index 2013index 7月号目次 7月号目次
執筆者・翻訳者紹介

yasuda img 安田賢二(やすだ・けんじ)
東京医科歯科大学生体材料工学研究所教授,神奈川科学技術アカデミー「オンチップ・セロミクスプロジェクト」リーダー。博士(理学)。1992年早稲田大学大学院理工学研究科修了。同年日立製作所基礎研究所研究員,1999年東京大学大学院総合文化研究科助教授,2006年より現職。2005年よりスタンフォード大学ゲノムテクノロジーセンター客員教授。おもな研究分野は,生物物理学。アピールポイント(特技?)は,何にでも興味をもつこと。処理能力がないのに安請け合いをしていつも仕事がパンクすること。学生たちに無茶な研究を「できる気」になってもらうこと。著書に“Lab on chips for cellomics”(Kluwer Academic Publishers,2004)がある。趣味は,テニス,スカッシュ,スキー,囲碁,楽器演奏など。

takada img 高田彰二(たかだ・しょうじ)
京都大学大学院理学研究科生物科学専攻教授。理学博士。1990年京都大学大学院理学研究科化学専攻修士課程修了。1998年神戸大学理学部化学科講師,2001年同助教授,2007年京都大学大学院理学研究科生物科学専攻准教授を経て,2013年より現職。おもな研究分野は理論生物物理学。
http://theory.biophys.kyoto-u.ac.jp/

mochizuki img 望月敦史(もちづき・あつし)
理化学研究所主任研究員。理学博士。1998年九州大学大学院理学研究科博士課程中退。同年九州大学理学部助手,2002年基礎生物学研究所助教授,2007年同准教授を経て,2008年より現職。2009年より東京工業大学大学院総合理工学研究科連携教授を兼務。また2007〜2010年の間,JSTさきがけ研究員。おもな研究分野は数理生物学。大学院時代より一貫して,分子・細胞レベルの生命現象や発生生物学を対象とした数理的研究を展開している。おもな著書は『生命科学の新しい潮流 理論生物学』(編集・分担執筆,共立出版)。趣味は遺跡巡り。
http://www.riken.jp/theobio/

nakasako img 中迫雅由(なかさこ・まさよし)
慶應義塾大学理工学部物理学科教授。理学博士。1990年東北大学大学院理学研究科物理学第二専攻博士後期課程単位取得退学。同年東京大学薬学部助手,1994年理化学研究所研究員,1997年東京大学分子細胞生物学研究所講師,1996〜1999年JSTさきがけ兼務研究員,2002年慶應義塾大学理工学部物理学科助教授を経て,2005年より現職。2007年より理化学研究所播磨研究所客員主管研究員を兼務。おもな研究分野はタンパク質の低温X線結晶解析,分子動力学計算,データベース解析,時間分解蛍光測定によるタンパク質水和ダイナミクスの研究。光受容タンパク質のX線構造解析。第3および第4世代放射光を用いた生体分子・粒子に対するX線回折実験技術および構造解析方法の開発。趣味は旧仮面ライダーカード収集。家族は恐い奥さんとK-POP好きな娘。
http://www.phys.keio.ac.jp/guidance/labs/nakasako/nakasako-lab.html

yamamoto img 山本雅貴(やまもと・まさき)
理化学研究所放射光科学総合研究センタービームライン基盤研究部長。理学博士。1991年大阪大学大学院理学研究科高分子専攻博士後期課程修了。同年理化学研究所研究員,2004年同研究所播磨研究所研究技術開発室室長を経て,2008年より現職。2005年より兵庫県立大学大学院生命理学研究科客員教授を兼務。アピールポイントは品行方正。おもな研究分野は第3および第4世代放射光を用いたタンパク質結晶構造解析と生体分子・粒子に対するX線回折実験技術および構造解析方法の開発。趣味は近隣散歩,鉄道。家族は妻と息子。
http://www.riken.go.jp/r-world/research/lab/harima/develop/index.html

