index 2017index 6月号目次 6月号目次
執筆者・翻訳者紹介

kawarabayashi
 img 河原林 透(かわらばやし・とおる)
東邦大学理学部教授。博士(理学)。1993年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年同大学物性研究所助手,1999年東邦大学理学部講師,2003年同学部助教授を経て,2011年より現職。おもな研究分野は物性理論。
http://cmt.ph.sci.toho-u.ac.jp/index.html

adach img 足立 匡(あだち・ただし)
上智大学理工学部機能創造理工学科准教授。博士(工学)。2001年東北大学大学院工学研究科応用物理学専攻博士後期課程修了。同年同研究科助手,2007年同研究科助教を経て,2013年より現職。この間,2001年日本学術振興会特別研究員,2006〜2007年サイモンフレーザー大学客員研究員を兼任。おもな研究分野は銅酸化物高温超伝導体,鉄系高温超伝導体の物性研究。趣味はスポーツ観戦(最近はご無沙汰),家族は妻,娘1人(高校2年),息子2人(高校1年,高校1年)。

http://nile.ph.sophia.ac.jp/~adachi/

koike img 小池洋二(こいけ・ようじ)
東北大学大学院工学研究科応用物理学専攻教授。理学博士。1980年東京大学大学院理学系研究科物理学専門課程博士課程修了。同年日本学術振興会奨励研究員を経て,東北大学金属材料研究所助手。1989年同大学工学部応用物理学科助教授,1993年の半年間ダルムシュタット工科大学客員研究員を兼任。1996年同学科教授を経て,1997年より大学院重点化により現職。おもな研究分野は高温超伝導体の探索と物性研究,低次元量子スピン系におけるスピンによる熱伝導。著書に『高温超伝導体データブック』(分担執筆,丸善),『ナノ・マイクロスケール熱物性ハンドブック』(分担執筆,養賢堂)がある。趣味はテニス,草野球,麻雀。家族は妻。娘2人は独立。
http://www.apph.tohoku.ac.jp/low-temp-lab/index.html

nakamura img 中村文隆(なかむら・ふみたか)
国立天文台准教授。博士(理学)。1995年名古屋大学大学院理学研究科物理学専攻博士後期課程修了。1997年新潟大学教育学部准教授を経て,2010年より現職。この間,2000〜2002年日本学術振興会海外特別研究員(カリフォルニア大学バークレー校),2009〜2012年JAXA宇宙科学研究本部固体惑星研究部門客員研究員,2015年Kavli理論物理学研究所カリフォルニア大学サンタバーバラ校客員研究員,2013〜2017年日本天文学会庶務理事を兼任。おもな研究分野は星惑星形成。著書に『かたち創造の百科事典』(分担執筆,丸善出版)などがある。週末,子供2人を連れて遊びに出かけるのを楽しみにしている。

http://th.nao.ac.jp/MEMBER/nakamrfm/

azuma img 東 浩司(あずま・こうじ)
NTT物性科学基礎研究所量子光物性研究部理論量子物理研究グループ研究主任。博士(理学)。2010年大阪大学大学院基礎工学研究科物質創成専攻博士後期課程修了。同年NTT物性科学基礎研究所量子光物性研究部量子光制御グループ研究員,2014年理論量子物理研究グループへ異動し,2015年より現職。2014年より量子情報技術時限研究専門委員会委員,2016年より日本物理学会領域運営委員を兼任。おもな研究分野は量子情報理論。近年はとくに量子ネットワークの研究を行い,「全光量子インターネット」構想を提唱する。趣味は音楽鑑賞,ドライブ,草野球。

http://www.brl.ntt.co.jp/people/azuma/

kawamura img 川村 出(かわむら・いずる)
横浜国立大学大学院工学研究院機能の創生部門准教授。博士(工学)。2007年横浜国立大学大学院工学府機能発現工学専攻博士課程後期修了。同年同大学院工学研究院研究教員,2012年同研究院助教を経て2013年より現職。この間,2009年ゲルフ大学訪問研究員。おもな研究分野は生物物理化学,構造生物化学。家族は妻と3歳の娘。

http://www.ikawamura.ynu.ac.jp/

shiomi img 汐見勝彦(しおみ・かつひこ)
防災科学技術研究所地震津波防災研究部門主任研究員。博士(理学)。1996年東北大学大学院理学研究科地球物理学専攻博士前期課程修了。同年国際航業株式会社入社,2002年防災科学技術研究所特別研究員,2006年同研究所地震研究部主任研究員を経て,組織変更により2016年より現職。この間,2006年,2008〜2010年,2012〜2015年には高感度地震観測管理室長として,高感度地震観測網Hi-netの管理運用に従事。おもな研究分野は,固体地球物理学。とくに日本列島の地下構造の解明に関する研究。趣味は読書とMLB観戦。

