index 2017index 1月号目次 1月号目次
執筆者・翻訳者紹介

高橋義朗(たかはし・よしろう)
京都大学大学院理学研究科教授。博士(理学)。1986年京都大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程修了。1990年京都大学理学部助手,1992年京都大学博士(理学)号取得。1994年京都大学理学部講師,1995年京都大学大学院理学研究科講師,2000年京都大学大学院理学研究科助教授を経て,2007年より現職。おもな研究分野は冷却原子,量子光学。おもな著書は『光と物理学』(共著,京都大学学術出版会)。趣味は音楽鑑賞,散歩。

http://yagura.scphys.kyoto-u.ac.jp/

hisikawa img 菱川明栄(ひしかわ・あきよし)
名古屋大学物質科学国際研究センター教授。博士(工学)。1994年京都大学大学院工学研究科物理工学専攻博士課程修了。東京大学大学院総合文化研究科助手,同大学大学院理学系研究科講師,同助教授,自然科学研究機構分子科学研究所准教授などを経て,2010年名古屋大学大学院理学研究科教授,2015年より現職。おもな研究分野は強レーザー場科学,超高速分光,コヒーレント分子制御。

http://photon.chem.nagoya-u.ac.jp/Home.html

sunada img 砂田 哲(すなだ・さとし)
金沢大学理工研究域機械工学系准教授。博士(理学)。2006年立命館大学理工学研究科総合理工学専攻博士後期課程修了。同年国際電気通信基礎技術研究所研究員,2010年NTTコミュニケーション科学基礎研究所リサーチアソシエイト,2011年金沢大学理工研究域助教を経て2015年より現職。おもな研究分野は非線形物理,複雑系フォトニクス。

isizawa img 石澤 淳(いしざわ・あつし)
NTT物性科学基礎研究所量子光物性研究部量子光デバイスグループ主任研究員。博士(理学)。2002年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。2000〜2002年日本学術振興会特別研究員(D2)を経て,2002年より現職。2010年より東京大学非常勤講師,2010〜2013年日本光学会編集委員,2012〜2016年応用物理学会プログラム編集委員。おもな研究分野は光周波数コムの発生および制御。著書に『先端光科学入門』(分担執筆,国際文献社)がある。趣味は登山とクラシック音楽鑑賞。家族は妻と娘。

http://www.brl.ntt.co.jp/people/
ishizawa/index.html

yosii img 吉井一倫(よしい・かずみち)
横浜国立大学工学研究院助教。博士(エネルギー科学)。2010年京都大学大学院エネルギー科学研究科博士後期課程エネルギー応用科学専攻修了。同年電気通信大学大学院情報理工学研究科特任助教を経て,2015年より現職。この間,2015年JST ERATO美濃島知的光シンセサイザプロジェクト研究員。おもな研究分野は量子エレクトロニクス。趣味はSFと歴史(縄文時代を中心に)。家族は妻と娘1人。

http://hong-lab.ynu.ac.jp/index.html

takeiri img 竹入康彦(たけいり・やすひこ)
自然科学研究機構核融合科学研究所所長。工学博士。1985年京都大学大学院工学研究科電子工学専攻博士後期課程中途退学。同年京都大学ヘリオトロン核融合研究センター助手,1989年核融合科学研究所助手,1995年同研究所助教授,2004年同教授を経て,2015年より現職。この間,2010年大型ヘリカル装置計画プロジェクト実験統括主幹,2014年同プロジェクト研究総主幹。総合研究大学院大学物理科学研究科核融合科学専攻専攻長を併任。おもな研究分野は核融合学,プラズマ理工学。趣味は音楽・美術鑑賞。4人家族だったが,息子2人は独立して,現在は妻と2人暮らし。

