index 2010index 11月号目次 11月号目次
執筆者・翻訳者紹介

goryo img 御領潤(ごりょう・じゅん)
東京大学生産技術研究所基礎系部門特任講師。博士( 理学)。1999 年北海道大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。基礎物理学研究所研修員,東京大学物性研究所COE研究員,マックス・プランク研究所( ドレスデン)ゲスト研究員,青山学院大学理工学部助手,同助教,名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻特任講師を経て,2009 年より現職。おもな研究分野は物性理論。趣味は通勤中の読書と散歩,ドライブ,サイクリング,水泳。家族は妻1 人子1 人。
http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/cgi/daibumon.cgi

fujii img 藤井賢一(ふじい・けんいち)
産業技術総合研究所計測標準研究部門物性統計科流体標準研究室室長。博士( 工学)。1984 年慶應義塾大学大学院工学研究科修了。同年計量研究所入所。1994〜 1996 年米国国立標準技術研究所(NIST)にて客員研究員,ワット天秤によるキログラムの再定義とプランク定数の測定に関する研究に従事。2001 年「固体密度標準の開発とアボガドロ定数の決定に関する研究」により文部科学大臣賞( 旧科学技術庁長官賞)受賞。2002 年アボガドロ定数をもっとも小さい不確かさで測定することに成功。このデータは科学技術データ委員会(CODATA)の入力データとして採用され,2002 年と2006年の基礎物理定数の推奨値決定に貢献した。現在アボガドロ国際プロジェクトのコーディネーターとして同位体濃縮シリコンによるアボガドロ定数の測定を担当。CODATA,国際度量衡委員会(CIPM)単位諮問委員会(CCU)などの委員。著書に『〈はかる〉科学』( 共著,中公新書)がある。家庭では双子の娘をかわいがる父親。
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2004/pr20040120/
pr20040120.html

okamoto img 岡本拓司(おかもと・たくじ)
東京大学大学院総合文化研究科准教授。学術博士。1994 年東京大学大学院理学系研究科科学史・科学基礎論専攻単位取得退学。新潟大学人文学部助手,東京大学大学院総合文化研究科講師,同助教授を経て,2007 年職名変更により現職。おもな研究分野は,科学史,技術史,高等教育史。
http://hps.c.u-tokyo.ac.jp/staff/_data/okamoto_takuji/index.php

kobayashi img 小林隆(こばやし・たかし)
高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所教授。博士( 理学)。1996 年広島大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。同年東京大学原子核研究所助手,1997 年高エネルギー加速器研究機構助手,2002 年同助教授を経て,2007年より現職。おもな研究分野は素粒子実験。趣味は水泳,家族は妻。

moriyama img 森山茂栄(もりやま・しげたか)
東京大学宇宙線研究所准教授。博士( 理学)。1998 年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。1999 年同大学宇宙線研究所附属神岡宇宙素粒子研究施設助手を経て,2003 年より助教授,職名変更により現職。おもな研究分野は素粒子実験物理学,宇宙線物理学。趣味は犬,水泳,日曜大工。家族は妻と子ども2 人。
http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp

kanbe img 神部 勉(かんべ・つとむ)
陳省身数学研究所( 中国)客員教授。理学博士。1966 年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。2000 年東京大学教授を定年退官。2004 〜 2008 年国際理論応用力学連合理事。2003 年より現職。おもな研究分野は流体物理学,数理物理学。著書に“Elementary FluidMechanics” (World Sci),『流体力学:安定性と乱流』( 東京大学出版会)などがある。趣味は山歩き。
http://www.purple.dti.ne.jp/kambe

moritomo img 守友浩(もりとも・ゆたか)
筑波大学大学院数理物質科学研究科物理学専攻教授。博士( 理学)。1992 年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻単位取得退学。日本学術振興会特別研究員,ポスドクを経て,1996 年名古屋大学大学院工学研究科応用物理学専攻助教授,2005 年より現職。その間,さきがけ研究員21 を2 回併任。おもな研究分野は,グリーンイノベーションをめざした遷移金属化合物の機能性発現,量子ビームを駆使した物性研究。モットーは「独創的であれ」。趣味は読書。
http://www.sakura.cc.tsukuba.ac.jp/~moritomo/

