもな研究分野は有機機能性材料,ハイブリッド材料,無機ナノ材料の合成および評価に関する分野。産学連携に力を入れている。著書に『究極のかたちをつくる』(分担執筆,日刊工業新聞社),『液晶―構造制御と機能化の最前線―』(分担執筆,シーエムシー出版)などがある。趣味は休日の料理,家族は妻と娘2人。
http://www.tagen.tohoku.ac.jp/labo/muramatsu/

高木信一(たかぎ・しんいち)
東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻教授。工学博士。1987年東京大学大学院工学系研究科電子工学専攻博士課程修了。同年東芝総合研究所(現・東芝研究開発センター)に入所し,2003年より現職。この間,1993〜1995年スタンフォード大学訪問研究員,2001〜2008年半導体MIRAIプロジェクト新構造トランジスタおよび計測解析技術グループリーダーを兼任。おもな研究分野は半導体電子工学。
http://www.mosfet.k.u-tokyo.ac.jp/

成田史生(なりた・ふみお)
東北大学大学院工学研究科教授。博士(工学)。1998 年東北大学大学院工学研究科材料加工学専攻博士課程修了。同年株式会社トーキン,1999年東北大学大学院工学研究科助手,2006年同研究科助教授,2007年准教授を経て,2017年より現職。おもな研究分野は,マルチスケールでの材料科学と材料力学の融合によるフレキシブル圧電・磁歪自己発電複合材料,植物繊維強化プラスチックス,ナノ粒子分散金属・セラミックス基複合材料の設計・開発と性能評価。著書に『楽しく学ぶ材料力学』(共著,朝倉書店)がある。
http://www.material.tohoku.ac.jp/~fukugo/
http://www.material.tohoku.ac.jp/profile/
profile_10/

藤澤彰英(ふじさわ・あきひで)
九州大学応用力学研究所教授。理学博士。1990年東京大学大学院理学系研究科物理専攻博士課程修了。同年核融合科学研究所助手,1994<301C>1995年TEXT大学客員研究員(文部省在外研究員),1998年核融合科学研究所助教授,2007年職名変更により同所准教授を経て,2009年より現職。第26回井上学術賞受賞,第57回仁科記念賞受賞。おもな研究分野はプラズマ乱流物理学。家族は妻,娘3人,息子1人。
http://www.triam.kyushu-u.ac.jp/fujisawaken/

井戸 毅(いど・たけし)
自然科学研究機構核融合科学研究所ヘリカル研究部高温プラズマ物理研究系准教授。博士(工学)。2000年名古屋大学大学院工学研究科エネルギー理工学専攻博士後期課程修了。同年核融合科学研究所助手を経て,2008年より現職。この間,2010年より名古屋大学大学院工学研究科エネルギー理工学専攻客員准教授を経て,2017年より同研究科総合エネルギー工学専攻および同大学工学部エネルギー理工学科客員准教授。おもな研究分野は,プラズマ物理学,プラズマ計測。趣味は天体観望。家族は妻,子供2人,犬。
http://www.nifs.ac.jp/cgi-bin/people/
member.cgi?id=ido_takeshi

http://www.ees.nagoya-u.ac.jp/~web_dai10/
index.html

横井喜充(よこい・のぶみつ)
東京大学生産技術研究所助教。博士(理学)。1984年東京大学法学部政治コース卒業(政治哲学)。1995年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年東京大学生産技術研究所助手,2007年職名変更により現職。おもな研究分野は乱流およびダイナモ理論。著書に『乱流の数値流体力学 モデルと計算法』(共著,東京大学出版会),『乱れと流れ』(共編,培風館)がある。趣味はボクシング(アマチュア日本選手権ミドル級2位(1981年),3位(1983年)),ジャズ・落語鑑賞。家族は妻と娘。


後田 裕(うしろだ・ゆたか)
高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所教授。博士(理学)。2001年京都大学大学院理学研究科単位取得退学。同年高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所助手,同年学位取得。2007年高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所助教,2008年准教授を経て,2011年より現職。2011年より総合研究大学院大学素粒子原子核専攻教授,2016年より東京大学大学院理学系研究科物理学専攻教授を併任。この間,2008〜2015年Belle IIテクニカルコーディネーター,2015年よりBelle IIプロジェクトマネージャー。おもな研究分野は素粒子物理学実験。著書に『加速器ハンドブック』(分担執筆,丸善出版)がある。日本酒党,鯉党。
http://belle.kek.jp/gakusai/index.html

