index 2014index 12月号目次 12月号目次
執筆者・翻訳者紹介

watanebe img 渡部潤一(わたなべ・じゅんいち)
自然科学研究機構国立天文台副台長・教授。理学博士。1987年東京大学大学院理学系研究科天文学専門課程博士課程中退。同年同大学東京天文台助手,1988年国立天文台・光学赤外線天文学研究系助手,1994年〜2003年の間,同天文台広報普及室長を兼務,1998年同天文台天文情報公開センター助教授,2005年同センター広報室長,2006年同センター長および広報室長兼務,准教授,2010年同センター広報室長,教授を経て,2012年より現職。おもな研究分野は太陽系天文学。惑星科学。とくに彗星,流星,小惑星などの太陽系小天体の観測的研究。おもな著書は『新しい太陽系』(新潮社),『ガリレオがひらいた宇宙のとびら』(旬報社),『星空からはじまる天文学入門』(化学同人),『天体写真でひもとく 宇宙のふしぎ』(ソフトバンククリエィティブ),『天文・宇宙の科学』(大日本図書),『面白いほど宇宙がわかる15の言の葉』(小学館),『巨大彗星−アイソン彗星がやってくる』(誠文堂新光社)など多数。TV,ラジオなどのメディア出演多数。家族は妻,1男1女。
http://pholus.mtk.nao.ac.jp/mbss/

iida img 飯田一博(いいだ・かずひろ)
千葉工業大学教授。博士(工学)。1993年神戸大学大学院自然科学研究科環境科学専攻博士課程修了。1986年神戸大学大学院工学研究科環境計画学専攻修士課程修了。同年松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)勤務,1993年神戸大学大学院自然科学研究科環境科学専攻博士課程修了を経て,2007年より現職。1992年日本音響学会・粟屋清学術奨励賞,2001年日本音響学会・技術開発賞,2004年電気科学振興財団・技術奨励賞,2004年同・審査員特別賞を受賞。2005〜2008年日本音響学会理事。おもな研究分野は空間音響,聴覚の空間知覚メカニズム,バイノーラルヒアリング,頭部伝達関数(HRTF),室内音響,電気音響,心理音響,音場評価など。とくに最近は,方向知覚の手がかり,HRTFの個人最適化,距離知覚,3次元聴覚ディスプレイの開発などの研究に従事。おもな著書は『音響工学基礎論』(コロナ社),『空間音響学』(共編著,コロナ社)。趣味は耳型採取,フットサル。
http://www.iida-lab.it-chiba.ac.jp

ando img 安藤雅孝(あんどう・まさたか)
静岡大学防災総合センター客員教授。理学博士。1974年東京大学大学院理学系研究科地球物理学専攻博士課程修了。同年京都大学防災研究所助手,1975〜1977年米国地質調査所研究員,1990年京都大学防災研究所助教授,1991年同教授,2000年名古屋大学理学部地震火山研究センター教授,2007年台湾中央研究院地球科学研究所講座教授を経て,2013年より現職。おもな研究分野は地震学,海底地殻変動観測,津波研究など。本記事で紹介されたノーベル賞受賞者李遠哲先生とは,台湾中央研究院の食堂で相席となったことがある。

hasegawa img 長谷川太郎(はせがわ・たろう)
慶應義塾大学理工学部専任講師。博士(理学)。1994年慶應義塾大学大学院理工学研究科物理学専攻修士課程修了。2005年より現職。おもな研究分野は量子エレクトロニクス,レーザー分光。おもな著書は『光学実験の基礎と改良のヒント』(共著,講談社)。趣味は甘いものを食べること,自転車,バイオリン。家族構成は,ハーピストの妻,5歳の娘,1歳の息子。

kawakami img 川上養一(かわかみ・よういち)
京都大学大学院工学研究科教授。工学博士。1989年大阪大学大学院工学研究科電気工学専攻博士課程修了。同年京都大学工学部電気工学科助手,1991〜1992年ヘリオットワット大学物理学教室研究員,1997年京都大学大学院工学研究科電子物性工学専攻助教授を経て,2007年より現職。おもな研究分野は窒化物半導体からの多波長発光デバイスの開発,超短パルスレーザーを用いたワイドギャップ半導体の光物性。半導体光材料の研究には栄枯盛衰があるが,そのドラマを後世に伝えていくことも大切と,最近感じるようになってきた。趣味はジムで1 kmのスイミング。天文少年の趣味が再燃して,30 cmのドブソニアン望遠鏡を購入したが,多忙のためみる時間がほとんどない。家族は,妻と娘1人の3人。
http://www.optomater.kuee.kyoto-u.ac.jp

