index 2011index 9月号目次 9月号目次
執筆者・翻訳者紹介

yasuda img 安田賢二(やすだ・けんじ)
東京医科歯科大学生体材料工学研究所教授,神奈川科学技術アカデミー「一細胞分子計測プロジェクト」リーダー。博士( 理学)。1992 年早稲田大学大学院理工学研究科修了。同年日立製作所基礎研究所研究員,1999 年東京大学大学院総合文化研究科助教授,2006 年より現職。2005 年よりスタンフォード大学ゲノムテクノロジーセンター客員教授。おもな研究分野は,生物物理学。アピールポイント( 特技? )は,何にでも興味をもつこと。処理能力がないのに安請け合いをしていつも仕事がパンクすること。学生たちに無茶な研究を「できる気」になってもらうこと。著書に“Lab on chips forcellomics” (Kluwer Academic Publishers,2004)がある。趣味は,テニス,スカッシュ,スキー,囲碁,楽器演奏など。

amemiya img 雨宮陽介(あめみや・ようすけ)
産業技術総合研究所バイオメディカル研究部門特別研究員。博士( 工学)。2007年東京農工大学大学院工学府生命工学専攻単位取得退学。同年遺伝学研究所構造遺伝学センター特任研究員,2009 年産業技術総合研究所セルエンジニアリング研究部門特別研究員,2010 年東京農工大学工学府特任助教を経て,2011 年より現職。おもな研究分野は,ナノバイオインターフェース,ナノ細胞工学。趣味はサッカー。

shimamoto img 嶋本伸雄(しまもと・のぶお)
京都産業大学総合生命科学部教授。理学博士。1977 年京都大学大学院理学研究科物理第一専攻修了。米国アルベルト・アインシュタイン医科大学ポスドク,広島大学総合科学部助手,国立遺伝学研究所助教授,同教授を経て,2010 年より現職。おもな研究分野はナノバイオロジー。著書に『ナノバイオ入門』( 編著,サイエンス社)がある。日本気球連盟初代理事長を務めた。趣味は金工,天井裏の工事,電子回路,韓流歴史ドラマ。
http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~nshima/

fujimoto img 藤本健造(ふじもと・けんぞう)
北陸先端科学技術大学院大学マテリアルサイエンス研究科教授。博士( 工学)。1997 年京都大学大学院工学研究科合成・生物科学専攻博士課程修了。同年同大学院同科同専攻助手,2002 年北陸先端科学技術大学院大学マテリアルサイエンス研究科助教授を経て,2009 年より現職。その間,2002 〜 2005 年科学技術振興機構さきがけ研究者,2008 〜 2010 年文部科学省研究振興局学術調査官を兼任。おもな研究分野は核酸化学,生物有機化学。
http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/fujimoto/fujimotohp/

kubosaki img 窪崎敦隆(くぼさき・あつたか)
理化学研究所オミックス基盤研究領域LSA要素技術開発ユニット研究員。博士( 農学)。2000 年東京大学大学院農学生命科学研究科応用動物科学専攻博士課程修了。同年米国国立衛生研究所(NIH/NIDCR)客員研究員,2005 年国立医薬品食品衛生研究所特別研究員,2006 年理化学研究所ゲノム科学総合研究センター研究員を経て,2008 年より現職。おもな研究分野は核酸科学,転写制御,エピゲノム。さまざまなテーマの研究に携わる機会に恵まれてきたことで,現在,分子から固体まで,生命現象を分野横断的に捉えて研究中。
http://www.osc.riken.jp/

hayashizaki img 林崎良英(はやしざき・よしひで)
独立行政法人理化学研究所オミックス基盤研究領域・領域長。医学博士。1986年大阪大学医学部大学院博士課程内科系修了。1992 年理化学研究所ライフサイエンス筑波研究センタージーンバンク室研究員,1995 年ゲノム機能解析研究グループプロジェクトリーダー,1998 年ゲノム科学総合研究センター遺伝子構造・機能研究グループプロジェクトディレクターを経て,2008 年より現職。2004 年文部科学大臣賞,2007 年紫綬褒章受賞。おもな研究分野は,分子生物学・医科学。著書に『教科書ではわからない遺伝子のおもしろい話』( 実業之日本社)がある。
http://www.osc.riken.jp