松本重貴(まつもと・しげき)
東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構准教授。博士(理学)。2000年東北大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。同年高エネルギー加速器研究機構日本学術振興会研究員,2001年東京大学宇宙線研究所日本学術振興会研究員,2003年同研究所研究員,2005年高エネルギー加速器研究機構研究員,2007年東北大学大学院理学研究科助教,2008年富山大学大学院理学研究科准教授を経て,2010年より現職。おもな研究分野は素粒子論,宇宙論。趣味はとにかく美味しいものを食べること。
https://www.ipmu.jp/ja

杉下宗太郎(すぎした・そうたろう)
日本学術振興会特別研究員。博士(理学)。2016年京都大学大学院理学研究科物理学・宇宙物理学専攻博士課程修了。おもな研究分野は素粒子論,重力理論,弦理論。

本多正純(ほんだ・まさずみ)
ケンブリッジ大学博士研究員。博士(理学)。2013年総合研究大学院大学高エネルギー加速器科学研究科素粒子原子核専攻5年一貫制博士課程修了。高エネルギー加速器研究機構協力研究員,京都大学基礎物理学研究所アトム型研究員,ハーリッシュチャンドラ研究所(インド)博士研究員,ワイツマン科学研究所(イスラエル)博士研究員を経て,2018年より現職。おもな研究分野は素粒子物理学,場の理論,弦理論。趣味は猫。
https://webhome.weizmann.ac.il/home/hondam/
index.html

田中章詞(たなか・あきのり)
理化学研究所革新知能統合研究センター数理科学チーム特別研究員,同研究所数理創造プログラム研究員。慶應義塾大学理工学部数理科学科訪問研究員。博士(理学)。2015年大阪大学大学院理学研究科物理学専攻博士後期課程修了。同年理化学研究所理論科学連携研究推進グループ基礎科学特別研究員を経て,2017年より現職。おもな研究分野は数理物理,機械学習。著書にSuperconformal Index on RP2×S1 and 3D Mirror Symmetry(Springer)がある。

岩雅彦(いわさき・まさひこ)
理化学研究所開拓研究本部主任研究員。理学博士。1987年東京大学大学院理学系研究科物理学専門課程修了。1986年日本学術振興会特別研究員,1987年東京大学理学部附属中間子科学研究施設助手,1989年同大学同施設助手,1997年東京工業大学大学院理工学研究科基礎物理学専攻助教授を経て,2002年より現職。おもな研究分野は原子核・素粒子物理,ハドロン物理,ミューオン科学。趣味はスキー。
http://www.riken.jp/research/labs/chief/mes_sci/

野海博之(のうみ・ひろゆき)
大阪大学核物理研究センター教授,高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所特別教授。理学博士。1990 年大阪大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。同年高エネルギー物理学研究所助手,2002年高エネルギー加速器研究機構助教授を経て,2007年より大阪大学核物理研究センター教授。2016年クロスアポイントメント制度により高エネルギー加速器研究機構特別教授を兼任。おもな研究分野はハドロン原子核物理。

権業慎也(ごんぎょう・しんや)
理化学研究所基礎科学特別研究員。博士(理学)。2015年京都大学大学院理学研究科物理学第二専攻博士課程修了。おもな研究分野は量子色力学。趣味はお酒,釣り。
http://ribf.riken.jp/QHP/index.html

初田哲男(はつだ・てつお)
理化学研究所数理創造プログラムディレクター。理学博士。1986年京都大学大学院理学研究科物理学第二専攻博士課程修了。高エネルギー加速器研究機構理論部研究員,ニューヨーク州立大学研究員,CERN理論部研究員,ワシントン大学助教授,筑波大学助教授,京都大学助教授,東京大学教授を経て,2016年より現職。文部科学大臣表彰,仁科記念賞など受賞多数。おもな研究分野はハドロン物理学,数理生物学。著書にQuark-Gluon Plasma(共著,Cambridge University Press)がある。趣味は,ぼーっとすること。家族は,超弦な妻,冷却原子の息子,神経細胞の娘。
https://ithems.riken.jp/ja

梶野敏貴(かじの・としたか)
国立天文台理論研究部准教授,北京航空航天大学特別教授,ビッグバン宇宙論元素起源国際研究センター所長。理学博士。1984年東京大学大学院理学系研究科博士課程物理学専攻修了。同年東京都立大学助手,カリフォルニア大学研究顧問官,ハーバード大学スミソニアン研究所,シドニー大学,パリ第七大学などの客員教授を経て,1993年より現職。1994年より東京大学大学院理学系研究科准教授。2004年APSフェロー(米国物理学会),2017年世界千人学者,2018年国家特聘学者名誉称号(中国政府)。おもな研究分野は宇宙核物理学,とくに元素の起源論とビッグバン宇宙論。趣味は書道,オペラ観賞,つりなど。
http://th.nao.ac.jp/MEMBER/kajino/

