index 2011index 3月号目次 3月号目次
執筆者・翻訳者紹介

totsuji img 東辻浩夫(とうつじ・ひろお)
岡山大学特命教授( 研究),宇宙航空研究開発機構(JAXA)嘱託職員。理学博士。1971 年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。東京大学理学部助手,岡山大学工学部助教授,同教授を経て,2009 年岡山大学名誉教授。おもな研究分野は,プラズマ物理理論,シミュレーション。微小重力下のダスト( 微粒子)プラズマによる強結合プラズマ実験プロジェクトでわくわくしている。著書に『プラズマ物理学・基礎物理からプラズマ工学へ. 』( 朝倉書店)がある。同居しているのは2 人と1 匹。
http://homepage3.nifty.com/totsuji/index2.html

ebisawa img 海老澤丕道(えびさわ・ひろみち)
東北大学教養教育院総長特命教授。理学博士。1971 年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年東北大学工学部助手,1987 年同助教授,1991 年同教授。1993 年東北大学大学院情報科学研究科教授,2007年同定年退職,2008 年より現職。東北大学名誉教授。おもな研究分野は物性理論,とくに超伝導,超流動3He,メゾスコピック系の電気・磁気応答,輸送現象。現在,学部1年生に物理学の発展の歴史や「おはなし物理学」の授業をして,返ってくる多様なコメントやクイズへの個性的な答が楽しみ。著書に『メゾスコピック系の物理』( 共著,丸善),『応用数学講義』( 共著,培風館),『電子情報系の応用数学』(共著,朝倉書店)などがある。趣味は合唱。同居は妻。孫は遠距離。

hisano img 久野純治(ひさの・じゅんじ)
名古屋大学理学部教授。博士( 理学)。1995年東北大学大学院理学研究科修了。1997 年高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所助手,2002 年東京大学宇宙線研究所助教授を経て,2010 年より現職。おもな研究分野は素粒子論。家族は妻と息子1 人。
http://www.eken.phys.nagoya-u.ac.jp/index-j.html

kawakami img 川上則雄(かわかみ・のりお)
京都大学大学院理学研究科教授。工学博士。1982 年大阪大学大学院工学研究科応用物理学専攻修士課程修了。1984 年大阪大学助手,1989 年京都大学助教授,1995 年大阪大学教授を経て,2007 年より現職。おもな研究分野は凝縮系理論,統計物理。著書に『共形場理論と1 次元量子系』( 岩波書店),『一次元電子系の数理』( 岩波書店)などがある。家族は妻と1 男1 女。趣味は大衆音楽とフォークギターとプールでの浮遊。
http://cond.scphys.kyoto-u.ac.jp/

aoki img 青木大(あおき・だい)
フランス原子力庁グルノーブル研究所(CEA-Grenoble )研究員。理学博士。2000 年大阪大学大学院理学研究科博士課程修了。CEA-Grenoble ポスドク研究員, フランス国立科学研究センター(CNRS)ポスドク研究員,東北大学金属材料研究所助教を経て,2007 年より現職。おもな研究分野は,f 電子系化合物の純良単結晶育成と低温物性。趣味はバックパック旅行。

mita img 三田吉郎(みた・よしお)
東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻准教授。博士( 工学)。2000 年東京大学大学院工学系研究科電気工学専攻修了。東京大学大規模集積システム設計教育研究センター助手,同工学系研究科講師を経て現職。その間,1997 〜 1998 年フランス国立科学研究センター(CNRS)准研究員,2007 〜 2008 年フランス国立情報学研究所( INRIA)招聘教授。おもな研究分野は微小電気機械素子(MEMS),大規模集積回路(VLSI)。著書に『FreeBSD徹底入門』(共著,翔泳社)がある。座右の銘は上杉鷹山公の「なせば成る」。家族は妻と4 歳・1 歳半の2 人の息子。妻も同業者であるため,いわゆるイクメン生活で奮闘中。夫婦喧嘩の都合により,得意な言語は“ 勝つためのフランス語”。趣味はアマチュア無線,クラシックギター,FreeBSD,ボディビルなど。また,何でも取っておくタイプで妻とバトルを展開中だが,最近,小学生の時につくったアマチュア無線機用安定化電源で車のバッテリーあがりを救ったので,しばらく“ これ捨てろ攻撃”が収まるのではないかと期待。
http://www.if.t.u-tokyo.ac.jp/TeamMEMS/