橘秀樹(たちばな・ひでき)
千葉工業大学附属総合研究所教授。工学博士。1972 年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。1991 年東京大学生産技術研究所教授,2004 年千葉工業大学情報科学部教授を経て,2009 年より現職。おもな研究分野は応用音響工学(建築音響,騒音制御)。著書に『環境騒音・建築音響の測定』(コロナ社)がある。

ryu img 笠耐(りゅう・たえ)
1957 年お茶の水女子大学理学部物理学科卒業。東京大学教養学部助手,上智大学講師,助教授,非常勤講師を経て,2004 年退職。1993 〜 1999 年国際物理教育委員会( IUPAP-C14 ICPE)委員,1975 〜 1999 年物理教育研究会(APEJ )設立,事務局。おもな研究分野は科学教育(主として物理教育)。訳書に『トス先生の物理教育:統計物理,原子物理,原子核物理』( 共訳,丸善),『アドバンシング物理AS,A2』(共訳,シュプリンガー・フェアラーク東京)がある。

ooguri img 大栗博司(おおぐり・ひろし)
東京大学数物連携宇宙研究機構主任研究員,カリフォルニア工科大学フレッド・カブリ冠教授および物理学・数学・天文学部門副部門長。理学博士。1986 年京都大学大学院理学研究科修士課程修了。東京大学助手,プリンストン高等研究所研究員,シカゴ大学助教授,京都大学助教授を経て,1994 年にカリフォルニア大学バークレー校教授に就任( ローレンス・バークレー国立研究所上級研究員を併任)。2000 年にカリフォルニア工科大学に移籍。2007 年より東京大学数物連携宇宙研究機構の主任研究員を併任し,2010 年秋からは東京大学とカリフォルニア工科大学をテレビ会議でつないだ両大学共通の国際講義を開講。アメリカ数学会アイゼンバッド賞,ドイツ連邦共和国フンボルト賞,仁科記念賞などを受賞。アスペン物理学センター正会員および科学副秘書官。Nuclear Physics B上級編集委員。おもな研究分野は素粒子論。http://planck.exblog.jp にてブログを更新中。
http://www.theory.caltech.edu/~ooguri/index_j.html

kuga img 久我隆弘(くが・たかひろ)
東京大学大学院総合文化研究科教授。理学博士。1986 年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修了。AT&Tベル研究所客員科学者,東京大学物性研究所助手,東京大学教養学部助教授を経て,2001年より現職。おもな研究分野は量子エレクトロニクス,量子光学。著書に『量子光学』(朝倉書店),『レーザー冷却とボーズ凝縮』( 岩波書店)がある。趣味は温泉とジョギング,楽しめてためになる学生向け物理学実験のプロデュース。家族は,妻,息子1 人。
http://photon.c.u-tokyo.ac.jp/~kuga/

takasu img 高須昌子(たかす・まさこ)
東京薬科大学生命科学部教授。理学博士。1988 年東京大学理学系研究科物理学専攻博士課程修了。金沢大学助手,カリフォルニア大学化学科研究員,分子科学研究所( 流動部門)助教授,金沢大学准教授などを経て,2009 年より現職。分子シミュレーション研究会学術賞受賞。おもな研究分野はソフトマター,生体分子のシミュレーション。訳書に『計算物理学』(共訳,シュプリンガー・フェアラーク東京)がある。理系英語の本を執筆中。趣味はジョギング,読書。
http://logos.ls.toyaku.ac.jp/~takasu/

(掲載順)



index 2010index 11月号目次 11月号目次