http://www.bosai.go.jp/activity_special/4th/
dep_jishin_tsunami.html

http://www.bosai.go.jp/activity_special/4th/
center_network.html

takahashi img 高橋淳一(たかはし・じゅんいち)
横浜国立大学大学院工学研究院機能の創生部門非常勤教員。博士(工学)。1982年京都大学大学院工学研究科物理工学専攻修士課程修了。同年日本電信電話公社武蔵野電気通信研究所入所,日本電信電話株式会社先端技術総合研究所主任研究員,2013年大阪大学レーザーエネルギー学研究センター特任研究員(客員教授),同センター招へい教授を経て,2016年より現職。おもな研究分野は量子ビーム利用によるアストロバイオロジー,とくに生命ホモキラリティー起源の研究。趣味は陶芸(つくる),美術(みる),文学(よむ),酒(のむ),ラグビー(みる・する)。

watanabe img 渡邊一也(わたなべ・かずや)
京都大学大学院理学研究科化学専攻准教授。博士(工学)。1997年大阪大学大学院工学研究科応用物理学専攻博士後期課程修了。分子科学研究所助手,総合研究大学院大学先導科学研究科助手,自然科学研究機構分子科学研究所助手を経て,2007年より現職。おもな研究分野は表面光化学,凝縮系超高速分光。

http://kuchem.kyoto-u.ac.jp/molspec/

yasuike img 安池智一(やすいけ・ともかず)
放送大学准教授。博士(理学)。2000年慶應義塾大学大学院理工学研究科化学専攻後期博士課程修了。東京大学博士研究員,京都大学博士研究員,分子科学研究所・総合研究大学院大学助手・助教(職名変更)を経て,2013年より現職。同年より京都大学ESICB拠点准教授を併任。おもな研究分野は光と分子の相互作用,プラズモン,共鳴状態,表面光科学。著書は『大学院講義物理化学第2版 I―量子化学と分子分光学』(分担執筆,東京化学同人),『分子分光学』『化学反応論―分子の変化と機能』(共著,放送大学教育振興会)など。趣味はラテンパーカッション(美座良彦氏に師事)。

itou img 伊藤昭彦(いとう・あきひこ)
国立環境研究所主任研究員。博士(理学)。2000年筑波大学生物科学研究科生物学専攻博士課程単位取得退学。同年地球フロンティア研究システム(宇宙開発事業団)ポスドク研究員,2003年海洋研究開発機構・地球環境フロンティア研究センター研究員,2006年国立環境研究所研究員を経て,2011年より現職。おもな研究分野は植物生態学,生物地球化学。著書に『地球環境変動の生態学』(分担執筆,共立出版),『地球温暖化の事典』(分担執筆,丸善出版)などがある。

hirukawa img 蛭川 立(ひるかわ・たつ)
明治大学情報コミュニケーション学部准教授。1996年東京大学大学院理学系研究科人類学専攻博士後期課程単位取得満期退学。同年お茶の水女子大学発達臨床心理学研究室ポスドク研究員を経て,2004年より現職。明治大学意識情報学研究所代表,科学コミュニケーション研究所研究員,花園大学国際禅学研究所,ロンドン大学ゴールドスミス校特異心理学研究室,クイーンズランド大学科学哲学研究室などで客員研究員を歴任。おもな研究分野は心理人類学,科学基礎論。著書に『彼岸の時間―〈意識〉の人類学』(春秋社)がある。趣味は天文学。

http://www.kisc.meiji.ac.jp/~hirukawa/

kinoshita img 木下篤哉(きのした・あつや)
気象庁地球環境・海洋部地球環境業務課地球環境観測ネットワーク企画調整官。1985年島根大学理学部物理学科卒業。中学校・高校の講師を3年務めた後,気象庁松山地方気象台航空出張所に転職。北は札幌管区気象台から,南は長崎海洋気象台(当時)まで各地で勤務。2017年より現職。おもな研究分野は環境気象関連一般。著書に『相対論の正しい間違え方』(丸善出版)がある。さまざまな物理ネタを考察するのが趣味。最近はニコニコ動画に「たこルカの物理」シリーズを作成し,ニコニコ学会βでも発表。オタク第1世代の生き残り。家族は妻,娘2人。

http://axion.world.coocan.jp/

arai img 新井朝雄(あらい・あさお)
北海道大学大学院理学研究院数学部門特任教授。理学博士。1979年東京大学大学院理学系研究科相関理化学専攻修士課程修了。1980年東京工業大学理学部数学科助手,1986年北海道大学理学部数学科講師,1992年同学科助教授,1995年同大学大学院理学研究科・研究院教授を経て,2017年4月より現職。この間,1994年ストラスブール大学高等数学研究所招聘教授,1998年ミュンヘン工科大学招聘教授。おもな研究分野は数学(とくに関数解析学),数理物理学(とくに量子数理物理学)。著書は『物理学の数理』(丸善出版),『量子数理物理学における汎関数積分法』(共立出版),『フォック空間と量子場』(日本評論社)など多数。趣味はピアノ,クラシックギター,リコーダーの演奏,芸術鑑賞。

http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/researcher/
arai.php



(掲載順)


index 2017index 6月号目次 6月号目次