index 2016index 2月号目次 2月号目次
執筆者・翻訳者紹介

藤田智弘(ふじた・ともひろ)
スタンフォード大学理論物理学研究所博士研究員。博士(理学)。2015年3月東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。オフィシャルな所属とは別に指導教官の関係で居室は東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構(IPMU)にあり,修士・博士課程のほとんどをIPMUで過ごした。おもな研究分野は宇宙論。宇宙論の理論家にはめずらしく(?),子供の頃から天体観測が好き。ときどき田舎で野外で寝袋に入り,夜空を見上げている。好きな星座はペルセウス座。趣味は茶道。

高田将郎(たかた・まさお)

miyahara img 宮原三郎(みやはら・さぶろう)
九州大学名誉教授。理学博士。1972年九州大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程修了。同年九州大学理学部物理学科助手,助教授を経て,1991年九州大学理学部地球惑星科学科教授。2012年定年退職。この間,1983〜1985年プリンストン大学客員研究員,1989〜1990年ボストン大学客員研究員。1985年度日本気象学会学会賞,2013年度日本気象学会藤原賞受賞。おもな研究分野は大気力学,とくに中層大気・超高層大気力学についての理論・数値計算。趣味はアマチュア無線,テニス,釣り。

miyazaki img 宮崎牧人(みやざき・まきと)
早稲田大学先進理工学部物理学科助教。博士(理学)。2011年京都大学大学院理学研究科物理学・宇宙物理学専攻博士課程修了。早稲田大学先進理工学部物理学科次席研究員を経て,2015年より現職。おもな研究分野は,生物物理学。とくに,細胞骨格構造の自己組織化機構の解明と,細胞骨格がつかさどる細胞機能の発現機構の解明。人工細胞モデルの構築。

ishiwata img 石渡信一(いしわた・しんいち)
早稲田大学理工学術院物理学科教授。理学博士。1974年名古屋大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程満期退学。その後,学振奨励研究員,MIT博士研究員などを経て,1979年早稲田大学理工学部専任講師,その後助教授を経て,1986年より現職。2009年より早稲田バイオサイエンスシンガポール研究所(WABIOS)所長を兼務。2004〜2005年日本生物物理学会会長。おもな研究分野は生物物理学,とくに生物運動階層システム,1分子モーター力学など。おもな編著書は『実験生物物理』(丸善),『生体分子モーターの仕組み』(共立出版),『生物物理学ハンドブック』(朝倉書店),『1分子生物学』(化学同人)など。現在の家族は妻とネコ。
http://www.phys.waseda.ac.jp/bio/ishiwata/index.html

tanimura img 谷村省吾(たにむら・しょうご)
名古屋大学大学院情報科学研究科教授。博士(理学)。1990年名古屋大学工学部応用物理学科卒業(おもに物性物理を学ぶ),1995年同大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了(おもに素粒子論と量子論を研究)。東京大学(学振研究員),京都大学(助手・講師),大阪市立大学(助教授),京都大学(准教授)を経て,2011年より現職。おもな研究分野は,量子基礎論,量子情報理論,微分幾何学の物理への応用。著書は『理工系のためのトポロジー・圏論・微分幾何』(サイエンス社)。徒歩通勤が唯一の運動。最近,大学は忙しすぎて研究する時間がないが,それを言い訳にせず,頑張らねばと思う。
http://www.phys.cs.is.nagoya-u.ac.jp/~tanimura/

usui img 臼井寛裕(うすい・ともひろ)
東京工業大学大学院理工学研究科地球惑星科学専攻助教。博士(学術)。2004年岡山大学大学院自然科学研究科地球・環境システム科学専攻博士後期課程修了。2004年岡山大学地球物質科学研究センターCOE研究員,2005〜2009年テネシー州立大学ノックスビル校地球惑星科学科ポスドク研究員,2009〜2012年アメリカ航空宇宙局ジョンソン宇宙センターNASA Postdoctoral Fellow(Senior Fellow)を経て,2012年より現職。2011年よりLunar Planetary Institute客員研究員を兼務。おもな研究分野は宇宙地球化学,惑星探査。
http://www.freewebs.com/tusui/index.htm

yamamoto img 山本 貴(やまもと・たかし)
愛媛大学大学院理工学研究科環境機能科学専攻准教授。理化学研究所客員研究員兼任。博士(理学)。東京大学大学院理学系研究科化学専攻博士課程修了。日本学術振興会DC1(東京大学物性研究所),分子科学研究所PD,日本学術振興会PD(理化学研究所),大阪大学大学院理学研究科化学専攻助教を経て現職。おもな研究分野は分子性固体,物理化学,応力,固体の分子分光。マイブームは「分子軌道に特有な自由度を固体物性に取り込む研究」および「分子性物質にさまざまな応力を印加する手法の研究」。
http://chem.sci.ehime-u.ac.jp/~physchem01/index.html