takagi img 高木淳一(たかぎ・じゅんいち)
大阪大学蛋白質研究所教授。理学博士。1990年東京工業大学大学院理工学研究科化学専攻博士課程修了。1989年日本学術振興会特別研究員(DC),1990年東京工業大学理学部助手,1998年文部省長期在外研究員(乙),2000年ハーバード大学医学部病理学科講師,2002年ハーバード大学医学部小児科助教授を経て,2003年より現職。アピールポイントは,国内外のセミナーや講演後に,「構造生物学のことが初めて理解できた,おもしろいと思った!」と10回以上言われたことがあるのが誇り。おもな研究分野は構造生物学。おもな著書は『ポストゲノム時代のタンパク質科学――構造・機能・ゲノミクス――』(化学同人)。家族は妻と子猫と老犬1匹。
http://www.protein.osaka-u.ac.jp/rcsfp/synthesis/

okada img 岡田康志(おかだ・やすし)
理化学研究所生命システム研究センター細胞極性統御研究チーム・チームリーダー。医師・医学博士。1995年東京大学大学院医学系研究科第一基礎医学専攻博士課程中途退学。1993年医籍登録,1994年日本学術振興会特別研究員DC1,1995年東京大学医学部解剖学・細胞生物学教室助手を経て,2011年より現職。また同年より大阪大学大学院生命機能研究科招聘教授を兼務。おもな研究分野は細胞生物学・生物物理学・ライブセルイメージング。おもな著書は『〈1分子〉生物学』(共編著,岩波書店)。
http://www.qbic.riken.jp/japanese/research/outline/lab-07.html

tachikawa img 立川真樹(たちかわ・まき)
明治大学理工学部物理学科教授。理学博士。1987年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程中退。同年より1997年まで同大学理学部物理学科助手,その間1994〜1997年米国標準技術研究所(NIST)客員研究員。1997年明治大学理工学部物理学科助教授,2003年より現職。アピールポイントは雑務に対する耐性。おもな研究分野は量子エレクトロニクス,レーザー分光学。おもな著書は『極限光技術』(分担執筆,オプトロニクス社)。趣味はテニス,自転車散歩。家族は妻1人,娘1人。
http://www.isc.meiji.ac.jp/~tachikaw/index.htm

masuda img 増田康博(ますだ・やすひろ)
高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所准教授。理学博士。1978年大阪大学大学院理学研究科物理学専攻単位取得退学。1979年大阪大学大学院理学研究科教務員,1981年高エネルギー物理学研究所ブースタ利用施設助手,1996年高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所助教授を経て,2000年より現職。アピールポイントは,難しい実験でも物理的意義があり,可能性があればものになるまでやりとげること。超冷中性子とEDM研究はその典型。おもな研究分野は素粒子原子核物理,とくに対称性の破れに関する実験研究。趣味はスキーと水泳。
http://fnp.kek.jp/

yashima img 八島栄次(やしま・えいじ)
名古屋大学大学院工学研究科教授。工学博士。1986年大阪大学大学院基礎工学研究科化学系専攻博士後期課程中退,同年鹿児島大学工学部助手,1991年名古屋大学工学部助手,1995年同助教授を経て,1998年より現職。2002〜2007年JST,ERATO「八島超構造らせん高分子」研究総括。おもな研究分野は,らせん分子・超分子・高分子の創製と機能開発。
http://helix.mol.nagoya-u.ac.jp/

kou img 洪 鋒雷(こう・ほうらい)
産業技術総合研究所計測標準研究部門研究科長。博士(理学)。1992年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年理化学研究所基礎科学特別研究員,1994年通商産業省工業技術院計量研究所,2001年改組により産業技術総合研究所主任研究員,2007年同所研究室長,2011年より現職。この間,1997年米国JILA研究所客員研究員,2010年国立情報研究所客員教授。おもな研究分野は量子エレクトロニクス,レーザー周波数の計測制御技術。2008年文部科学大臣表彰科学技術賞,2012年市村学術賞貢献賞受賞。米国光学会上級メンバー。著書に『光測定器ガイド』(共著,オプトロニクス社),『ヨウ素化合物の機能と応用』(共著,シーエムシー出版),『ロングマン物理学辞典』(共訳,朝倉書店)がある。趣味はマラソン,歴史小説。家族は,妻と息子1人。
http://www.nmij.jp/~time-freq/wavelgt-std/profile.html

