index 2013index 5月号目次 5月号目次
執筆者・翻訳者紹介

andou img 安東正樹(あんどう・まさき)
東京大学理学系研究科准教授。理学博士。1999年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年日本学術振興会特別研究員(PD),東京大学大学院理学系研究科助手,2007年東京大学大学院理学系研究科助教,2009年京都大学大学院理学研究科特定准教授,2012年国立天文台光赤外研究科准教授を経て,2013年より現職。「人にやさしく,研究に厳しく」を目指す。おもな研究分野は重力波望遠鏡の開発研究と,それに関連したレーザー干渉計実験,重力実験,天文データ解析など。趣味は運動,お笑い・映画鑑賞。
http://tamago.mtk.nao.ac.jp/spacetime/home_j.html

takei img 武井康子(たけい・やすこ)
東京大学地震研究所准教授。理学博士。1995年東京大学理学系研究科地球物理学専攻博士課程修了。同年学術振興会特別研究員PD,2000年東京大学地震研究所助手,2004年同研究所助教授を経て,2007年より現職。アピールポイントは自作の装置で実験をしていること。おもな研究分野は固体地球科学。
http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/hiragalab/index.html

kyuutoku img 久徳浩太郎(きゅうとく・こうたろう)
ウィスコンシン大学ミルウォーキー校物理学専攻日本学術振興会海外特別研究員。理学博士。2012年京都大学大学院理学研究科物理学・宇宙物理学専攻博士課程修了。同年より高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所研究員を経て,現職。その間,2009〜2012年学術振興会特別研究員(DCI)。博士論文は“Springer Theses”より出版予定。おもな研究分野は重力波天文学。趣味はベース。独身。

高木堅志郎(たかぎ・けんしろう)
株式会社金門製作所顧問。工学博士。1970年東京大学大学院修士課程修了。1982年東京大学生産技術研究所助手,1879年同講師,1981年同助教授,1989年同教授,2007年3月定年退職,4月より現職。東京大学名誉教授。おもな研究分野は,フォノン物性,光散乱,超音波基礎。著書に『超音波便覧』(丸善出版),『こうもりのヒソヒソ話』(裳華房)がある。

nakaharai img 中払 周(なかはらい・しゅう)
独立行政法人産業技術総合研究所連携研究体グリーン・ナノエレクトロニクスセンター研究員。博士(理学)。2001年京都大学大学院理学研究科物理学・宇宙物理学専攻博士課程修了。同年より株式会社東芝研究開発センター研究員として現在に至る。この間,2002年技術研究組合超先端電子技術開発機構(ASET)に出向し半導体MIRAIプロジェクト研究員,2008年ハーバード大学物理学科客員研究員を経て,2010年より最先端研究開発支援プログラム(FIRST)横山プロジェクトに参加のため現職に出向中。おもな研究分野は低次元系の電気伝導とそのエレクトロニクス応用。妻,長女,長男,次男の5人家族。
http://www.yokoyama-gnc.jp/

tsukakoshi img 塚越一仁(つかこし・かずひと)
独立行政法人物質・材料研究機構国際ナノアーキテクトニクス研究拠点主任研究者。理学博士。1995年大阪大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。1996年ケンブリッジ大学キャベンディッシュ研究所客員研究員,1997年Hitachi Europe Ltd., Hitachi Cambridge Laboratory研究員,独立行政法人理化学研究所,独立行政法人産業技術総合研究所を経て,2009年より現職。おもな研究分野は,原子膜・有機膜・酸化膜等のナノスケール制御薄膜エレクトロニクスの創成と電気伝導評価。最近の趣味は,あらゆるジャンルの本の乱読とジョギング。
http://www.nims.go.jp/pi-ele_g/

inoue img 井上邦雄(いのうえ・くにお)
東北大学ニュートリノ科学研究センター・教授。博士(理学)。1990年大阪大学大学院物理学専攻修士課程修了。1992年東京大学大学院博士課程中退,1992年東京大学宇宙線研究所助手,1998年東北大学大学院理学研究科助教授,2004年同教授,改組を経て,2009年より現職。ニュートリノ科学研究センター長,東北大学ディスティングイッシュトプロフェッサー,東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構主任研究員を併任。カミオカンデ後期から,スーパーカミオカンデ,カムランド,カムランド禅と参加。神岡は第2の故郷。おもな研究分野は素粒子実験。とくに地下の極低放射能環境でのニュートリノの研究。原子炉反ニュートリノの研究により,2008年度日本学術振興会賞,また,地球反ニュートリノの研究により,2012年仁科記念賞などを受賞。趣味はバイクで林道ツーリング。家族は妻と娘1人。
http://www.awa.tohoku.ac.jp/