kuroda img 黒田忠広(くろだ・ただひろ)
慶應義塾大学理工学部教授。工学博士。1982年東京大学工学部電気工学科卒業。同年(株)東芝入社。1988〜90年カリフォルニア大学バークレイ校客員研究員。2000年慶應義塾大学に移り2002年より現職。2007年カリフォルニア大学バークレイ校MacKay Professor。ISSCCで37件の論文,VLSIシンポジウムで26件,CICCで19件,A-SSCCで16件の論文を発表。22件の著書を著し,150件以上の特許を取得。IEEE SSCS監理委員会メンバー,IEEE上級講師,IEEE/SSCS Region10代表を歴任。各種フェロー,委員長等を務める。おもな研究分野は半導体集積回路。『RFマイクロエレクトロニクス 入門編・実践応用編』(2014年),『アナログCMOS集積回路の設計 基礎編・応用編・演習編』(2009年,いずれも丸善出版)など訳書も多数。趣味は研究,家族は妻と子供2人。
http://www.kuroda.elec.keio.ac.jp/

kubota img 久保田雅久(くぼた・まさひさ)
東海大学海洋研究所所長,海洋学部教授。理学博士。1981年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。同年東海大学海洋学部助手。1982年同大学同学部講師,1987年同大学同学部助教授を経て,1992年より現職。この間,1985〜1986年フロリダ州立大学客員研究員,1995年東京大学気候システム研究センター客員教授。おもな研究分野は,海洋物理学・海洋気象学。著書に『海洋の波と流れの科学』(1996年,共著,東海大学出版会)がある。趣味はカミキリムシを通して自然を理解すること。
http://mercury.oi.u-tokai.ac.jp/

taketa img 武多昭道(たけた・あきみち)
東京大学地震研究所助教。博士(理学)。2010年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程単位取得退学。東京大学宇宙線研究所で大学院時代を過ごし,東京大学地震研究所で研究を行っている。研究対象は天地がひっくり返るほど変わったが,不思議なものでやっていることはたいして変わっていない。おもな研究分野は,基礎物理学の地球科学・防災科学への応用。ものづくりが得意。趣味もものづくり。

hanagaki img 花垣和則(はながき・かずのり)
高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所教授,大阪大学大学院理学研究科特任教授。博士(理学)。1998年大阪大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。同年プリンストン大学博士研究員,2001年フェルミ国立加速器研究所Wilson Fellow,2005年フェルミ国立加速器研究所スタッフ研究員,2006年大阪大学理学研究科准教授を経て,2015年より現職。モットーは「人生-酒=ゼロ」。研究分野は素粒子物理学実験。著書に『ヒッグス粒子の見つけ方』(共著,丸善出版)がある。趣味は将棋観戦とスキー。家族は妻と子供2人。
http://osksn2.hep.sci.osaka-u.ac.jp/atlas/index.php?language=japanese

tanaka img 田中貴浩(たなか・たかひろ)
京都大学大学院理学研究科教授。博士(理学)。1995年京都大学大学院理学研究科物理学第二専攻博士後期課程修了。同年日本学術振興会特別研究員PD,大阪大学大学院理学研究科助手,2000年京都大学基礎物理学研究所助教授,2003年同大学理学研究科助教授,2007年同准教授,2008年同大学基礎物理学研究所教授を経て,2014年より現職。おもな研究分野は重力波,宇宙論。新学術領域「重力波天体の多様な観測による宇宙物理学の新展開」研究計画A05「重力波天体の多様な観測に向けた理論的研究」の研究代表者。趣味はギター弾き歌い。最近は控えているが,まわりからは迷惑がられている(とくに,音楽にうるさい妻)。
http://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/~tanaka/

樋口勝一(ひぐち・かついち)
追手門学院大学基盤教育機構教授。博士(工学)。2001年京都大学大学院工学研究科原子核工学専攻博士課程満期退学。2001年神戸海星女子学院大学専任講師・助教授・准教授・教授を経て,2013年4月より現職。取得資格30以上(介護福祉士,宅建,管理業務主任,MOUSワード・エクセル,初級シスアドなど多数)。おもな研究分野は素粒子論,大学生の基礎教育。おもな著書は『大学生のためのリメディアル力学入門』,『大学生のためのリメディアル電磁気学入門』,『大学生のための数学・理科基礎計算ドリル』(晃洋書房)など。趣味はテニス。
https://www.gyoseki.otemon.ac.jp/oguhp/KgApp?kyoinId=ymdggyyeggy

武田裕紀(たけだ・ひろき)
追手門学院大学基盤教育機構教授。博士(文学)。2000年大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了。英知大学講師・准教授を経て,現職。おもな研究分野はヨーロッパ17世紀の科学史・科学思想史。著書に『デカルトの運動論―数学・自然学・形而上学』(昭和堂,2009年),訳書に『デカルト全書簡集』第二,三巻,(知泉書館,2014,2015年)がある。趣味はバロック音楽。



(掲載順)


index 2016index 2月号目次 2月号目次