http://www.nifs.ac.jp

sano img 佐野雅己(さの・まさき)
http://daisy.phys.s.u-tokyo.ac.jp/index.htm

hosokai img 細貝知直(ほそかい・ともなお)
大阪大学大学院工学研究科戦略支援部准教授。博士(理学)。1997年東京工業大学大学院総合理工学研究科エネルギー科学専攻博士課程修了。東京大学大学院工学系研究科原子力専攻助手,東京工業大学大学院総合理工学研究科特任准教授,大阪大学光科学センター特任准教授等を経て,2014年より現職。この間,2009〜2015年JST CREST「光展開領域」研究代表,2014年より内閣府革新的研究開発推進プログラム研究責任者を兼任。日本加速器学会奨励賞,高エネルギー加速器科学研究奨励会西川賞受賞。おもな研究分野はプラズマ理工学,高強度レーザー応用等,パルスパワー工学。趣味は山歩き,シュノーケリング,ドライブなど。家族は妻,息子1人。

http://www.ppc.osaka-u.ac.jp/

oonari img 大成誠一郎(おおなり・せいいちろう)
岡山大学異分野基礎科学研究所准教授。博士(理学)。2005年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。2005年名古屋大学工学研究科COE研究員,2006年名古屋大学工学研究科助手,2007年同助教,2014年岡山大学大学院自然科学研究科准教授を経て,2016年より現職。おもな研究分野は強相関電子系の超伝導発現機構および輸送現象。著書にIron-Based Superconductivity(分担執筆,Springer)がある。趣味はテニス。家族は妻,長男,次男。

http://mp.okayama-u.ac.jp/

souma img 相馬清吾(そうま・せいご)
東北大学原子分子材料科学高等研究機構准教授。博士(理学)。2004年東北大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。2005年日本学術振興会海外特別研究員,2006年東北大学大学院理学研究科助手,2007年同大学原子分子材料科学高等研究機構助教,2014年より現職。おもな研究分野は光電子固体物性,電子物性,電子スピン分析。

http://www.wpi-aimr.tohoku.ac.jp/jp/
research/researcher/souma_s.html

sakai img 酒井英明(さかい・ひであき)
大阪大学大学院理学研究科物理学専攻准教授。博士(工学)。2003年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修士課程修了。同年日本電信電話株式会社マイクロシステムインテグレーション研究所,2005〜2008年東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻博士課程,2008年理化学研究所交差相関物質研究チーム基礎科学特別研究員,2011年英国セントアンドルーズ大学物理・天文学科リサーチフェロー,2012年東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻助教を経て,2015年より現職。2016年東京大学物性研究所客員准教授,JSTさきがけ研究者を併任。おもな研究分野は,物性物理学。とくに高圧や真空などの特殊な環境を利用した物質開拓と新奇物性の探索。趣味はビールとウィスキーの評論。家族は妻と娘。

kouno img 河野公俊(こうの・きみとし)
理化学研究所創発物性科学研究センターチームリーダー。理学博士。1982年東京大学大学院理学系研究科博士課程物理学専攻修了。同年日本学術振興会奨励研究員,同年兵庫教育大学学校教育学部助手,1989年筑波大学物理学系(低温センター)助教授,1992年東京大学物性研究所助教授,2000年理化学研究所主任研究員を経て,2015年より現職。著書にTwo-Dimensional Coulomb Liquids and Solids(共著,Springer)がある。家族は,妻と娘1人。

http://lt.riken.jp

isobe img 磯部寛之(いそべ・ひろゆき)
東京大学大学院理学系研究科教授,東北大学AIMR主任研究者。博士(理学)。1998年東京大学大学院理学系研究科博士課程化学専攻中途退学。同年同研究科助手,2004年同助教授,2007年東北大学大学院理学研究科教授を経て,2013年同大学AIMR主任研究員,2016年より東京大学大学院理学系研究科教授。この間,2003〜2007年JSTさきがけ研究員を兼任,2013年よりJST ERATO磯部縮退p集積プロジェクト研究総括。おもな研究分野は有機化学とその周辺。趣味はラボの立ち上げ(2007年の独立研究室設立から数えて7つ目となるラボを立ち上げ中)。

http://www.chem.s.u-tokyo.ac.jp/
users/physorg/

satou img 佐藤宗太(さとう・そうた)
東北大学原子分子材料科学高等研究機構准教授,JST ERATO磯部縮退p集積プロジェクトグループリーダー。博士(理学)。2005年東京大学大学院理学系研究科化学専攻博士課程修了。同年同大学大学院工学系研究科応用化学専攻助手,2007年同専攻助教,2010年同専攻講師を経て,2013年より現職。この間,2012年より理化学研究所客員研究員を併任。おもな研究分野は構造有機化学,有機合成化学,錯体化学。著書にMetal-organic Caged Assemblies(分担執筆,Wiley)がある。趣味は写真撮影。

