index 2011index 2月号目次 2月号目次
執筆者・翻訳者紹介

kawamura img 川村隆明(かわむら・たかあき)
山梨大学理事・副学長。理学博士。1976年早稲田大学大学院理工学研究科物理学及応用物理学専攻博士号取得満期退学。1977 年山梨大学教育学部助手,講師,助教授を経て,1992 年同教授。1998 年同大学教育人間科学部教授,2004 年同大学大学院医学工学融合教育部教授,2007 年同大学教育人間科学部長を経て,2009 年より現職。1983 年インペリアルカレッジ科学技術会議招聘研究員,1990〜 1995 年新技術事業団日英共同研究「原子配列設計制御」プロジェクト半導体グループリーダーを兼任。おもな研究分野は表面物性,シミュレーション科学。趣味はドライブと散歩。家族は妻と息子1 人。

igi img 猪木慶治(いぎ・けいじ)
東京大学名誉教授。理学博士。1961 年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。同年東京教育大学理学部助手。1966年東京大学理学部講師,同助教授,同教授を経て,1994 年より東京大学名誉教授。1994 〜 2004 年神奈川大学理学部教授。その間,カリフォルニア大学バークレー校研究員,プリンストン高等研究所所員,ヨーロッパ連合原子核研究機関(CERN)客員科学者として研究。おもな研究分野は素粒子論,高エネルギー物理理論。著書に『量子力学I 』,『量子力学II 』,『基礎量子力学』( いずれも共著,講談社サイエンティフィク)がある。趣味はテニス,スキー,ぶらぶら散歩など身体を動かすことと,オペラなど音楽鑑賞。

ichimoto img 一本潔(いちもと・きよし)
京都大学大学院理学研究科附属天文台教授。理学博士。1987 年京都大学大学院理学研究科博士課程修了。同年東京大学東京天文台助手,1988 年国立天文台助手を経て,1996 年同助教授,2007 年国立天文台准教授。2008 年4 月より現職。おもな研究分野は太陽物理学。とくに,可視光領域における偏光・分光観測で太陽活動現象の研究を行っている。
http://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/

masumoto img 舛本泰章(ますもと・やすあき)
筑波大学大学院数理物質科学研究科教授。理学博士。1977 年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。同年同大学物性研究所助手,1986年筑波大学物理学系助教授,1992 年同大学物理学系教授を経て,2004 年より現職。おもな研究分野は半導体量子構造の光物性。著書に“Semiconductor Quantum Dots-Physics, Spectroscopy and Applications”( 共編著,Springer-Verlag),『現代物理学最前線6 人工原子,量子ドットとは何か』( 共立出版)などがある。
http://www.sakura.cc.tsukuba.ac.jp/~masumoto/index.html

fukue img 福江翼(ふくえ・つばさ)
国立天文台ハワイ観測所研究員。博士( 理学)。2009 年京都大学大学院理学研究科物理学・宇宙物理学専攻博士課程修了。同年より現職。2006 年日本学術振興会特別研究員DC1。おもな研究分野は赤外線天文学,輻射輸送数値計算,理論宇宙物理学,星・惑星系形成,( 太陽系外)惑星大気,生命の起源とアストロバイオロジー。宇宙空間の物質の種類や分布を詳しく調べるため,とくに若い星の周囲の偏光( 電磁波の振動の偏り)について調べている。星や惑星の原料が何であり,どのように進化するのか,そしてどのように生命につながっていくのかを総合的に明らかにしたい。高度専門化の流れから自然科学の統合の流れが巻き起こるのかに深い興味がある。趣味はお絵かきなど。イメージイラスト,動画作成においては,以前アトリエに通っていたことが役立っている。
http://optik2.mtk.nao.ac.jp/~fukue/index_j.html

yanase img 柳瀬陽一(やなせ・よういち)
新潟大学理学部物理学科准教授。博士( 理学)。2000 年京都大学大学院理学研究科物理学・宇宙物理学専攻博士課程中退。同年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻助手,助教を経て,2009 年より現職。おもな研究分野は物性理論。とくにエキゾチック超伝導・超流動。学生時代に所属したオリエンテーリング部での活動を経て,現在も週末は山とその周辺領域ですごしている。沢登り,トレイルランニング,自転車,オリエンテーリングなどが中心。新潟周辺には個性的な山域がたくさんあるので,今後の活動を楽しみにしている。
http://bussei.gs.niigata-u.ac.jp/~yanase/index.html