yamazaki img 山崎泰規(やまざき・やすのり)
理化学研究所基幹研究所上席研究員。工学博士。1978 年大阪大学大学院工学研究科応用物理学専攻修了。同年東京工業大学原子炉工学研究所助手,1988 年東京大学教養学部助教授,1993 年東京大学教養学部教授,1996 年東京大学大学院総合文化研究科教授。1997 年より理化学研究所主任研究員を併任。2010 年より現職,東京大学名誉教授。おもな研究分野は原子物理学。分野にとらわれず,流行っていないおもしろい研究テーマを追求する( 反水素から生細胞のピンポイント照射まで)。著書に『粒子線物理学』( 丸善),『新物理学事典』( 共著,講談社)などがある。趣味は読書,旅行,適度に変わった食べものを試すこと。
http://www.riken.jp/ap/,http://radphys4.c.u-tokyo.ac.jp/

hayano img 早野龍五(はやの・りゅうご)
東京大学大学院理学系研究科教授。理学博士。1979 年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年同大学附属中間子科学実験施設助手,1982年高エネルギー物理学研究所物理研究系助教授,1986 年東京大学理学部助教授,1993 年同大学院理学系研究科助教授を経て,1997 年より現職。第14 回井上学術賞受賞,2008 年度仁科記念賞受賞。CERN における低速反陽子実験ASACUSAグループのスポークスマン。おもな研究分野はエキゾチック原子。おもな著書に『計算物理』(共著,共立出版)がある。趣味は( ジャズ)バイオリン,歌舞伎鑑賞。
http://nucl.phys.s.u-tokyo.ac.jp/hayano

matsuda img 松田卓也(まつだ・たくや)
神戸大学名誉教授,同志社大学嘱託講師。理学博士。1970 年京都大学大学院理学研究科博士課程修了。同年京都大学工学部航空工学科助手,1973年同助教授,1992 年神戸大学理学部地球惑星学科教授,2006 年同定年退職。2002 〜 2003 年日本天文学会副理事長,2004 〜 2005 年同理事長,2006 年よりジャパン・スケプティクス会長,1975 〜 1977年英国ウェールズ大学ユニバーシティカレッジ・カーディフ客員教授。おもな研究分野は宇宙物理学,数値流体力学。おもな著書は『相対論的宇宙論』(共著,講談社),『なっとくする相対性理論』(共著,講談社)。
http://jein.jp/jifs.html

kuga img 久我隆弘(くが・たかひろ)
東京大学大学院総合文化研究科教授。理学博士。1986 年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修了。AT&Tベル研究所客員科学者,東京大学物性研究所助手,東京大学教養学部助教授を経て,2001年より現職。おもな研究分野は量子エレクトロニクス,量子光学。著書に『量子光学』(朝倉書店),『レーザー冷却とボーズ凝縮』( 岩波書店)がある。趣味は温泉とジョギング,楽しめてためになる学生向け物理学実験のプロデュース。家族は,妻,息子1 人。
http://photon.c.u-tokyo.ac.jp/~kuga/

takayama img 高山一(たかやま・はじめ)
東京理科大学理工学部物理学科非常勤講師。理学博士。1972年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年東北大学理学部教務補佐員,同年ラウエ‐ランジュバン研究所研究員,1974年マックス・プランク固体物理学研究所研究員,1975年北海道大学理学部助教授,1984年京都大学基礎物理学研究所教授,1989年筑波大学物理学系教授を経て,1995年東京大学物性研究所教授,2007年同定年退職,東京大学名誉教授。2007〜2010年日本物理学会学術誌JPSJ編集委員長。おもな研究分野は物性基礎論・統計力学(おもに計算物理アプローチによる)。国外を含め,多くの大学と共同利用研究所(基研・物性研)で研究・教育を行ってきた。著書に『パリティ物理学コース クローズアップ スピングラス』(丸善),『現代の物理学 局在・量子ホール効果・密度波』(共著,岩波書店)などがある。

(掲載順)



index 2011index 3月号目次 3月号目次