index 2015index 6月号目次 6月号目次
執筆者・翻訳者紹介

masukawa img 益川敏英(ますかわ・としひで)
京都産業大学教授・益川塾塾頭。理学博士。1967年名古屋大学大学院理学研究科博士課程修了。同年同大学理学部助手,1970年京都大学理学部助手,1976年東京大学原子核研究所助教授,1980年京都大学基礎物理学研究所教授,1990年同大学理学部教授,1997年同大学基礎物理学研究所教授・所長,2003年京都大学名誉教授,京都産業大学理学部教授,2007年名古屋大学特別招聘教授を経て,2009年より現職。名古屋大学特別教授,京都産業大学理事を兼任。2010年より名古屋大学素粒子宇宙起源研究機構長および日本学士院会員。おもな研究分野は素粒子論。1979年第25回仁科記念賞,1985年日本学士院賞,1995年朝日賞,2007年欧州物理学会高エネルギー・素粒子物理学賞,2008年ノーベル物理学賞,文化勲章ほか受賞多数。
http://www.kyoto-su.ac.jp/project/mt/

hashimoto img 橋本幸士(はしもと・こうじ)
大阪大学大学院理学研究科教授。理学博士。2000年京都大学大学院理学研究科修了。同年京都大学基礎物理学研究所研究員,カリフォルニア大学サンタバーバラ校理論物理学研究所研究員,2001年東京大学大学院総合文化研究科助手等を経て,2012年より現職。おもな研究分野は超弦理論,理論物理学。著書に『超ひも理論をパパに習ってみた 天才物理学者・浪速阪教授の70分講義』(講談社),『Dブレーン・超弦理論の高次元物体が描く世界像』(東京大学出版会)がある。
http://kabuto.phys.sci.osaka-u.ac.jp/~koji/youkoso.html

萩原 薫(はぎわら・かおる)

 
 
 

tanimoto img 谷本盛光(たにもと・もりみつ)
新潟大学名誉教授,自然科学系フェロー。理学博士。1976年広島大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。1995年愛媛大学教授,2000年新潟大学理学部物理学科粒子科学講座教授,2009年同大学理学部長,2012年自然科学系長を歴任。おもな研究分野はニュートリノ物理,CP対称性の破れ。著書に“An Introduction to Non-Abelian Discrete Symmetries for Particle Physicists”(Springer)がある。
http://muse.sc.niigata-u.ac.jp/

aoki img 青木慎也(あおき・しんや)
京都大学基礎物理学研究所教授。理学博士。1987年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年日本学術振興会特別研究員(東京大学理学部),ブルックヘブン国立研究所博士研究員,1989年ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校博士研究員,1991年筑波大学物理学系助手,1993年同講師,1994年同助教授,2001年筑波大学大学院数理物質科学研究科教授を経て,2013年より現職。この間,1997〜1998年マックス・プランク研究所ミュンヘンで文部省在外研究員,2004〜2009年米国理研BNL研究センター・フェロー兼務。知識,情報を与えるのではなく,自分で考えることができるようになる論理やその快感・楽しさを伝えたい。おもな研究分野は素粒子理論,格子ゲージ理論など。おもな著書は『格子上の場の理論 シュプリンガー現代理論物理学シリーズ3』(丸善出版),『格子上のカイラルフェルミオン 現代物理最前線7』(共著,共立出版)。趣味は山歩き,サッカー観戦,フットサル。家族は,妻,息子1人,娘1人,猫2匹(クウ,ペキ)。

hosaka img 保坂 淳(ほさか・あつし)
大阪大学核物理研究センター教授。理学博士。1987年東京都立大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。1987年レーゲンスブルグ大学研究員(フンボルト奨学生),1989年ペンシルバニア大学研究員,1991年TRIUMF研究所研究員,1993年沼津工業高等専門学校講師,助教授,教授を経て,2001年から現職。おもな研究分野はハドロン原子核物理学。おもな著書は“Quarks, Baryons and Chiral Symmetry”(共著,World Scientific)。趣味は散歩,京都散策,海外での市場散策。
http://www.rcnp.osaka-u.ac.jp/Divisions/np2/index.html