http://www.jst.go.jp/erato/isobe/

hikasa img 日笠健一(ひかさ・けんいち)
東北大学大学院理学研究科教授。理学博士。1983年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。ウィスコンシン大学研究員,高エネルギー物理学研究所助手,東北大学理学研究科助教授を経て,1996年より現職。おもな研究分野は素粒子理論。おもな著書は『量子力学』(朝倉書店),『ディラック方程式』(サイエンス社)。

nakamura img 中村浩二(なかむら・こうじ)
高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所助教。博士(理学)。2009年筑波大学数理物質科学研究科物理学専攻博士後期課程修了。同年東京大学素粒子物理国際研究センター特任研究員を経て,2012年より現職。おもな研究分野は素粒子物理学,ハドロンコライダー実験。趣味はドライブ,テニス。

nakaya img 中家 剛(なかや・つよし)
京都大学大学院理学研究科教授。博士(理学)。1995年大阪大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。日本学術振興会海外特別研究員(米国フェルミ国立加速器研究所),シカゴ大学Enrico Fermi Instituteフェルミ研究員,京都大学大学院理学研究科助手,同助教授を経て,2009年より現職。2008年よりIPMU客員研究員を併任。仁科記念賞,戸塚洋二賞,ブレークスルー基礎物理学賞受賞。おもな研究分野は素粒子実験。『ニュートリノ物理―ニュートリノで探る素粒子と宇宙』(共立出版)がある。趣味は釣り,スキー,散歩。家族は妻と息子1人。
http://www-he.scphys.kyoto-u.ac.jp

izubuchi img 吉田健太郎(よしだ・けんたろう)
京都大学大学院理学研究科物理学第二教室素粒子論研究室助教。博士(人間環境学)。2003年京都大学大学院人間環境学研究科博士課程修了。同年高エネルギー加速器研究機構協力研究員および研究機関研究員,2004年同研究機構日本学術振興会特別研究員(PD),2007年カリフォルニア大学サンタバーバラ校カブリ理論物理学研究所日本学術振興会海外特別研究員を経て,2009年より現職。2012年第6回素粒子メダル奨励賞。おもな研究分野は超弦理論。趣味は温泉,ジクソーパズル,ボーリング。家族は妻と娘1人,息子1人。

hikida img 疋田泰章(ひきだ・やすあき)
京都大学基礎物理学研究所特定准教授。博士(理学)。2003年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年ソウル国立大学BK21研究員,2005年高エネルギー加速器研究機構研究機関研究員,2006年日本学術振興会海外特別研究員(DESY研究所),2008年日本学術振興会特別研究員(KEK),2009年慶應義塾大学商学部助教,2013年立教大学理学部助教,2016年立命館大学理工学部特任助教を経て,同年より現職。おもな研究分野は素粒子理論,超弦理論。趣味はテニス。家族は妻と子供2人。

横山順一(よこやま・じゅんいち)

enyo img 延與秀人(えんよ・ひでと)
理化学研究所仁科加速器研究センターセンター長。理学博士。1984年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程退学。同年日本学術振興会特別研究員,同海外特別研究員,1987年CERN研究員,1989年京都大学理学部助手,1994年同助教授,2001年理化学研究所主任研究員を経て,2009年より現職。おもな研究分野は原子核物理,ハドロン物理学。著書に『宇宙誕生100万分の1秒後の謎』(実業之日本社)がある。趣味は音楽鑑賞,スキー,テニス。家族は妻と娘2人,息子1人。写真の右が著者,左は113番元素発見者の森田浩介博士。