田中雅臣(たなか・まさおみ)
東北大学大学院理学研究科天文学専攻准教授。博士(理学)。2009年東京大学大学院理学系研究科天文学専攻博士課程修了。同年東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構日本学術振興会特別研究員,2010年同機構特任研究員,2011年国立天文台理論研究部助教を経て,2018年より現職。日本天文学会研究奨励賞,文部科学大臣表彰若手科学者賞,第8回井上リサーチアウォードを受賞。超新星爆発や重力波天体など宇宙の突発天体を研究している。著書に『星が「死ぬ」とはどういうことか』(ベレ出版),『元素はいかにつくられたか―超新星爆発と宇宙の化学進化―』(共著,岩波書店)がある。
https://www.astr.tohoku.ac.jp/~masaomi.tanaka/

吉田 滋(よしだ・しげる)
千葉大学大学院理学研究科ハドロン宇宙国際研究センター教授。博士(理学)。1994年東京工業大学大学院理工学研究科物理学専攻博士課程修了。同年米国ユタ大学高エネルギー宇宙物理学研究所研究員,1995年東京大学宇宙線研究所助手,2002年千葉大学理学部助教授を経て,2013年より現職。おもな研究分野は高エネルギーニュートリノ天文学,宇宙線物理学。家族は妻と息子1人。
http://www.ppl.phys.chiba-u.jp/~syoshida/

鳥羽儀樹(とば・よしき)
京都大学大学院理学研究科宇宙物理学教室日本学術振興会特別研究員。博士(理学)。2014年総合研究大学院大学物理科学研究科宇宙科学専攻5年一貫制博士課程修了。同年愛媛大学宇宙進化研究センター特定研究員,2016年台湾中央研究院天文及天文物理研究所(ASIAA)博士研究員を経て,2018年より現職。NPO法人サイエンスステーションの中心メンバーとしてサイエンスアウトリーチ活動にも注力。おもな研究分野は銀河と超巨大ブラックホールの形成・進化の観測的研究。趣味は飲み歩き,カラオケ,ダンス。ゆるキャラのバリィさんのファン。
http://www.kusastro.kyoto-u.ac.jp/~toba/

小麥真也(こむぎ・しんや)
工学院大学教育推進機構准教授。博士(理学)。2009年東京大学大学院理学系研究科天文学専攻博士課程修了。同年宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所赤外・サブミリ波天文学研究系研究員,2010年国立天文台チリ観測所助教,合同アルマ観測所CSVサイエンティスト,2013年国立天文台チリ観測所特任准教授を経て,2014年より現職。おもな研究分野は近傍銀河の星形成・ダイナミクス。家族は妻と娘,ネコ(♀)2匹。居室に自分の研究室ではない学生がよくコーヒーを飲みにくる。好きなJ-POPアーティストはPerfume。
http://www.ns.kogakuin.ac.jp/~wwa1061/

古屋 玲(ふるや・れい)
徳島大学教養教育院准教授。学術博士。総合研究大学院大学理学研究科天文学専攻博士課程修了。イタリア国立アルチェトリ天文台研究員,カリフォルニア工科大学物理数学天文学科研究員,国立天文台ハワイ観測所研究員などを経て,2014年より現職。おもな研究分野は,星の形成過程の観測的研究,電波天文学や赤外線天文学の観測手法や解析手法の研究。訳書に『星形成論』(丸善出版)がある。

吉田晶樹(よしだ・まさき)
海洋研究開発機構地球深部ダイナミクス研究分野主任研究員。博士(理学)。2003年東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士後期課程修了。海洋科学技術センター地球シミュレータセンター研究員,海洋研究開発機構地球内部変動研究センター研究員,同機構地球内部ダイナミクス領域主任研究員を経て,2014年より現職。この間2011〜2012年東京大学地震研究所数理系研究部門客員准教授を兼任。おもな研究分野は地球内部物理学,地球進化学,地震テクトニクス,数値流体力学。著書に『地球はどうしてできたのか―マントル対流と超大陸の謎』(講談社),『図説 地球科学の事典』(分担執筆,朝倉書店)がある。
http://yoshida-geophys.jp/