ootsu img 大津敬(おおつ・たかし)
神奈川県立がんセンター臨床研究所主任研究員。1994 年北海道大学大学院理学研究科博士後期課程動物学専攻修了。神奈川科学技術アカデミー研究員,日本医科大学老人病研究所研究員,東京大学医科学研究所研究員,同特任助手を経て,2005 年より現職。おもな研究分野は比較生理・生化学,核酸工学。趣味はパラグライダー(XCP)。

suyama img 陶山明(すやま・あきら)
東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻教授。理学博士。1982 年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。1983 年東京大学理学部助手,1986 年長岡技術科学大学工学部助教授,1992 年東京大学教養学部助教授を経て,2003 年より現職。越境するDNAとともに楽しい旅の珍道中を過ごす。おもな研究分野は生物物理学,DNAコンピューター,合成生物学,DNAナノテクノロジー。
http://dna.c.u-tokyo.ac.jp/

kuga img 久我隆弘(くが・たかひろ)
東京大学大学院総合文化研究科教授。理学博士。1986 年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修了。AT&Tベル研究所客員科学者,東京大学物性研究所助手,東京大学教養学部助教授を経て,2001年より現職。おもな研究分野は量子エレクトロニクス,量子光学。著書に『量子光学』(朝倉書店),『レーザー冷却とボーズ凝縮』( 岩波書店)がある。趣味は温泉とジョギング,楽しめてためになる学生向け物理学実験のプロデュース。家族は,妻,息子1 人。
http://photon.c.u-tokyo.ac.jp/~kuga/index-j.html

shigeyama img 茂山俊和(しげやま・としかず)
東京大学大学院理学系研究科准教授。理学博士。1989 年東京大学大学院理学系研究科(天文学専攻)博士課程修了。同年日本学術振興会特別研究員,1991 年マックス・プランク天体物理研究所客員研究員,1992 年東京大学大学院理学系研究科助手,1999 年同助教授,2007 年職名変更により現職。主な研究分野は超新星とそれにともなう現象の理論的研究,銀河の進化の理論的研究。趣味はフルート。家族は妻と娘1 人。
http://www.resceu.s.u-tokyo.ac.jp/proj2.php

松尾泰(まつお・ゆたか)
東京大学大学院理学系研究科准教授。理学博士。1988 年東京大学大学院理学系研究科博士課程卒業。シカゴ大学博士研究員,東京大学助手などを経て,1994年京都大学基礎物理学研究所助教授,1997 年東京大学大学院理学系研究科助教授,職名変更により2007 年より現職。

toki img 土岐博(とき・ひろし)
大阪大学名誉教授。理学博士。1974 年大阪大学理学研究科物理学専攻博士課程修了。1974 年西ドイツ・ユーリッヒ原子核研究所研究員,1977年西ドイツ・レーゲンスブルグ大学客員助教授,1980 年USAミシガン州立大学助教授,1983 年東京都立大学理学部助教授,1994 年大阪大学核物理研究センター教授を経て,2010 年大阪大学定年退職,同名誉教授。この間,2001 〜 2007 年大阪大学核物理研究センター長。おもな研究分野は,原子核理論,クォーク核物理理論。モットーは何にでも興味をもつこと。おもな著書に,『解いて分って使える微分方程式』( 共立出版),“The Atomic Nucleus As a Relativistic System”(共著,Springer)がある。家族は妻,子ども1 人。
http://www.rcnp.osaka-u.ac.jp/~toki/