yoneya img 米谷民明(よねや・たみあき)
東京大学名誉教授,放送大学客員教授。理学博士。1974年北海道大学大学院博士課程修了。北海道大学理学部助手,1980年東京大学教養学部助教授,1991年東京大学大学院総合文化研究科教授,2010年東京大学名誉教授,放送大学教養学部教授などを経て,2015年より現職。その間,1976〜1978年ニューヨーク市立大学,1983〜1984年欧州共同原子核研究機構(CERN),1993年サンタバーバラ(現名称KAVLI)理論物理学研究所などで長期在外研究。おもな研究分野は,超弦理論,量子重力理論,素粒子理論。おもな著書として『力学』(培風館),『量子論入門講義』(培風館),『アインシュタインは何を考えたか』(岩波書店),『現代物理科学の論理と方法』(放送大学教育振興会),『場と時間空間の物理』(放送大学教育振興会)などがある。家族は妻。
http://hep1.c.u-tokyo.ac.jp/~tam/jp.html

hatsuda img 初田哲男(はつだ・てつお)
理化学研究所仁科加速器研究センター主任研究員。博士(理学)。1986年京都大学大学院理学研究科物理学第二専攻博士課程修了。同年高エネルギー物理学研究所物理系理論部客員研究員,1988年ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校博士研究員,1990年欧州共同原子核研究機構(CERN)理論部リサーチアソシエイトフェロー,ワシントン州立大学原子核理論研究所(INT)リサーチアシスタントプロフェッサー,1992年同大学物理学科アシスタントプロフェッサー,1993年筑波大学物理学系助教授,1998年京都大学大学院理学研究科助教授,2000年東京大学大学院理学系研究科教授を経て,2012年より現職。2013年同研究所理論科学連携研究推進グループディレクター。おもな研究分野はハドロン物理。アピールポイントは好奇心。おもな著書は“Quark-Gluon Plasma”(共著,Cambridge Univ. Press)。趣味は健康管理。
http://ribf.riken.jp/QHP/index.html

motobayashi img 本林 透(もとばやし・とおる)
理化学研究所仁科加速器研究センター特別顧問。理学博士。1977年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。1978年大阪大学理学部助手,1984年立教大学理学部講師,1986年同助教授,1994年同教授,2002年理化学研究所主任研究員などを経て,2015年より現職。おもな研究分野は原子核物理学(実験),天体核物理(実験)。高速の不安定核ビームによる原子核物理,天体核物理の実験的研究で世界をリードしてきた。趣味は音楽(雑食,たまにリコーダーを演奏),家族は妻,息子2人。
http://www.riken.jp/r-world/research/lab/nishina/heavyion/index.html

otsuka img 大塚孝治(おおつか・たかはる)
東京大学大学院理学系研究科物理学専攻教授。理学博士。1979年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年日本原子力研究所物理部研究員,1987年東京大学理学部物理学教室助教授,1997年より現職。この間,1983〜1985年ロスアラモス国立研究所理論部研究員併任,1993〜2002年理化学研究所客員主管研究員,2008〜2010年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻長・物理学科長を兼任。また2005年より東京大学大学院理学系研究科原子核科学研究センター長,ミシガン州立大学国立超伝導サイクロトロン研究所Adjunct教授。2011年より日本学術会議連携会員(第3部),2015年よりベルギー・ルーバン大学客員教授を兼任。おもな研究分野は原子核物理学理論。物理をできるだけ簡単に考えることを心がけている。おもな著書は『物理学最前線 第20巻』(共著,共立出版),『大学院原子核物理』(共著,講談社)。家族は妻と2人暮らし。

abe img 阿部 喬(あべ・たかし)
東京大学大学院理学系研究科物理学専攻助教。博士(理学)。2007年東京工業大学大学院理工学研究科基礎物理学専攻博士課程修了。同年東京工業大学理学部補佐員,東京大学大学院理学系研究科附属原子核科学研究センター特任研究員,2009年東京大学大学院理学系研究科特任研究員,2011年東京大学大学院理学系研究科附属原子核科学研究センター特任助教,2012年東京大学大学院理学系研究科特任助教を経て,2013年より現職。おもな研究分野は原子核理論。
http://tkynt2.phys.s.u-tokyo.ac.jp/~tabe