majima img 真島 豊(まじま・ゆたか)
東京工業大学応用セラミックス研究所教授。工学博士。1992年東京工業大学大学院理工学研究科電気・電子工学専攻博士課程修了。同年東芝研究開発センター,1996年東京工業大学助手,1998年同大学助教授・准教授を経て,2009年より現職。おもな研究分野はナノ構造物性,分子デバイス,走査型プローブ顕微鏡。
http://www.msl.titech.ac.jp/~majima/

suzuki img 鈴木増雄(すずき・ますお)
東京大学名誉教授。理学博士。1966年東京大学大学院数物系研究科博士課程修了。1968年同大学物性研究所助教授,1983年同大学理学部教授,1997年東京理科大学教授。2000年日本物理学会会長,1996年仁科財団理事などを経て,現在は常務理事。松永賞,仁科賞,井上賞,東レ科学技術賞,Humboldt Research Award,紫綬褒章などを受賞。おもな研究分野は,統計物理学,数理物理学。現在も研究活動を続けている。最新の成果としては,「輸送現象の不可逆性とエントロピー生成」の解明を執筆中。著書は,『統計力学』,『経路積分の方法』,『くり込み群の方法』(いずれも岩波書店),“Quantum Monte Carlo Methods”,“Coherent Anomary Method”(いずれもWorld Scientific)など多数。趣味は映画,音楽,将棋。家族は,(嫁いだ)娘2人。
http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/~msuzukil/suzuki-j.html

高原文郎(たかはら・ふみお)
大阪大学名誉教授。理学博士。1978年京都大学理学研究科物理学第二専攻博士課程修了。1981年東京大学東京天文台助手,1988年東京都立大学理学部助教授を経て,1997年より2013年3月まで大阪大学理学研究科宇宙地球科学専攻教授。おもな研究分野は高エネルギー宇宙物理学。おもな著書は『宇宙物理学』(朝倉書店),『天体高エネルギー現象』(岩波書店),『特殊相対論』(培風館)。

kawamoto img 河本 昇(かわもと・のぼる)
北海道大学名誉教授。理学博士。1976年東京工業大学大学院理工学研究科博士課程修了。同年高エネルギー研究所学振研究員,1977年ハンブルグDESY研究所フンボルト研究員,1979年アムステルダム大学研究員,1981年ニールス・ボーア研究所研究員,1984年京都大学理学部助手,1992年東京大学原子核研究所助教授,1994年北海道大学教授,2012年退官。おもな研究分野は素粒子論。2011年度素粒子メダル受賞。
http://www.sci.hokudai.ac.jp/grp/hep/web/index.html

ootsuki img 大槻義彦(おおつき・よしひこ)
早稲田大学名誉教授。理学博士(東京大学)。東京大学大学院修了。東京大学講師,早稲田大学教授,物理学会理事を務める。専門は,放射線物理,環境電磁気学。著書に『大学院のすすめ』(東洋経済),『反オカルト講座』(ビレッジセンター),『ゴルフ上達の科学』(講談社)などがある。ほかに週刊ニフティーメールマガジン連載など。

ono img 小野嘉之(おの・よしゆき)
東邦大学特命学長補佐。理学博士。1974年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。同年東京大学理学部助手,1987年東邦大学理学部助教授を経て,1993年同教授,2011年より現職。1977〜1979年ドイツ・ケルン大学Visiting Scientist,1997〜1999年日本物理学会誌編集委員長,理事。おもな研究分野は物性理論,電子輸送現象論(アンダーソン局在,量子ホール効果,ポリマー中のソリトンのダイナミクスなど)。著書に,『量子力学的“オームの法則”』(丸善),『シュレディンガー方程式の解法』(丸善),『物理で「群」とはこんなもの』(共立出版),『メゾスコピック系の不思議』(丸善),『ガウスの法則の使い方』(共立出版),『熱力学』(裳華房),『モット金属と非金属の物理』(共訳,丸善),『金属絶縁体転移』(朝倉書店)がある。趣味はテニス,山歩き。家族は妻1人。