sato img 佐藤健次(さとう・けんじ)
放射線医学総合研究所重粒子医科学センター研究員,高エネルギー加速器研究機構加速器研究施設研究員。大阪大学名誉教授。理学博士。1970 年大阪大学大学院理学研究科博士課程物理学専攻単位修得退学。1971 年東京大学原子核研究所助手,1988 年同助教授,科学技術庁放射線医学総合研究所主任研究官,1989年同研究室長,1994 年大阪大学核物理研究センター教授,2006 年同定年退職,同名誉教授。同年大阪電気通信大学期限付嘱託教授,2008 年同退職,同年より現職。この間,1975 年大阪大学にて理学博士,および1982 年西ドイツ・国立重イオン科学研究機構GSI 客員研究員。おもな研究分野は加速器物理学。東大核研ではサイクロトロンとクーラーシンクロトロンの建設,放医研では重粒子線がん治療装置HIMACのシンクロトロンの建設,阪大核物理研究センターではサイクロトロンの性能向上にとり組んだ。著書に『物理データ事典』(共著,朝倉書店)がある。

taniguchi img 谷口圭輔(たにぐち・けいすけ)
名古屋大学大学院環境学研究科研究員。博士( 理学)。2009 年大阪大学大学院理学研究科宇宙地球科学専攻博士後期課程修了。2008 年大阪大学大学院理学研究科宇宙地球科学専攻にて日本学術振興会特別研究員(DC2 ),2009 年同志社大学理工学部環境システム学科にて日本学術振興会特別研究員(PD),2010 年同志社大学理工学部環境システム学科研究員を経て,2011 年より現職。おもな研究分野は地形学,堆積学。地形の形成プロセスを理解し,地球からほかの惑星まで,さまざまな環境に応用していくことを考えている。天体観望は学生時代からの趣味で,いまでも休日を利用して観望会のボランティアなどを行っている。

yamashita img 山下芳樹(やました・よしき)
立命館大学産業社会学部子ども社会専攻教授,同大学院社会学研究科教授。博士( 理学)。1995 年大阪市立大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。滋賀県立膳所高校教諭,弘前大学教授,広島大学大学院教育学研究科教授を経て,2007 年より現職。この間,2001 年テネシー州立大学理工学部・教育学部招聘教授。おもな研究分野は原子核反応理論,および理科内容構成論。最近は,理科の学びに有効に機能する遊具,教材として視点に立った多機能型遊具の開発を提唱している。現在,京都大学理学部他と共同で親子理科実験教室,また京都女性協会と「母親と娘のための理科教室」を企画・運営するなど,現場主義の姿勢をとっている。著書は,『文化として学ぶ物理科学』( 丸善),『理科は理科系のための科目ですか』( 森北出版),『浦島太郎はなぜ年をとらなかったか』(祥伝社),『実験で学ぶ魅力ある理科教育』( オーム社)ほか多数。趣味は遊具,玩具集め。家族は妻と娘,息子。息子は現在,研究修行中。
http://www/miyako-kanjiru-rika.com/

suzumura img 鈴村順三(すずむら・よしかず)
名古屋大学大学院理学研究科教授。理学博士。1975 年東京大学大学院理学系研究科物理学専門博士課程修了。東北大学理学部物理学第二学科助手,名古屋大学理学部物理学科助教授を経て,2000年より現職。おもな研究分野は物性理論。著書に『理工学の基礎 力学』『理工学の基礎 電磁気学』( ともに共著,培風館)などがある。趣味は旅行,家族は妻と2 人。
http://www.slab.phys.nagoya-u.ac.jp

aono img 青野修(あおの・おさむ)
自治医科大学名誉教授。理学博士。1964年東京大学大学院数物系研究科物理学専門博士課程修了。同大学理学部物理学教室助手,自治医科大学助教授,教授を経て,2002 年定年退職。その間,特定非営利活動法人学術研究ネットを設立,理事長に就任。おもな研究分野はプラズマ物理,生物物理学。楽しい試験問題の創作を楽しんでいる。著書に『電磁気学の単位系』『いまさら電磁気学? 』( ともに丸善)などがある。趣味の囲碁は4 段,水泳小堀流初段。家族は妻。

(掲載順)


index 2011index 9月号目次 9月号目次