青木圭子(あおき・けいこ)
株式会社計算流体力学研究所研究員。博士( 理学)。1993 年慶應義塾大学大学院理工学研究科物理学専攻博士課程修了。株式会社メルク・ジャパン液晶技術部研究開発課,静岡大学工学部物質工学科助手を経て,1997 年より現職。この間,1999 〜 2004 年にJST横山液晶微界面プロジェクトに参加。おもな研究分野は物性物理(液晶・粉粒体など),計算物理(分子動力学法)。
http://www.icfd.co.jp

tanimoto img 谷本盛光(たにもと・もりみつ)
新潟大学教授。理学博士。1976 年広島大学大学院理学研究科博士課程修了。同年愛媛大学教育学部助手を経て,2000年より現職。2009 年同大学理学部長。おもな研究分野は素粒子論。
http://muse.sc.niigata-u.ac.jp

oiki img 老木成稔(おいき・しげとし)
福井大学医学部分子生理領域教授。M.D., Ph.D. 1986 年京都大学大学院医学研究科博士課程修了。同年京都大学医学部生理学講座助手,米国ロッシュ分子生物学研究所神経科学部門研究員,1988年米国コーネル大学医学部生理学講座研究員。1999 年京都大学医学部生理学講座助手に復職,1993 年生理学研究所細胞器官系機能協関研究部門助教授,1998年福井医科大学生理学教授,2005 年福井大学と統合のため現職。おもな研究分野は,イオンチャネル構造機能ダイナミクス。著書に『シリーズ・ニューバイオフィジックス5 イオンチャネル』(共著,共立出版),『新・生物物理の最前線 生命のしくみはどこまで解けたか』( 共著,講談社),『生物物理学ハンドブック』( 共著, 朝倉書店),“Cell Signaling Reactions: Single-Molecular KineticAnalysis”(共著,Springer)がある。

enyo img 延與秀人(えんよ・ひでと)
理化学研究所仁科加速器研究センター長。理学博士。1984 年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻退学。日本学術振興会特別研究員,同海外特別研究員,1987 年CERN研究員,1989 年京都大学理学部助手,1994 年同助教授,2001 年理科学研究所主任研究員を経て,2009年より現職。おもな研究分野は原子核物理学,ハドロン物理学。延與姓は全国に約100 家族,全部親戚。家族は妻と娘2 人,息子1 人が京都に在住。趣味は週末の育児。
http://www.rarf.riken.go.jp/

http://www.rarf.riken.jp/lab/radiation/


kuga img 久我隆弘(くが・たかひろ)
東京大学大学院総合文化研究科教授。理学博士。1986 年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修了。AT&Tベル研究所客員科学者,東京大学物性研究所助手,東京大学教養学部助教授を経て,2001年より現職。おもな研究分野は量子エレクトロニクス,量子光学。著書に『量子光学』(朝倉書店),『レーザー冷却とボーズ凝縮』( 岩波書店)がある。趣味は温泉とジョギング,楽しめてためになる学生向け物理学実験のプロデュース。家族は,妻,息子1 人。
http://photon.c.u-tokyo.ac.jp/~kuga/

ikegami img 池上高志(いけがみ・たかし)
東京大学大学院総合文化研究科広域システム科学系情報学環・学際情報学府教授。博士( 理学)。1989 年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修了。同年日本学術振興会特別研究員( 京都大学基礎物理学研究所),1990 年神戸大学大学院自然科学研究科専任助手,1994 年東京大学大学院総合文化研究科広域システム科学系准教授を経て,2008 年より現職。おもな研究分野は複雑系の科学,人工生命。2005 年から新しいアート活動を開始。山口情報芸術センターにて,おもにインスタレーションを発表(filmachine,MTM(Mind Time Machine)など)。著書に『複雑系の進化的シナリオ』(共著,朝倉出版),『動きが生命をつくる』( 青土社)などがある。
http://sacral.c.u-tokyo.ac.jp~/ikeg

(掲載順)



index 2011index 2月号目次 2月号目次