tamura img 田村裕和(たむら・ひろかず)
東北大学大学院理学研究科教授。理学博士。1988年東京大学理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年日本学術振興会特別研究員(PD),東京大学理学部助手,1996年東北大学大学院理学研究科助教授を経て,2004年より現職。おもな研究分野は実験核物理,とくにストレンジネス核物理が専門。ハイパー核ガンマ線分光学を開拓し,2009年仁科記念賞を受賞。最近は,中性子星内部にストレンジネスが存在する可能性に興味をもち,科研費新学術領域「中性子星核物質」の代表を務めている。趣味は美術鑑賞(とくに現代アート)。家族は妻と1男2女。
http://lambda.phys.tohoku.ac.jp/strangeness/

ito img 伊藤早苗(いとう・さなえ)
九州大学主幹教授。理学博士。1979年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年広島大学助手,1983年同講師,1985年同助教授,1989年文部省核融合科学研究所助教授,1992年九州大学応用力学研究所教授を経て,2009年より現職。2014年より極限プラズマ研究連携センター長,日本学術会議連携会員を兼任。この間,2005〜2014年日本学術会議会員。1993年仁科記念賞,1996年日本IBM科学賞,1997年Humboldt Research Awardなどを受賞。原子力委員会専門委員(〜2009年)。Plasma Physics and Controlled Fusion誌副編集委員長。国際的な研究人材育成および活性化を目的に,ヨーロッパ物理学会のプラズマ物理学分野のPhDの優秀論文発表者に対し「Itoh Project Prize」を2005年に設立した。2014年には第10回を迎えた。おもな研究分野は,プラズマ物理学。おもな著書に“Transport and Structural Formation in Plasmas”(共著,IOP, Bristol, England)。趣味はウォーキング。家族は夫。
http://www.riam.kyushu-u.ac.jp/sanny/index-j.html

kodama img 兒玉了祐(こだま・りょうすけ)
大阪大学大学院工学研究科教授,同大学光科学センター長。工学博士。1990年大阪大学大学院工学研究科電気工学専攻博士後期課程修了。1988年日本学術振興会特別研究員DC/PD研究員/海外特別研究員,1990年オックスフォード大学クラレンドン研究所客員研究員,1993年大阪大学レーザー核融合研究センター助手,2000年同研究所助教授を経て,2005年より現職。2009年より同大学光科学センター・センター長,2013年より同大学未来戦略機構光量子科学研究部門長を兼任。おもな研究分野はプラズマ科学,光科学,高エネルギー密度科学。アピールポイントは直観力と体力を伴わない行動力。趣味は写真,ただし家族からは無趣味人間といわれている。
http://www.eie.eng.osaka-u.ac.jp/ef/
http://www.ppc.osaka-u.ac.jp/index.html

ishihara img 石原 卓(いしはら・たかし)
名古屋大学大学院工学研究科附属計算科学連携教育研究センター准教授。博士(工学)。1994年名古屋大学大学院工学研究科応用物理学専攻博士後期課程修了。同年富山大学理学部数学科助手,1997年名古屋大学大学院工学研究科助手,2002年同講師,2006年同助教授,2007年同准教授を経て,2008年より現職。2002年ゴードンベル賞受賞。おもな研究分野は流体力学,計算科学。乱流の世界最大規模数値シミュレーション。おもな著書は『乱流の計算科学』(共著,共立出版)。趣味はアウトドア,ドライブ,温泉巡り。家族は妻と1男1女。
http://www.fluid.cse.nagoya-u.ac.jp/ishihara/

