index 2017index 4月号目次 4月号目次

今月のキーワード

人間原理 / 磁気クロストーク

●人間原理[anthropic principle]
素粒子や宇宙の標準的な模型においては,自然界を記述するいくつものパラメーター(たとえば,量子電気力学の微細構造定数,ヒッグス粒子の質量を決める結合定数,宇宙の加速膨張を支配する宇宙定数など)が導入され,これらの値は背後の理論の力学により決定されると考えるのがふつうである。それに対して,この宇宙で生命が生まれ人類が誕生するための必要条件として,パラメーターの値が決まっているのだとする考え方を,「人間原理」とよぶ。とくに,“私たちの宇宙”は,さまざまなパラメーターをもつより大きな“超”宇宙のなかの一部であり,そのなかでもとくに人類が存在できる宇宙を私たちが観測しているのだとする考え方は,超弦理論や,ある種の宇宙論で示唆されている。(p.4「100年後の物理学の姿」)

●磁気クロストーク[magnetic crosstalk]
クロストークは,日本語では“漏話”ともよばれる。昔ながらの固定電話器では,音声を高周波電波に乗せて導線で送っていたので,ほかの信号配線との電磁気的結合によって他人の会話が漏れ聞こえてしまうことがあった。同様の問題は,スピントロニクス素子の場合でも起こり得る。スピントロニクス素子には磁石が入っているから,隣り合った素子間でお互いの漏れ磁場の影響が無視できない。このような漏れ磁場は回路のノイズの起源となるため,微細高集積化された素子の場合には顕著な問題となる。(p.38「熱を流すだけで金属が磁石になる現象」)

index 2017index 4月号目次 4月号目次