http://www.riken.jp/research/labs/rnc/
http://www.rarf.riken.jp/index.html

hirano img 大塚孝治(おおつか・たかはる)
東京大学大学院理学系研究科物理学専攻教授。理学博士。1979年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年日本原子力研究所物理部研究員,1987年東京大学理学部物理学教室助教授,1997年より現職。この間,1983〜1985年ロスアラモス国立研究所理論部研究員併任,1993〜2002年理化学研究所客員主管研究員,2008〜2010年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻長・物理学科長を,2005〜2016年東京大学大学院理学系研究科原子核科学研究センター長を兼任,2005年よりミシガン州立大学国立超伝導サイクロトロン研究所Adjunct教授。2011年より日本学術会議連携会員(第3部),2015年よりベルギー・ルーバン大学客員教授を兼任。おもな研究分野は原子核物理学理論。物理をできるだけ簡単に考えることを心がけている。おもな著書は『物理学最前線 第20巻』(共著,共立出版),『大学院原子核物理』(共著,講談社)。家族は妻と2人暮らし。

satou img 佐藤 朗(さとう・あきら)
大阪大学大学院理学研究科助教。博士(理学)。2001年東京理科大学大学院理工学研究科物理学専攻博士課程修了。2001年大阪大学大学院理学研究科研究機関研究員,2003年同研究科助手および特任助手を経て,2007年より現職。おもな研究分野は,ミューオンを使った素粒子実験物理。趣味は水泳,温泉めぐり。

http://www-kuno.phys.sci.osaka-u.ac.jp

miyabayasi img 宮林謙吉(みやばやし・けんきち)
奈良女子大学自然科学系物理学領域教授。博士(理学)。1994年名古屋大学大学院理学研究科博士後期課程中退,1995年同大学にて博士号取得。1994年奈良女子大学理学部助手,同助教授,同准教授を経て2016年より現職。おもな研究分野はB中間子崩壊過程におけるCP非保存測定,クオーコニウム似エキゾチックハドロンの探索。趣味は音楽リスニング(クラシック,ポピュラー),子供の行事の写真撮影,たまに運動不足解消のために水泳,サイクリング,ソフトテニス。家族は妻と2男2女。

tagosi img 田越秀行(たごし・ひでゆき)
大阪市立大学大学院理学研究科准教授。博士(理学)。1995年京都大学大学院理学研究科物理学第二専攻博士課程修了。1998年大阪大学大学院理学研究科助手,2007年同助教を経て現職。おもな研究分野は宇宙物理学,重力波天文学。

http://www.gw.hep.osaka-cu.ac.jp/index_ja.html

oka img  朋治(おか・ともはる)
慶應義塾大学理工学部物理学科教授。博士(理学)。1996年東京大学大学院理学系研究科天文学専攻博士課程修了。理化学研究所基礎科学特別研究員,東京大学大学院理学系研究科物理学専攻助手,慶應義塾大学理工学部物理学科准教授を経て,2015年度より現職。おもな研究分野は銀河系中心。とくに中心核巨大ブラックホールの起源解明を目指して,大型観測装置を駆使した観測研究を推進。趣味はフットサル,化石・鉱物採集,昆虫観察。

http://aysheaia.phys.keio.ac.jp/index.html

umehata img 梅畑豪紀(うめはた・ひでき)
放送大学教養学部プロジェクト研究員。博士(理学)。2015年東京大学大学院理学系研究科天文学専攻博士課程修了。日本学術振興会特別研究員(PD),東京大学天文学教育研究センター特任研究員を経て,2016年より現職。2015年度はヨーロッパ南天天文台(ESO)に客員研究員として滞在。おもな研究分野は初期宇宙における銀河および大質量ブラックホールの形成と進化,銀河間物質。趣味は天体写真,旅行,カーリング。

toriumi img 鳥海 森(とりうみ・しん)
自然科学研究機構国立天文台太陽天体プラズマ研究部特任助教。博士(理学)。2014年東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士後期課程修了。2011年日本学術振興会特別研究員,2014年より現職。おもな研究分野は太陽天体プラズマ物理学,とくに黒点形成過程,フレア発生過程。趣味は,合気道。

http://www-space.eps.s.u-tokyo.ac.jp/~toriumi/index-j.html

narita img 成田憲保(なりた・のりお)
東京大学大学院理学系研究科天文学専攻助教。博士(理学)。2008年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。日本学術振興会特別研究員(PD),国立天文台研究員,同特任助教,自然科学研究機構アストロバイオロジーセンター特任助教を経て,2016年より現職。おもな研究分野は,太陽系外惑星,とくにトランジットを起こす系外惑星の観測と,新しい観測装置の開発。著書に『一家に1枚 宇宙図』(共同執筆,文部科学省)がある。

