index 2008index 7月号目次 7月号目次
執筆者・翻訳者紹介


yasuda img 安田賢二(やすだ・けんじ)
東京医科歯科大学生体材料工学研究所教授,神奈川科学技術アカデミー「一細胞分子計測プロジェクト」リーダー。博士( 理学)。1992 年早稲田大学大学院理工学研究科修了。同年日立製作所基礎研究所研究員,1999 年東京大学大学院総合文化研究科助教授,2006 年より現職。2005 年よりスタンフォード大学ゲノムテクノロジーセンター客員教授。主な研究分野は,生物物理学。アピールポイント(特技?)は,何にでも興味をもつこと。処理能力がないのに安請け合いをしていつも仕事がパンクすること。学生たちに無茶な研究を「できる気」になってもらうこと。著書に“Lab on chips for cellomics”(Kluwer Academic Publishers, 2004 )がある。趣味は,テニス,スカッシュ,スキー,囲碁,楽器演奏など。
http://www.tmd.ac.jp/i-mde/www/bi2/top-bi-j.html

sai img 崔 博坤(さい・ひろし)
明治大学理工学部物理学科教授。工学博士。1979 年東京大学大学院工学系研究科( 物理工学専攻)博士課程修了。1981年同大学生産技術研究所助手,1989 年明治大学理工学部物理学科助手,講師,助教授を経て,1999 年より現職。主な研究分野は物理音響学。超音波が聞こえるようになることが目標。編著書に『超音波便覧』(丸善),『超音波用語事典』(編集幹事,工業調査会)がある。
http://www.isc.meiji.ac.jp/~pkchoi/Profsai.html

watanabe img 渡辺好章(わたなべ・よしあき)
同志社大学生命医科学部教授,学部長。工学博士。1980年同志社大学大学院修了。1981 年同志社大学助手,講師,助教授を経て,1992 年教授,2008 年より現職。日本音響学会副会長,電子情報通信学会超音波研究専門委員会委員長,文部科学省知的クラスター創成事業「ヒューマンエルキューブ,ネオカデンプロジェクト」研究統括等を歴任。現在,日本海洋工学会理事,海洋音響学会理事等。主な研究分野は,非線形音響の計測技術への応用,コウモリの生物ソナー,熱音響技術,医用超音波に関する研究等。教育,人材育成に関心がある。文部科学省現代的教育取組支援プログラム( 現代GP)「プロデュース・テクノロジーの創成」取組代表(2004)。著書に『超音波便覧』(編著,丸善),『新超音波医学』( 基礎編共著,医学書院),『電気回路学』(培風館)などがある。
http://usl.doshisha.ac.jp/

sakamoto img 坂本眞一(さかもと・しんいち)
滋賀県立大学工学部准教授。同志社大学熱音響技術研究センター研究員。博士( 工学)。2005 年同志社大学大学院工学研究科( 電気工学専攻)博士課程後期課程修了。1999 年東レ株式会社に入社,2003 年日本学術振興会特別研究員,2005 年同志社大学特別研究員( 同年博士(工学)取得),2008年より現職。主な研究分野は,超音波エレクトロニクス,熱音響工学,エネルギー変換など。著書に『熱音響現象を用いた冷却システムついて−熱音響冷却システム−』( 超音波利用技術集成,エヌ・ティー・エス)がある。電子情報通信学会学術奨励賞,日本音響学会佐藤論文賞受賞。趣味はテニス,映画鑑賞,読書,つり。「われわれが取り組んでいる“ 熱音響現象”は,これまでの音についての概念を覆し,熱と音波の関わりによる仕事や熱の輸送というエネルギー輸送と,仕事から熱,また熱から仕事へのエネルギー変換を可能とする。新しいコンセプトによって見いだされた熱音響現象は,多様な分野で応用化が検討されている。可動部がないことや廃熱の利用が可能などの利点を生かし,環境負荷が極めて小さい熱音響冷却システムや熱音響エンジンなどが実現できる可能性がある。この現象を多くの研究者・技術者に知っていただき,利用していただければ幸いです。」
http://ctt.doshisha.ac.jp