渡邊誠一郎(わたなべ・せいいちろう)
名古屋大学大学院環境学研究科教授。理学博士。1990年東京大学大学院理学系研究科地球物理学専攻博士課程中途退学。同年山形大学理学部助手,1993年名古屋大学理学部助手,1996年同大学大学院理学研究科助教授,2001年同大学院環境学研究科助教授を経て,2008年より現職。2011年より宇宙航空研究開発機構はやぶさ2プロジェクトサイエンティスト,宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所客員教授を兼任。おもな研究分野は惑星形成論,惑星探査学,環境学。著書に『岩波講座地球惑星科学 12 比較惑星学』(共著,岩波書店),『新しい地球学』(共著,名古屋大学出版)がある。

津川卓也(つがわ・たくや)
情報通信研究機構電磁波研究所宇宙環境研究室研究マネージャー。博士(理学)。2004年京都大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。日本学術振興会特別研究員(名古屋大学,マサチューセッツ工科大学),情報通信研究機構宇宙環境計測グループ専攻研究員を経て,2016年より現職。地球電磁気・地球惑星圏学会大林奨励賞,2013 EPS Award,文部科学大臣表彰科学技術賞など受賞多数。おもな研究分野は宇宙天気,超高層大気物理学,GNSS電離圏観測。趣味は剣道,バイクツーリング。家族構成は妻と娘3人。
http://seg-www.nict.go.jp/

笹井理生(ささい・まさき)
名古屋大学大学院工学研究科教授。理学博士。1985年京都大学大学院理学研究科博士後期課程物理学第一専攻単位取得満期退学。同年分子科学研究所理論研究系助手,1991年名古屋大学教養部化学教室助教授,1998年同大学大学院人間情報学研究科教授を経て,2006年より現職。おもな研究分野は理論生物物理学。著訳書に『蛋白質の柔らかなダイナミクス』(培風館),『細胞の物理生物学』(共訳,共立出版)がある。趣味は山歩き。
http://www.tbp.cse.nagoya-u.ac.jp/

美宅成樹(みたく・しげき)
名古屋大学名誉教授。理学博士。1976年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻単位取得退学。同年東京大学工学部助手,1980年東京農工大学工学部助教授,1994年同教授,2003年名古屋大学大学院工学研究科教授,2013年豊田理化学研究所客員フェロー。2016年から執筆活動に専念。おもな研究分野は生物物理学・ゲノム物理学。おもな著訳書は『分子生物学入門』(岩波新書),『世界に通じる科学英語論文の書き方』(丸善出版),『モダンアプローチの生物科学』(共立出版)。趣味は囲碁,観劇(宝塚歌劇),スラックライン(綱渡り),昼寝,孫とのおしゃべり。最近は名刺の肩書きを「原理を考える生物物理学者・サイエンスライター」としている。

伊藤由馬(いとう・ゆうま)
東京工業大学生命理工学院助教。博士(工学)。2015年東京工業大学大学院生命理工学研究科生命情報専攻博士課程修了。2012年日本学術振興会特別研究員(DC1),2014年理化学研究所統合生命医科学研究センター客員研究員,2015年東京工業大学特別研究員,2017年同大学特任助教を経て,2018年より現職。おもな研究分野は生物物理学。とくに生細胞1分子イメージング。趣味は博物館・資料館巡りと美術鑑賞。
http://www.toku.bio.titech.ac.jp/

徳永万喜洋(とくなが・まきお)
東京工業大学生命理工学院教授。理学博士。1987年東京大学大学院理学系研究科博士課程物理学専攻修了。1988年東京大学教養学部助手,1990年同大学理学部助手,1992年新技術事業団(現科学技術振興機構)柳田生体運動子プロジェクトグループリーダー,1997年国立遺伝学研究所助教授,同教授を経て,2008年より現職。おもな研究分野は生物物理学。著書に『1分子生物学』(共著,化学同人)などがある。アピールポイントは人がやらないことに挑戦すること。
http://www.toku.bio.titech.ac.jp/

古山通久(こやま・みちひさ)
物質・材料研究機構ナノ材料科学環境拠点ユニット長,信州大学環境・エネルギー材料科学研究所教授,広島大学大学院工学研究科客員教授。博士(工学)。2002年東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻博士後期課程修了。同研究科博士研究員,東北大学大学院工学研究科助手,同助教,九州大学稲盛フロンティア研究センター教授を経て,2016年より現職。2018年より信州大学環境・エネルギー材料科学研究所教授を兼任。おもな研究分野は次世代エネルギー,計算材料科学。著書に『ゼロから見直すエネルギー節電,創エネからスマートグリッドまで』(共監修,丸善出版)などがある。趣味は推理小説,旅など。
https://samurai.nims.go.jp/profiles/
koyama_michihisa