okada img 岡田康志(おかだ・やすし)
理化学研究所生命システム研究センター細胞極性統御研究チーム・チームリーダー。医師・医学博士。1995年東京大学大学院医学系研究科第一基礎医学専攻博士課程中途退学。1993年医籍登録,1994年日本学術振興会特別研究員DC1,1995年東京大学医学部解剖学・細胞生物学教室助手を経て,2011年より現職。また同年より大阪大学大学院生命機能研究科招聘教授を兼務。おもな研究分野は細胞生物学・生物物理学・ライブセルイメージング。おもな著書は『〈1分子〉生物学』(共編著,岩波書店)。
http://www.qbic.riken.jp/japanese/research/outline/lab-07.html

fujisawa img 藤澤茂義(ふじさわ・しげよし)
理化学研究所脳科学総合研究センター・チームリーダー。博士(薬学)。2005年東京大学大学院薬学系研究科生命薬学専攻博士課程修了。同年ラトガース大学分子行動神経科学センター研究員,2012年ニューヨーク大学医学部神経科学センター研究員を経て,現職。おもな研究分野は神経生理学。
http://fujisawalab.brain.riken.jp/

totani img 戸谷友則(とたに・とものり)
東京大学大学院理学系研究科教授。博士(理学)。1998年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。1999〜2003年国立天文台助手,2001〜2003年日本学術振興会海外特別研究員,2003〜2013年京都大学大学院理学研究科准教授を経て,2013年より現職。おもな研究分野は宇宙論・銀河形成進化・超新星やガンマ線バーストなどの高エネルギー天体現象。趣味は史跡めぐり,晩酌。家族は妻と娘1人。
http://tac.astron.s.u-tokyo.ac.jp/~totani

ujiie img 氏家恒太郎(うじいえ・こうたろう)
筑波大学生命環境系地球進化科学専攻准教授。博士(理学)。1998年九州大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。おもな研究分野は地質学。
http://www.geol.tsukuba.ac.jp/~kohtaro/index.html

shimada img 島田貴仁(しまだ・たかひと)
科学警察研究所犯罪行動科学部犯罪予防研究室長。1996年大阪大学大学院人間科学研究科行動学専攻博士前期課程修了。1997年科学警察研究所研究員,2004〜2005年カーネギーメロン大学公共政策経営研究科犯罪政策専攻留学,2007年同主任研究官を経て,2011年より現職。おもな研究分野は犯罪心理学,環境心理学,社会心理学,行動計量学。おもな著書は『犯罪と市民の心理学―犯罪リスクに市民はどうかかわるか』(編著,北大路書房),『コミュニティの社会心理学』(分担執筆,ナカニシヤ出版),『環境犯罪学と犯罪分析』(監訳,社会安全研究財団)。趣味はまち歩きと古民家カフェめぐり,男着物も少々。
http://researchmap.jp/takajin/

hosoya img 細谷暁夫(ほそや・あきお)
東京工業大学名誉教授。理学博士。1971年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修士課程修了。1968年大阪大学理学部物理学科助手,1986年同助教授,1988年広島大学理論物理学研究所教授,1990年東京工業大学大学院理工学研究科教授。おもな研究分野は宇宙論,量子力学。おもな著書は『量子コンピューターの基礎』(サイエンス社)。趣味は詩をつくり,絵を描くこと。1男2女の父。猫好き。
http://akiobongo.wordpress.com/

石井弘明(いしい・ひろあき)
神戸大学大学院農学研究科准教授。Ph.D. 2000年University of Washington, College of Forest Resources修了。2012年カリフォルニア州立大学客員研究員。おもな研究分野は森林生態学・樹木生理学。おもな著書は『森林生態学』(共著,共立出版)。樹高世界一の木々に登って研究。少林寺拳法三段。
http://www2.kobe-u.ac.jp/~hishii



(掲載順)


index 2014index 12月号目次 12月号目次