yamauti img 山内 恭(やまのうち・たかし)
国立極地研究所特任教授,同研究所および総合研究大学院大学名誉教授。理学博士。1978年東北大学大学院理学研究科地球物理学専攻博士課程修了。同年東北大学理学部助手,1980年国立極地研究所助手,1985年同研究所助教授,1993年同研究所教授,2009年同研究所副所長を経て,2015年より現職。この間,1993年より総合研究大学院大学極域科学専攻助教授,同教授,2009年より日本女子大学理学部非常勤講師を併任。2015年より雑誌Polar Science(Elsevier)編集委員長。おもな研究分野は大気科学,極域気候学(おもに放射収支,衛星リモートセンシング,大気・物質循環)。著書に『南極・北極の気象と気候(気象ブックス27)』(成山堂書店)などがある。趣味は,鉄道,田舎道ドライブ,旅行,地図,写真。

kasaba img 笠羽康正(かさば・やすまさ)
東北大学大学院理学研究科地球物理学専攻教授。博士(工学)。1997年京都大学大学院工学研究科電子工学専攻博士後期課程修了。同年富山県立大学工学部電子情報工学科助手,1999年宇宙科学研究所宇宙科学企画情報解析センター助手,2001年同研究所惑星研究系助教授,2003年宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部固体惑星科学研究系助教授を経て,2007年より現職。おもな研究分野は太陽系電波・赤外線科学。

http://pat.gp.tohoku.ac.jp/

松澤 暢(まつざわ・とおる)
東北大学大学院理学研究科教授。理学博士。1986 年東北大学大学院 理学研究科地球物理学専攻博士課程後期修了。おもな研究分野は地震発生準備過程。

http://www.aob.gp.tohoku.ac.jp/

nakamura img 中村春木(なかむら・はるき)
大阪大学蛋白質研究所所長・教授。理学博士。1980年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士後期課程修了。同大学工学部物理工学科,蛋白工学研究所第二研究部,生物分子工学研究所情報解析研究部門を経て,1999年大阪大学蛋白質研究所教授,2014年より同所長。日本蛋白質科学会会長,Protein Society理事,日本生物物理学会会長を歴任。おもな研究分野は生物物理学,タンパク質科学,構造バイオインフォマティクス。著書に『タンパク質計算科学―基礎と創薬への応用』(共編,共立出版),『見てわかる構造生命科学―生命科学研究へのタンパク質構造の利用』(編,化学同人)などがある。

http://www.protein.osaka-u.ac.jp/rcsfp/pi/
http://pdbj.org

doi img 土井正男(どい・まさお)
北京航空航天大学教授。工学博士。1974年東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻博士課程中退。同年東京都立大学理学部物理学科助手,1976〜1978年ケンブリッジ大学S. F. Edwardsのもとで研究,1989年名古屋大学工学部教授(応用物理学)。2004年東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻教授,2012年公益財団法人豊田理化学研究所フェローを経て,2013年より現職。アピールポイントは中国で,若い人を相手に議論をしながら研究をしていること。細長のゴム風船を膨らませると,なぜコブができるのか,なめらかに描くことのできる毛筆の形とは,セメダインが固まるときなぜ泡ができるのか,などなど,いろいろな現象について議論をぶつけあっている。おもな研究分野はソフトマター物理,とくに工学の問題と絡んだ諸問題(乾燥,濡れ,摩擦,電気化学)。おもな著書はSoft Matter Physics(Oxford University Press),『ソフトマター物理学入門』(岩波書店),『統計力学』(朝倉書店),『物理仮想実験室』(名古屋大学出版会),Introduction to Polymer Physics (Oxford University Press),The Theory of Polymer Dynamics(共著,Oxford University Press)。趣味は温泉巡り。