高木堅志郎(たかぎ・けんしろう)
株式会社金門製作所顧問。工学博士。1970 年東京大学大学院修士課程修了。1982 年東京大学生産技術研究所助手,1879 年同講師,1981 年同助教授,1989年同教授,2007 年3 月定年退職,4 月より現職。東京大学名誉教授。主な研究分野は,フォノン物性,光散乱,超音波基礎。著書に『超音波便覧』(丸善),『こうもりのヒソヒソ話』(裳華房)がある。

saito img 斉藤嘉一(さいとう・よしかず)
アロカシステムエンジニアリング株式会社技術部情報システム1 グループ課長。1980 年工学院大学卒。同年アロカ株式会社入社。主に輸出向け超音波診断装置の企画・開発を担当し, 日本発のDICOM対応超音波診断装置や,世界初の量産型産婦人科向けRT3D装置の実現に携わった。現在は超音波診断部門のレポート作成支援システムの開発を手がけている。
http://www.aloka.co.jp

金井 浩(かない・ひろし)
東北大学大学院工学研究科・医工学研究科教授。工学博士。1986 年東北大学大学院工学研究科( 電気及通信工学専攻)博士課程後期3 年課程修了。同年同大学助手,1990 年同大学工学部講師,1992年同大学同学部助教授を経て,2005 年より現職( 電子工学専攻電子制御工学講座)。主な研究分野は医用システム,超音波医工学。著書『音・振動のスペクトル解析』( コロナ社),『音・振動による診断工学』(共著,コロナ社)ほか多数。
http://www.ecei.tohoku.ac.jp/~hkanai/index_j.html

shirahama img 白浜圭也(しらはま・けいや)
慶應義塾大学理工学部物理学科准教授。理学博士。主な研究分野は低温物理学,特に超流動ヘリウムに関連した実験。著書に『現代物理最前線6 』( 共立出版)がある。
個人:http://www.phys.keio.ac.jp/faculty/sirahama/sirahama-jp.html

研究室:http://www.phys.keio.ac.jp/guidance/labs/sirahama/sirahama-lab-jp.html


ie img 家 泰弘(いえ・やすひろ)
東京大学物性研究所所長。理学博士。1979 年東京大学大学院(物理学専攻)博士課程修了。同年東京大学物性研究所助手,1982 年ベル研究所研究員,1984 年IBM T. J. ワトソン研究所研究員,1985年東京大学物性研究所助教授,1994 年同教授を経て,2008 年より現職。主な研究分野は,低温物性実験。著書に『物性物理』(産業図書),『量子輸送現象』(岩波書店),『超伝導』(朝倉書店),訳書に『自然のしくみ百科』(丸善)などがある。趣味は,テニス,バドミントン,ランニングなど身体を動かすことなんでも(最近,これにサイクリングが加わった),乱読,囲碁,将棋,クラシックギターの実力不相応の楽譜を集めること。
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/frontier/iye/

kuga img 久我隆弘(くが・たかひろ)
東京大学大学院総合文化研究科教授。理学博士。1986 年東京大学大学院理学系研究科( 物理学専攻)修了。AT&Tベル研究所客員科学者,東京大学物性研究所助手,東京大学教養学部助教授を経て,2001 年より現職。主な研究分野は量子エレクトロニクス,量子光学。著書に『量子光学』( 朝倉書店),『レーザー冷却とボーズ凝縮』( 岩波書店)がある。趣味は温泉とジョギング,楽しめてためになる学生向け物理学実験のプロデュース。家族は,妻,息子1人。
http://photon.c.u-tokyo.ac.jp/~kuga/index-j.html

hara img 原 康夫(はら・やすお)
工学院大学CPDセンター客員教授,筑波大学名誉教授。理学博士。1962年東京大学大学院数物系研究科博士課程修了。東京教育大学理学部助手,助教授を経て,1975年筑波大学物理学系教授,1997年定年退職後,7年間帝京平成大学情報学部教授を勤める。現在は,教科書執筆のかたわら,工学院大学客員教授として高校などで出前授業を行っている。1977年仁科記念賞受賞。主な研究分野は,素粒子論,物理教育。著書に『量子力学』(岩波書店),『素粒子物理学』(裳華房),『物理学基礎』(学術図書)などがある。趣味は合唱,オペラ鑑賞。家族は妻。

土井恒成(どい・こうせい)
隠居人。理学博士。1973年東京大学理学部卒業後,大学院の5年間は東京大学・宇宙航空研究所(当時)でX線天文学を専攻。学位取得後,1978年から86年まで都内の私立校(中・高)で教鞭をとる。この間,1982〜83年にはBritish Council Scholarshipを得て英国レスター大学に遊学。教職を辞して(early retirement)後は晴耕雨読(最近は“晴読雨読”ときに翻訳や執筆)。趣味は鍵盤がついたもの(ピアノ,チェンバロ,パソコン)。

(掲載順)



index 2008index 7月号目次 7月号目次