平野元久(ひらの・もとひさ)
法政大学理工学部機械工学科教授。工学博士,博士(理学)。1989年名古屋大学大学院工学研究科機械工学専攻博士前期課程修了。1982年日本電信電話公社(現日本電信電話株式会社)入社,2003年岐阜大学教授を経て,2014年より現職。おもな研究分野は摩擦の原子論,計算工学。著書にFriction at the Atomic Level: Atomistic Approaches in Tribology(Wiley-VCH),Superlubricity(共著,Elsevier)がある。座右の銘は「和して同ぜず」。
http://hirano-lab.ws.hosei.ac.jp/index_j.html

菱川明栄(ひしかわ・あきよし)
名古屋大学物質科学国際研究センター教授。博士(工学)。1994年京都大学大学院工学研究科物理工学専攻博士課程修了。東京大学大学院総合文化研究科助手,同大学大学院理学系研究科講師,同助教授,自然科学研究機構分子科学研究所准教授などを経て,2010年名古屋大学大学院理学研究科教授,2015年より現職。おもな研究分野は強レーザー場科学,超高速分光,コヒーレント分子制御。
http://photon.chem.nagoya-u.ac.jp/Home.html

金光義彦(かねみつ・よしひこ)
京都大学化学研究所教授。工学博士。1986年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。千葉大学工学部助手,筑波大学物理学系講師,奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科教授を経て,2004年より現職。おもな研究分野は光物性物理学,ナノサイエンス,太陽電池。著書にOptical Properties of Low-Dimensional Materials I&II(編,World Scientific),『ナノテクノロジー(化学マスター講座)』(共著,丸善出版),『シリコンフォトニクス』(編著,オーム社)がある。趣味は宝塚歌劇ミュージカル鑑賞,旅行。
http://www.scl.kyoto-u.ac.jp/~opt-nano

田原弘量(たはら・ひろかず)
京都大学化学研究所附属元素科学国際研究センター助教。博士(理学)。2013年東京工業大学大学院理工学研究科物性物理学専攻博士課程修了。日本学術振興会特別研究員を経て,2015年より現職。おもな研究分野は半導体光物性,超高速レーザー分光。
http://www.scl.kyoto-u.ac.jp/~opt-nano/


浅田圭一(あさだ・けいいち)
台湾中央研究院天文及天文物理研究所副研究員,グリーンランド望遠鏡計画プロジェクトサイエンティスト。博士(理学)。2004年総合研究大学院大学数物科学研究天文科学専攻博士課程修了。おもな研究分野は電波天文学,ミリ波/サブミリ波VLBI天文学,高エネルギー天体物理学,ブラックホール,活動銀河核。趣味は旅行。家族は妻と娘1人。
http://www.asiaa.sinica.edu.tw/people/cv_c.php?i=asada

白水徹也(しろみず・てつや)
名古屋大学大学院多元数理科学研究科教授,同大学素粒子宇宙起源研究機構教授。博士(理学)。1996年京都大学大学院理学研究科博士後期課程物理学第二専攻修了。同年東京大学助手,2002年東京工業大学助教授,2008年京都大学准教授を経て,2014年より現職。この間,1998〜2000年ケンブリッジ大学研究員。おもな研究分野は相対論,宇宙論。著訳書に『宇宙の謎に挑むブレーンワールド(DOJIN選書26)』(化学同人),『ホーキング,最後に語る』(監修/訳,早川書房)がある。趣味は知らない道を散歩することと日本酒。人と違うことをしたがる天邪鬼。
http://www.math.nagoya-u.ac.jp/~shiromizu/

斯波弘行(しば・ひろゆき)
理学博士。1968年東京大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。大阪大学理学部助手,東京大学物性研究所助教授,同大学教授,東京工業大学理学部教授,神戸大学理学部教授を経て,2004年に退職。おもな研究分野は物性物理学理論。著書に『固体の電子論』(丸善出版),『基礎の固体物理学』(培風館),『電子相関の物理』(岩波書店)がある。退職後の趣味として,ロシア語の知識を生かして,ロシアの傑出した物理学者について,その研究,生涯を調べている。

筒井 泉(つつい・いずみ)
高エネルギー加速器研究機構准教授。理学博士。1988年東京工業大学大学院理工学研究科物理学専攻博士課程修了。ハンブルク大学博士研究員,ダブリン高等研究所研究員,東京大学原子核研究所助手を経て現職。おもな研究分野は場の量子論,量子基礎論。著書に『岩波科学ライブラリー179 量子力学の反常識と素粒子の自由意志』(岩波書店)がある。趣味は東京の散策。同居家族は妻1人,息子1人。それから米国在住の息子夫婦あり。
http://research.kek.jp/group/tsutsui/index.html



(掲載順)


index 2019index 1月号目次 1月号目次