index top index 2016index index
2016.05contents
2016.05 contents img

カザリドリの羽。構造由来の色彩について,くわしくは4ページからの解説「バイオミメティクス:自然の学校に学ぶ光学」参照。

stamp img
<今月の切手>
東京天文台100年の記念切手。
37ページに関連するコラムがあります。
      (通)

(平成28年3月18日郵模第2597号)
arti
自然に隠されたヒントを生かす
バイオミメティクス:自然の学校に学ぶ光学
  R. C. マクフェドラン,A. R. パーカー 大園拓哉 訳

小さな世界の大きな未来
微細加工によるナノスケールものづくり
  M. インボーデン,D. ビショップ 谷口 淳 訳

物理学者,化学者の熱い議論で育てられた理論
密度汎関数理論の半世紀
  A. ザンギル 白井光雲 訳

未来は開かれるか
核廃棄物のガラス固化
  I. L. ペグ 岩崎智彦 訳
news 宇宙でぺたっとくっついてできた彗星
  S. チャン 大槻圭史 訳

地震波エネルギーを吸いとる微小な泡
  A. G. スマート 武井康子 訳

ランダム探索の普遍統計
  R. M. ウィルソン 永尾太郎 訳

ニュースダイジェスト
  C. デイ,R. J. フィッツジェラルド,S. K. ブラウ ほか
砕ける波における散逸 / 光メタレンズの新しい設計法 / バーストをくり返す宇宙の謎の電波源 / スキルミオンによるデータ記憶 ほか

クローズアップ:
 新型スピントロニクスと悪魔の階段
  和達大樹
 2物体間に働く力の精密測定
  杉本宜昭

理科教育:18歳からの物理
 18歳からのブラックホール探索
  常深 博

講座:相転移ことはじめ
 第2回 相転移のしくみ
  宮下精二

コラム:私はこうして物理を選んでしまった
 何者でもない君たちへ―物理が先か研究が先か
  高瀬恵子

コラム:物理教育の新しい工夫
 そのエネルギーはどこから来たの?
  秋葉昌也

コラム:パリティのココロ
 まともでない論文誌へのまともでない投稿
  大槻義彦
information corner フォーラム

6月号予告

執筆者・翻訳者紹介

今月の切手
  小沼通二

今月のキーワード
キチン / 彗星核 / スピンバルブ / 電子の縮退圧 / 超巨大ブラックホール

今月のパリティ
自然における光学システムの理解から工業技術への応用
自然界の精緻な構造の観察によって,未解明で隠れていた現象の発見が可能になります。生物の驚くべき色彩を研究することにより,その光学部素材の複雑な配置構造が明らかになってきました。自然の光学システムに学んだ構造デザインが新しい応用につながった事例を紹介します。(p.4)

トップダウンのものづくりを目指して
1〜100nmの大きさの素子や構造を扱っているナノテクノロジー。研究室レベルの発見が商用化できるかどうかの見極めにはその製造方法の改良が欠かせません。ナノ露光,ナノインプリントを中心に,研究開発の現状と未来を探ります。(p.12)
密度汎関数理論はどのように発展してきたのか
電子状態に関するディラックの挑戦に対して多様な理論的枠組みが発展してきました。そして,コーンとホーエンベルクの論文から半世紀,物理学者と化学者たちはどのようにこの理論にとり組んできたのか,さまざまな論文に残された軌跡をたどります。(p.20)

冷戦時の軍拡競争の遺産
米国は約70000個,ソ連では55000個の核弾頭をもつに至りました。その処理・廃棄が問題となっています。ガラス固化は「放射性廃棄物」を処理する技術として開発されました。世界中で採用が検討されているこの技術の現状と展望,課題を解説します。(p.28)
原子レベル描画のための動的ステンシル(p.18)
原子レベル描画のための動的ステンシル(p.18)

index top index 2016index index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら