index 2017index 9月号目次 9月号目次
執筆者・翻訳者紹介

mukai img 向井人史(むかい・ひとし)
国立環境研究所地球環境研究センターセンター長,同センター炭素循環研究室室長。博士(工学)。1982年東京大学大学院工学系研究科化学工学専攻修士課程修了。同年国立公害研究所(現国立環境研究所)に着任し,2014年より現職。おもな研究分野は大気化学。徳島出身,つくば在住。

nomura img 野村渉平(のむら・しょうへい)
国立環境研究所地球環境研究センター
高度技能専門員。博士(環境共生学)。2011年東京農業大学大学院農学研究科環境共生学専攻博士後期課程修了。2012年国立環境研究所に入所,2017年より現職。おもな研究分野は大気化学。ニューヨーク出身,守谷在住。

sato img 佐藤 薫(さとう・かおる)
東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻教授。理学博士。1991年京都大学大学院理学研究科地球物理学専攻博士後期課程修了。東京大学気候システム研究センター助手,京都大学大学院理学研究科助手,国立極地研究所助教授を経て現職。第44次日本南極地域観測隊越冬隊員。おもな研究分野は気象学。南極昭和基地に設置した大型大気レーダー(PANSYレーダー)による観測プロジェクトを推進中。ロスビー波は好きな大気現象の1つ。趣味は料理とピアノ。

http://www-aos.eps.s.u-tokyo.ac.jp/~sato-lab/

yoshioka img 吉岡大二郎(よしおか・だいじろう)
東京大学名誉教授。理学博士。1977年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年同大学物性研究所助手,1984年九州大学教養部助教授,1991年東京大学教養学部助教授,1995年同学部教授,1996年同大学大学院総合文化研究科教授を経て,2015年より現職。おもな研究分野は物性物理学。著書に『量子ホール効果』(岩波書店),『マクロな体系の論理』(岩波書店),『振動と波動』(東京大学出版会)などがある。趣味はクラリネット演奏。化学オーケストラ団員。

http://daijiroyoshioka.sakura.ne.jp

takahashi img 高橋美和子(たかはし・みわこ)
筑波大学数理物質系講師。博士(理学)。総合研究大学院大学博士課程数物科学科加速器科学専攻修了。2003年より現職。高エネルギー加速器研究機構中性子散乱施設KENSにおいて,2005年の施設シャットダウンまで単結晶回折装置FOXの装置グループリーダーを務める。おもな研究分野は固体物性,回折結晶学。最近好きなことは料理,歴史小説を読むこと。家族は夫と娘2人。

http://www.ims.tsukuba.ac.jp/
~diffraction_lab/index.htm

yokokura img 横倉祐貴(よこくら・ゆうき)
理化学研究所理論科学連携研究推進グループ(iTHES)分野横断型計算科学連携研究チーム基礎科学特別研究員。博士(理学)。2014年京都大学大学院理学研究科物理学・宇宙物理学専攻博士課程修了。同年同大学基礎物理学研究所研究員,同年International Centre for Theoretical Sciences Postdoctoral fellowを経て,2015年より現職。2017年第11回日本物理学会若手奨励賞受賞。おもな研究分野は素粒子論。趣味は食事と料理。

suzuki img 鈴木健一郎(すずき・けんいちろう)
立命館大学理工学部機械工学科教授。工学博士。1982年京都大学大学院原子核工学研究科修士課程修了。同年NEC入社,2004年立命館大学理工学部マイクロ機械システム工学科教授を経て,2012年より現職。この間,1987〜1988年ミシガン大学客員研究員を兼任。IEEE Electron Devices Society 1990年度Best Paper Award(Paul Rappaport Award),NEジャパンワイヤレス・テクノロジー・アワード2013優秀賞を受賞。おもな研究分野はMEMSセンサー,アンテナ,共振器。著書に『RF-MEMSの設計と製作技術』(リアライズ理工センター)などがある。趣味は,散歩,読書。

http://www.ritsumei.ac.jp/se/~ksuzuki/

nakayama img 中山正敏(なかやま・まさとし)
九州大学名誉教授。理学博士。1963年東京大学大学院数物系研究科(物理学)博士課程修了。同年東京大学教養学部助手,1968年九州大学教養部助教授,1979年同学部教授,1994年同大学理学部教授および同大学大学院比較社会文化研究科教授を経て,1999年退官。1977年米国ブラウン大学客員教授,1991年日本物理学会物理教育委員会委員長,2001〜06年放送大学教授を歴任。おもな研究分野は半導体物理学の理論,環境問題の基礎理論,物理教育。著書に『電磁気学』(裳華房),『物質の電磁気学』(岩波書店),『環境理解のための熱物理学』(朝倉書店)などがある。趣味は散歩,映画鑑賞。家族は妻,娘3人。

hashimoto img 橋本幸士(はしもと・こうじ)
大阪大学大学院理学研究科教授。博士(理学)。2000年京都大学大学院理学研究科修了。同年京都大学基礎物理学研究所研究員,カリフォルニア大学サンタバーバラ校理論物理学研究所研究員,2001年東京大学大学院総合文化研究科助手等を経て,2012年より現職。おもな研究分野は超弦理論,理論物理学。著書に『超ひも理論をパパに習ってみた 天才物理学者・浪速阪教授の70分講義』(講談社),『Dブレーン・超弦理論の高次元物体が描く世界像』(東京大学出版会)がある。

http://kabuto.phys.sci.osaka-u.ac.jp/~koji/youkoso.html

kunihiro  img 国広悌二(くにひろ・ていじ)
京都大学大学院理学研究科物理学・宇宙物理学専攻教授。理学博士。1981年京都大学理学研究科物理学第二専攻博士後期課程修了。1982年同大学物理学第二教室学術振興会特別研究員,1983年龍谷大学経済学部助教授,1989年同大学理工学部助教授,1995年同学部教授,2000年京都大学基礎物理学研究所教授を経て,2008年より現職。この間,1989〜1990年レーゲンスブルク大学客員研究員,1998年ハイデルベルク大学DAAD研究員を兼任。おもな研究分野は原子核理論および「くりこみ群法」による数理物理。著書に『クォーク・ハドロン物理学入門〜真空の南部理論を基礎として〜』(サイエンス社)がある。趣味は音楽鑑賞,楽器(リコーダー,ギター)。家族は妻と1男2女(みんな独立)。

http://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/
~teiji.kunihiro/indexj.html

kinoshita img 木下篤哉(きのした・あつや)
気象庁地球環境・海洋部地球環境業務課地球環境観測ネットワーク企画調整官。1985年島根大学理学部物理学科卒業。中学校・高校の講師を3年務めた後,気象庁松山地方気象台航空出張所に転職。北は札幌管区気象台から,南は長崎海洋気象台(当時)まで各地で勤務。2017年より現職。おもな研究分野は環境気象関連一般。著書に『相対論の正しい間違え方』(丸善出版)がある。さまざまな物理ネタを考察するのが趣味。最近はニコニコ動画に「たこルカの物理」シリーズを作成し,ニコニコ学会βでも発表。オタク第1世代の生き残り。家族は妻,娘2人。

http://axion.world.coocan.jp/



(掲載順)


index 2017index 9月号目次 9月号目次