index 2008index 11月号目次 11月号目次
執筆者・翻訳者紹介


ie img 家 正則(いえ・まさのり)
国立天文台教授。理学博士。1977 年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。同年東京大学理学部助手,1981 年東京大学東京天文台助手,1986 年同助教授,1988 年国立天文台助教授を経て,1993 年より現職。その後,国立天文台大型望遠鏡計画推進部主幹,同光赤外天文学研究系主幹,日本天文学会副理事長,総合研究大学院大学数物科学研究科長,日本学術振興会学術システム研究センタ数物系科学主任研究員等を併任。主な研究分野は,光赤外観測天文学一般,補償光学系等の技術開発,遠宇宙と銀河の観測的研究。すばる望遠鏡計画の構想段階から完成までライフワークとして推進。最遠銀河発見の世界記録を達成。現在は次世代望遠鏡を国際協力で実現すべく奮闘中。著書に,『すばる望遠鏡』( 岩波書店),『地球と宇宙の小事典』(岩波書店),『宇宙の観測I .. 光・赤外天文学』( 日本評論社),『地学I, II』(数研出版),『物理学における幾何学的方法』( 吉岡書店)などがある。趣味はテニスとクラシックギター。
http://optik2.mtk.nao.ac.jp/~iye/

takei img 竹井弘之(たけい・ひろゆき)
神奈川科学技術アカデミー安田プロジェクトサブリーダー。東京医科歯科大学非常勤講師兼任。博士( 応用物理)。米国コーネル大学大学院にて走査型近接場光顕微鏡の発明者として知られるAaron Lewis教授のもとで学ぶ。1992 年コーネル大学大学院工学系応用物理学科博士課程修了。同年日立製作所,2004年富士レビオ,2007 年東京医科歯科大学を経て,2008年より現職。主な研究分野は,近接場光学( 局在表面プラズモン,表面増強蛍光法),バイオセンサー,POCT装置開発。測定原理の基礎から装置開発まで興味あり。主な著書は“Progress in Nano- Electro-Optics III”(共著,Springer)。趣味は写真機収集,旅行。家族は妻と1 男1 女。米国カリフォルニア州でベンチャー企業を創業。
http://www.newkast.or.jp/innovation/kenkyu_project/yasuda_project.html

soma img 相馬 充(そうま・みつる)
国立天文台助教。理学博士。1984 年東京大学大学院博士課程修了。東京大学東京天文台助手,国立天文台主任研究員を経て,2007 年より現職。国際天文学連合第4委員会(位置天文学)運営委員,国際掩蔽観測者協会接食部会委員長,日本天文学会天体発見賞選考委員会委員を兼任。主な研究分野は位置天文学,歴史天文学。日食などの天文現象の予報計算を得意とし,アマチュア天文家に星食予報等を提供して観測指導を行っている。主な著書に『惑星のリングはなぜあるのか』(共訳,岩波書店)があり,『理科年表』『天文年鑑』などに毎年執筆している。趣味はフォークダンス,家族は妻と2 女1 男,1匹の犬(ダックスフント)
http://optik2.mtk.nao.ac.jp/~somamt/

miyata img 宮田秀明(みやた・ひであき)
東京大学大学院工学系研究科教授。工学博士。1972 年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。同年IHI,1977 年東京大学助手,1978 年同講師,1979 年同助教授を経て,1994 年より現職。コンピューターサイエンス,船舶システム開発,経営システム工学( 経営科学,サービス科学)などを専門とする。ニッポンチャレンジ・アメリカズカップのテクニカルディレクターも努めた。主な研究分野は船舶工学,計算流体力学,システムデザイン,技術マネジメント,経営システム工学。著書に,『プロジェクトマネジメントで克つ!』(日経BP社),『理系の経営学』(日経BP社)などがある。
http://triton.naoe.t.u-tokyo.ac.jp/