kou_ho img 洪 鋒雷(こう・ほうらい)
産業技術総合研究所計測標準研究部門研究科長。博士(理学)。1992年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年理化学研究所基礎科学特別研究員,1994年通商産業省工業技術院計量研究所,2001年改組により産業技術総合研究所主任研究員,2007年同所研究室長,2011年より現職。この間,1997年米国JILA研究所客員研究員,2010年国立情報研究所客員教授。おもな研究分野は量子エレクトロニクス,レーザー周波数の計測制御技術。2008年文部科学大臣表彰科学技術賞,2012年市村学術賞貢献賞受賞。米国光学会上級メンバー。著書に『光測定器ガイド』(共著,オプトロニクス社),『ヨウ素化合物の機能と応用』(共著,シーエムシー出版),『ロングマン物理学辞典』(共訳,朝倉書店)がある。趣味はマラソン,歴史小説。家族は,妻と息子1人。
http://www.nmij.jp/~time-freq/wavelgt-std/profile.html

sekii img 関井 隆(せきい・たかし)
国立天文台太陽天体プラズマ研究部准教授。理学博士。1990年東京大学大学院理学系研究科天文学専攻博士課程修了。同年ケンブリッジ大学天文学研究所研究員,2000年国立天文台太陽天体プラズマ研究部助教授,2007年職名変更により現職。おもな研究分野は太陽における波動現象とこれを使った内部探査(日震学)。趣味は読書と料理。家族は妻と娘1人,息子1人。
http://solarwww.mtk.nao.ac.jp/helioseismology/

hashimoto img 橋本幸士(はしもと・こうじ)
大阪大学大学院理学研究科教授。理学博士。理化学研究所橋本数理物理学研究室准主任研究員を兼務。2000年京都大学大学院理学研究科修了。同年京都大学基礎物理学研究所研究員,カリフォルニア大学サンタバーバラ校理論物理学研究所研究員,2001年東京大学大学院総合文化研究科助手等を経て,2012年より現職。おもな研究分野は超弦理論,理論物理学。著書に『Dブレーン・超弦理論の高次元物体が描く世界像』(東京大学出版会)がある。
http://kabuto.phys.sci.osaka-u.ac.jp/~koji/youkoso.html

yasuda img 安田賢二(やすだ・けんじ)
東京医科歯科大学生体材料工学研究所教授,神奈川科学技術アカデミー「オンチップ・セロミクスプロジェクト」リーダー。博士(理学)。1992年早稲田大学大学院理工学研究科修了。同年日立製作所基礎研究所研究員,1999年東京大学大学院総合文化研究科助教授,2006年より現職。2005年よりスタンフォード大学ゲノムテクノロジーセンター客員教授。おもな研究分野は,生物物理学。アピールポイント(特技?)は,何にでも興味をもつこと。処理能力がないのに安請け合いをしていつも仕事がパンクすること。学生たちに無茶な研究を「できる気」になってもらうこと。著書に“Lab on chips for cellomics”(Kluwer Academic Publishers, 2004)がある。趣味は,テニス,スカッシュ,スキー,囲碁,楽器演奏など。

aida img 相田美砂子(あいだ・みさこ)
広島大学大学院理学研究科教授。理学博士。1979年お茶の水女子大学大学院理学研究科修士課程化学専攻修了。同年より国立がんセンター研究所研究員,1986年理学博士(東京工業大学)取得,1998年より広島大学理学部教授を経て,2000年より現職。その間,2008〜2009年分子科学研究所客員教授,2008〜2009年広島大学男女共同参画推進室長(副理事),2010〜2011年同大学競争的資金獲得戦略室長(学長補佐)。現在,同大学量子生命科学プロジェクト研究センター長,若手研究人材養成センター副センター長,大学経営企画室長を兼任。量子化学にねざした,生命科学・物質科学・情報科学の融合領域の教育と研究にとり組んでいる。男女を問わず,博士人材は日本の財産なので,彼らが実力を発揮できるようなしくみづくりにも心血を注いでいる。おもな研究分野は量子化学,生体関連化学,生物物理。
http://home.hiroshima-u.ac.jp/maida/

(掲載順)


index 2013index 5月号目次 5月号目次