kamada img 鎌田 裕(かまだ・ゆたか)
日本原子力研究開発機構核融合研究開発部門那珂核融合研究所先進プラズマ研究部長。JT-60SA計画日本側プロジェクトマネージャー。工学博士。1988年東京大学大学院工学系研究科原子力工学専攻博士課程修了。同年日本原子力研究所入所,臨界プラズマ試験装置JT-60で炉心プラズマ研究を開始。2004年同炉心プラズマ実験計測開発室長,2007年日本原子力研究開発機構定常高ベータ化計画調整グループリーダー,2012年同先進プラズマ研究開発ユニット長を経て,2014年より現職。この間,2001〜2008年国際トカマク物理活動(ITPA)周辺ペデスタル物理グループ議長,2010〜2013年までITPA調整委員会議長。2012年よりITER科学技術諮問委員会日本委員,2014年より同委員会副議長。2014年第25回IAEA核融合エネルギー会議プログラム委員長。大事な言葉はフォア・ザ・チーム。おもな研究分野は核融合炉心プラズマ研究開発(とくに,炉心プラズマの高圧力化と定常維持)。趣味はサボテン栽培(48年目),水彩画(これで結婚),料理(和洋中),サッカー(最近ご無沙汰),大工仕事(最近熱中)。家族は妻と2人の息子。
http://www-jt60.naka.jaea.go.jp

taniguchi img 谷口正輝(たにぐち・まさてる)
大阪大学産業科学研究所教授。博士(工学)。2001年京都大学大学院工学研究科分子工学専攻博士後期課程修了。同年日本学術振興会特別研究員(大阪大学)。2002年大阪大学産業科学研究所助手,2007年同助教,2008年同准教授を経て,2011年より現職。2007〜2011年,科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業さきがけ「構造制御と機能」領域研究員兼務。おもな研究分野は1分子科学。趣味はランニングと水泳。家族構成は妻と息子2人。
http://www.bionano.sanken.osaka-u.ac.jp/

tanaka_ta img 田中拓男(たなか・たくお)
独立行政法人理化学研究所田中メタマテリアル研究室准主任研究員。博士(工学)。1996年大阪大学大学院工学研究科応用物理学専攻博士課程修了。同年大阪大学基礎工学部電気工学科助手,2003年理化学研究所研究員,2008年理化学研究所准主任研究員,2003〜2005年大阪大学大学院工学研究科特任助教授,2006〜2010年科学技術振興機構さきがけ研究員,2010年より北海道大学電子科学研究所客員教授を併任。また2011年より埼玉大学大学院理工学研究科連携教授,2014年より東京工業大学総合理工学研究科連携教授併任。おもな研究分野はメタマテリアル,ナノフォトニクス,プラズモニクス,光応用計測。おもな著書は『メタマテリアル』(日刊工業新聞社)。最近の趣味はジム通い。家族は妻,娘2人。
http://metamaterials.riken.jp/tanaka/

sugai img 菅井俊樹(すがい・としき)
東邦大学理学部准教授。博士(理学)。1994年東京大学大学院理学系研究科化学専攻博士課程修了。同年名古屋大学理学部化学科助手,1999年名古屋大学物質科学国際研究センター助手,2000〜2001年米国ノースウエスタン大学客員研究員を経て,2008年より現職。おもな研究分野は,物理化学,ナノ科学,測定機器開発。おもな著書は“Spectroscopy, Dynamics and Molecular Theory of Carbon Plasmas and Vapors”(分担執筆,World Scientific),『現代質量分析学:基礎原理から応用研究まで』(分担執筆,化学同人)。趣味はスポーツ。家族は妻と長女,長男,次女の5人家族。

miyamoto img 宮本成悟(みやもと・せいご)
東京大学地震研究所高エネルギー素粒子地球物理学研究センター助教。博士(理学)。2009年名古屋大学大学院理学研究科素粒子宇宙物理学専攻博士課程修了。同年同研究科特任研究員,2010年東京大学地震研究所高エネルギー素粒子地球物理学研究センター特任研究員を経て,2013年より現職。おもな研究分野は宇宙線を用いた火山内部構造観測。趣味は将棋,水泳,DTM。
http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/CHEER/