ito img 伊藤耕三(いとう・こうぞう)
東京大学大学院新領域創成科学研究科教授。工学博士。1986 年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。同年繊維高分子材料研究所研究員,1991 年東京大学工学部講師,1994 年同助教授を経て,2003 年より現職。主な研究分野は高分子材料工学。主な著書に『非平衡系のダイナミクス入門』( 培風館)がある。趣味はテニス。家族は妻と子ども3人。
http://www.moll.k.u-tokyo.ac.jp

murao img 村尾美緒(むらお・みお)
東京大学大学院理学系研究科物理学専攻准教授。博士(理学)。1996 年お茶の水女子大学大学院博士課程修了。同年米国ハーバード大学博士研究員,英国インペリアルカレッジ博士研究員( 日本学術振興会海外特別研究員,EPSRC博士研究員),1999 年理化学研究所基礎科学特別研究員を経て,2001 年より東京大学大学院理学系研究科物理学専攻助教授。2007年職名変更により現職。主な研究分野は量子情報の理論的研究。家族は夫と息子1人。
http://eve.phys.s.u-tokyo.ac.jp/indexj.htm

tada img 多田 司(ただ・つかさ)
理化学研究所仁科加速器研究センター副主任研究員。理学博士。1991 年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。素粒子奨学生,日本学術振興会特別研究員,日本学術振興会海外特別研究員,高エネルギー加速器研究機構COE研究員,東和大学助教授などを経て,2004 年より現職。主な研究分野は素粒子論,弦理論。趣味はセーリング,ジョギング。
http://www.riken.jp/lab-www/theory/people/TsukasaTada/

hara img 原 康夫(はら・やすお)
工学院大学エクステンションセンター客員教授,筑波大学名誉教授。理学博士。1962 年東京大学大学院数物系研究科博士課程修了。東京教育大学理学部助手,助教授を経て,1975 年筑波大学物理学系教授,1997 年定年退職後,7 年間帝京平成大学情報学部教授を勤める。現在は,教科書執筆のかたわら,工学院大学客員教授として理科教育振興に関わっている。1977年仁科記念賞受賞。主な研究分野は,素粒子論,物理教育。著書に『量子力学』(岩波書店),『素粒子物理学』(裳華房),『物理学基礎』(学術図書)などがある。趣味は合唱,オペラ鑑賞。家族は妻。

takahashi img 高橋真理子(たかはし・まりこ)
朝日新聞科学エディター。1979 年東京大学理学部物理学科卒業。同年朝日新聞社入社,岐阜支局,東京本社科学部,出版局科学朝日編集部,大阪本社科学部次長,論説委員( 科学技術,医療担当),東京本社科学医療部次長などを経て,2006年より現職。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。2002 年〜 2007 年世界科学ジャーナリスト連盟理事。主な著書に『ノーベル賞を獲った男』( 共訳,朝日新聞社),『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』(訳書,日本評論社),『震度6 強が原発を襲った』(共著,朝日新聞社),『都市崩壊の科学..追跡・阪神大震災』( 編著,朝日文庫),『スキャンダルの科学史』(編著,朝日選書),『独創技術たちの苦闘』( 共著,朝日選書)などがある。趣味はピアノ。

suzuki img 鈴木久男(すずき・ひさお)
北海道大学大学院理学研究院准教授。理学博士。1988 年名古屋大学大学院理学研究科修了。同年大阪大学助手,1990〜1991年ハーバード大学Post DoctorialFellow 兼任を経て,1995 年より現職。主な研究分野は素粒子論。アピールポイントはコンピューターグラフィックスを利用した授業。日本の高等教育機関で初めてクリッカーによる双方向性授業を展開している。主な著書に『動画だからわかる物理 力学・波動編』(共著,丸善),『動画だからわかる物理 熱力学・電磁気学編』(共著,丸善),『初歩からの物理学』(共著,放送大学出版)がある。趣味は料理とバラの栽培。家族は妻と子ども2 人。
http://www.sci.hokudai.ac.jp/grp/hep/web/index.html

(掲載順)



index 2008index 11月号 11月号目次