mitaku img 美宅成樹(みたく・しげき)
名古屋大学名誉教授。理学博士。1976年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻単位取得退学。同年東京大学工学部助手。1980年東京農工大学工学部助教授,1994年同教授,2003年名古屋大学大学院工学研究科教授,2013年豊田理化学研究所客員フェロー。2016年から執筆活動に専念。おもな研究分野は生物物理学・ゲノム物理学。おもな著訳書は『分子生物学入門』(岩波新書),『世界に通じる科学英語論文の書き方』(丸善出版),『モダンアプローチの生物科学』(共立出版)。趣味は囲碁,観劇(宝塚歌劇),水泳,スラックライン(綱渡り),昼寝,孫とのおしゃべり。

sawada img 澤田隆介(さわだ・りゅうすけ)
九州大学生体防御医学研究所学術研究員。博士(工学)。2009年名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻応用物理学分野博士後期課程修了。同年豊田理化学研究所奨励研究員,2010年名古屋大学大学院工学研究科技術補佐員,同年10月Department of Epidemiology and Biostatistics, University of Georgia Postdoctoral Research Associateを経て,2013年より現職。おもな研究分野はバイオインフォマティクス。

kaneda img 兼田 充(かねだ・みちる)
東京工業大学理学院物理学系特任助教。博士(理学)。2011年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。2008〜2010年日本学術振興会特別研究員(DC2),2011年欧州原子核研究機構フェローを経て,2014年より現職。おもな研究分野は素粒子物理学(加速器実験,ニュートリノ実験)。趣味はスキー。

http://www.phys.titech.ac.jp/laboratory/kuze.html

中村俊夫(なかむら・としお)

segawa img 瀬川新一(せがわ・しんいち)
関西学院大学名誉教授。理学博士。1973年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。1976年関西学院大学理学部物理学科専任講師,助教授,教授を経て,2002年の改組転換により理工学部物理学科教授,2014年定年退職。この間1986年より1年間米国エール大学分子生物物理学科客員研究員。おもな研究分野は分子生物物理学,とくにタンパク質の折りたたみ反応。著書に『デモンストレーション物理学』(分担執筆,関西学院大学出版会)がある。趣味はテニス。

http://hdl.handle.net/10236/13319


hirano img 平野靖史郎(ひらの・せいしろう)
国立研究開発法人国立環境研究所環境リスク・健康研究センター副センター長。医学博士。1981年早稲田大学理工学研究科応用化学専攻修士課程修了。同年国立公害研究所環境保健部研究員,1990年国立環境研究所環境健康部主任研究員,2002年同研究所環境健康研究領域健康指標研究室室長,2006年同研究所環境リスク研究センター環境ナノ生体影響研究室室長を経て,2016年より現職。この間1991〜1992年米国デューク大学医学部に留学。おもな研究分野は毒性学。著書に『分子予防環境医学』(分担執筆,本の泉社),『毒性の科学』(分担執筆,東京大学出版会)がある。趣味は,戦国時代の城跡巡り。家族は妻と娘2人。

http://www.nies.go.jp/risk/members/hirano/
nano/Index.html

matukawa img 松川 宏(まつかわ・ひろし)
青山学院大学理工学部教授。理学博士。1984年北海道大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。1987年日本学術振興会特別研究員(東京大学物性研究所),1989年奈良女子大学理学部助手,1994年大阪大学教養部,理学部,理学研究科助教授を経て,2003年より現職。おもな研究分野は摩擦の物理の理論的・数値的・実験的研究。著書に『摩擦の物理』(岩波書店),『液晶のパターンダイナミクス/滑りと摩擦の科学』(分担執筆,培風館),『わかる電磁気学』(サイエンス社)などがある。趣味は落語・音楽を聴くこと,読書,ダイエット。家族は妻と息子。

http://www.phys.aoyama.ac.jp/~w3-matsu/

miyasita img 宮下精二(みやした・せいじ)
東京大学大学院理学系研究科物理学専攻教授。理学博士。1981年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年同助手,1988年京都大学教養部助教授,1991年同大学大学院人間環境学研究科助教授,1995年大阪大学大学院理学研究科宇宙地球科学専攻教授,1999年東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻教授を経て,2005年より現職。「磁性体の相転移理論」で井上学術賞(2001)。Docteur Honoris Causa(2011),The University of Versailles(France)。おもな研究分野は物性基礎論・統計力学・磁性。
http://spin.phys.s.u-tokyo.ac.jp

index 2017index 1月号目次 1月号目次