ichikawa img 市川 洋(いちかわ・ひろし)
独立行政法人海洋研究開発機構地球環境変動領域上席研究員。理学博士。1978年京都大学大学院理学研究科地球物理学専攻博士課程修了。1979年鹿児島大学水産学部助手,1984年同講師,1992年同助教授,1998年同教授,2005年独立行政法人海洋研究開発機構地球観測研究センター主任研究員を経て,2009年より現職。そのほかに,ブログ「海洋学研究者の日常」(2007年開始)ほかで科学コミュニケーションにかかわる活動を続けている。おもな研究分野は,黒潮・黒潮続流域の海洋変動と大気海洋相互作用に関する観測研究。おもな著書は『かごしま文庫第71巻「黒潮」』(共著,春苑堂出版),『海はめぐる―人と生命を支える海の科学―』(共著,地人書館)。趣味は茶道。2人の子は独立し,妻と2人暮らし。
http://www.k4.dion.ne.jp/~hiroichi/
http://www.jamstec.go.jp/iorgc/ocorp/ktsfg/

yoshito img 吉戸智明(よしと・ともあき)
筑波大学計算科学研究センター主任研究員。2004年名古屋大学大学院理学研究科素粒子宇宙物理学専攻博士前期課程修了。1992年に名古屋工業大学工学部応用化学科を卒業後,化学薬品会社に就職。退職後,神戸大学理学部で素粒子理論,名古屋大学大学院で赤外線天文学の観測的研究を行った。名古屋大学在学中に科学ライターとして活動を始め,大学院修了後に科学系出版社へ。早稲田大学で科学技術ジャーナリズム教育に携わり,2010年から広報担当として筑波大学に着任した。アピールポイントは筑波大学計算科学研究センター広報室を立ち上げ,文部科学省HPCI戦略プログラム分野5の広報マネージャーを務める,パブリックリレーションズの戦略策定および実践を行っていること。おもな研究分野は科学広報。おもな著書は『大学はなぜ必要か』(共著,NTT出版)。趣味はコンピューターゲーム,楽器演奏・クラシック鑑賞,自転車,甘味,サッカー観戦。

高原文郎(たかはら・ふみお)
大阪大学名誉教授。理学博士。1978年京都大学大学院理学研究科物理学第二専攻博士課程修了。1981年東京大学東京天文台助手,1988年東京都立大学理学部助教授を経て,1997年より2013年3月まで大阪大学大学院理学研究科宇宙地球科学専攻教授。おもな研究分野は高エネルギー宇宙物理学。おもな著書は『宇宙物理学』(朝倉書店),『天体高エネルギー現象』(岩波書店),『特殊相対論』(培風館)。

enyo img 延與秀人(えんよ・ひでと)
理化学研究所仁科加速器研究センター長。理学博士。1984年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程退学。同年日本学術振興会特別研究員,1985年同海外特別研究員,1987年CERN研究員,1989年京都大学理学部助手,1994年同助教授,2001年理化学研究所主任研究員を経て,2009年より現職。信条は「ぶれない,にげない,めげない」。おもな研究分野は原子核物理,ハドロン物理学。おもな著書は『宇宙誕生100万分の1秒後の謎』(実業之日本社)。趣味は週末の家事。家族は妻と娘2人,息子1人。「延與」姓は全国に約100家族で全員親戚です。
http://www.riken.jp/research/labs/rnc/
http://www.rarf.riken.jp/index.html

(掲載順)


index 2013index 7月号目次 7月号目次