jido img 慈道大介(じどう・だいすけ)
首都大学東京大学院理工学研究科物理学専攻准教授。博士(理学)。1999年東京工業大学大学院理工学研究科物理学専攻博士課程修了。同年京都大学大学院理学研究科日本学術振興会特別研究員,2000年バレンシア大学粒子物理研究所(IFIC)スペイン教育省外国人研究員,2002年大阪大学核物理研究センター助手,2003年欧州理論核物理および関連分野研究センター(ECT*)研究員,2004年ミュンヘン工科大学フンボルト財団研究員,2005年京都大学基礎物理学研究所助教を経て,2013年より現職。おもな研究分野は原子核・ハドロン物理学,ハドロンの構造と動力学。

okoshi img 大越慎一(おおこし・しんいち)
東京大学大学院理学系研究科化学専攻教授。博士(理学)。1995年東北大学大学院理学研究科化学専攻博士課程修了。同年財団法人神奈川科学技術アカデミー研究員,1997年東京大学先端科学技術研究センター助手,2000年同講師,2003年同助教授,2004年同大学大学院工学系研究科応用化学専攻助教授を経て,2006年より現職。2013年より東京大学大学院理学系研究科スペクトル化学研究センター長を兼任。ボルドー大学,パリ大学,ダーラム大学,パラツキー大学などの海外大学の客員教授を歴任。2008年日本学術振興会賞,2008年日本学士院学術奨励賞,2014年第46回市村学術賞,2015年第31回井上学術賞を受賞。おもな研究分野は物理化学・磁気化学・固体物性。“Magneto-Optics”(共著,Springer),“Magnetism: Molecules to Materials V”(共著,Wiley-VCH),『金属錯体の光化学』(共著,三井出版),『金属錯体の現代物性化学』(共著,三井出版)。趣味は読書と散歩。
http://www.chem.s.u-tokyo.ac.jp/users/ssphys/

tanaka_taka img 田中貴浩(たなか・たかひろ)
京都大学大学院理学研究科教授。博士(理学)。1995年京都大学大学院理学研究科物理学第二専攻博士後期課程修了。同年日本学術振興会特別研究員PD,大阪大学大学院理学研究科助手,2000年京都大学基礎物理学研究所助教授,2003年同大学理学研究科助教授,2007年同准教授,2008年同大学基礎物理学研究所教授を経て,2015年より現職。おもな研究分野は重力波,宇宙論。新学術領域「重力波天体の多様な観測による宇宙物理学の新展開」研究計画A05「重力波天体の多様な観測に向けた理論的研究」の研究代表者。趣味はギター弾き歌い。最近は控えているが,まわりからは迷惑がられている(とくに,音楽にうるさい妻)。
http://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/~tanaka/

ie img 家 泰弘(いえ・やすひろ)
東京大学物性研究所教授。理学博士。1979年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年東京大学物性研究所助手,1982年ベル研究所研究員,1984年IBM T. J. ワトソン研究所研究員,1985年東京大学物性研究所助教授,1994年同教授。2008〜2012年度同所長。2012年度日本物理学会会長,2013年4月〜14年9月,日本学術会議副会長。おもな研究分野は,低温物性実験。著書に『物性物理』(産業図書),『量子輸送現象』(岩波書店),『超伝導』(朝倉書店),訳書に『自然のしくみ百科』(丸善)などがある。趣味は,マラソン,テニス,サイクリング,クラシックギター,乱読,囲碁,将棋。
http://iye.issp.u-tokyo.ac.jp/iye/iye.html

iso img 磯 暁(いそ・さとし)
高エネルギー加速器研究機構教授。理学博士。1991年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。同年日本学術振興会特別研究員,1992年東京大学理学部助手,1996年高エネルギー物理学研究所助教授を経て,2010年より現職。研究分野は,素粒子物理学。物性物理学のアイデアを使って,素粒子物理学の難問解決の糸口を掴みたいと考えている。趣味は自然と遊ぶこと。最近は武術太極拳に興味があり,ストレス発散に剣を振り回している。家族は,妻と子供2人,インコ1羽。



(掲載順)


index 2015index 6月号目次 6月号目次