index 2008index 5月号目次 5月号目次
執筆者・翻訳者紹介


ie img 家 泰弘(いえ・やすひろ)
東京大学物性研究所所長。理学博士。1979年東京大学大学院(物理学専攻)博士課程修了。同年東京大学物性研究所助手,1982年ベル研究所研究員,1984年IBM T. J. ワトソン研究所研究員,1985年東京大学物性研究所助教授,1994年同教授を経て,2008年より現職。主な研究分野は,低温物性実験。著書に『物性物理』(産業図書),『量子輸送現象』(岩波書店),『超伝導』(朝倉書店),訳書に『自然のしくみ百科』(丸善)などがある。趣味は,テニス,バドミントン,ランニングなど身体を動かすことなんでも(最近,これにサイクリングが加わった),乱読,囲碁,将棋,クラシックギターの実力不相応の楽譜を集めること。
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/frontier/iye/

akimitsu img 秋光 純(あきみつ・じゅん)
青山学院大学理工学部教授。理学博士。1970年東京大学大学院理学系研究科修了。東京大学物性研究所助手,青山学院大学助教授を経て,1982年より現職。研究分野は磁性と超伝導。妻と2人でやさしい物理学の本を執筆中。趣味として古典を読んで老後をどう過ごすか思案中だが,考えているだけで実行はしない(できない?)。子供はすでに独立し,妻と2人暮らし。
http://www.phys.aoyama.ac.jp/~w3-jun/

hiroi img 広井善二(ひろい・ぜんじ)
東京大学物性研究所教授。理学博士。1983年京都大学理学部卒,1987年京都大学大学院理学研究科博士後期課程中途退学。同年京都大学化学研究所文部技官,同助手,助教授を経て,1998年東京大学物性研究所助教授,2004年より現職。主な研究分野は,強相関電子系における物質探求。趣味は血糖値コントロール。
http://hiroi.issp.u-tokyo.ac.jp/

sato img 佐藤正俊(さとう・まさとし)
名古屋大学大学院理学研究科教授。理学博士。1974年東京大学大学院理学系研究科(物理)修了。1975年東京大学物性研究所助手,1985年岡崎国立共同研究機構分子科学研究所助教授,1990年名古屋大学理学部教授を経て,1996年より大学の組織換えに伴い現職。この間,1978年英国ハーウェル原子力研究所(1年間),1980年米国ブルックヘブン国立研究所(1年間)。主な研究分野は電子物性,酸化物超伝導,中性子散乱。著書に『高温超伝導の科学』(共同執筆,裳華房),“Experimental studies on singlet formation in high-Tc oxides and quantum spin systems”(Physics and Chemistry of Transition Metal Oxides, ed.by H. Fukuyama and N. Nagaosa, Springer Series vol. 125, 1999)などがある。
http://b-lab.phys.nagoya-u.ac.jp/

maeno img 前野悦輝(まえの・よしてる)
京都大学大学院理学研究科(物理学宇宙物理学専攻)教授。Ph.D. 1984年カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)修了。広島大学理学部助手,同助教授,京都大学理学研究科助教授,京都大学国際融合創造センター教授を経て,2006年より現職。この間,1988〜1989年スイスIBMチューリッヒ研究所にてベドノルツ博士のもとで研究。元素の立体周期表「エレメンタッチ」を考案。主な研究分野は低温物理学。
http://www.ss.scphys.kyoto-u.ac.jp

takano img 高野義彦(たかの・よしひこ)
物質・材料研究機構ナノフロンティア材料グループリーダー。理学博士。1995年横浜市立大学総合理学研究科博士課程修了。同年東京大学物性研究所中核的研究機関研究員,横浜国立大学・中核的研究機関研究員,東京大学物性研究所・学振特別研究員PDを経て,1999年物質・材料研究機構(当時の金属材料技術研究所)研究員,2006年より現職。主な研究分野は超伝導と磁性の物理,ダイヤモンド,高温超伝導,固有接合,新超伝導探索。見て美しく,そして,超伝導という興味深い現象が起こるダイヤモンド。こんなすてきな材料に巡り会うと,研究がまるで趣味のように楽しくなります。趣味は,天文,スキー,バドミントン。
http://www.nims.go.jp/NFM/

aoki img 青木秀夫(あおき・ひでお)
東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)教授。理学博士。1978年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。同年同大学理学部助手,1980〜1982年ケンブリッジ大学キャヴェンディッシュ研究所客員研究員,1984年筑波大学物質工学系講師,1986年東京大学理学部助教授を経て,1998年より現職。主な研究分野は物性物理学理論。著書に,“Physics Meets Mineralogy ― Condensed-Matter Physics in Geosciences”(Cambridge Univ. Press); 『多体電子論(全3巻)』(東京大学出版会)などがある。趣味はクラシック音楽,ピアノ演奏。家族は妻,娘,ゴールデン・レトリーバー。
http://cms.phys.s.u-tokyo.ac.jp

hosono img 細野秀雄(ほその・ひでお)
東京工業大学フロンティア研究センター&応用セラミックス研究所教授。工学博士。1982年東京都立大学大学院博士課程修了。名古屋工業大学,分子科学研究所,東京工業大学助教授などを経て,1999年より現職。1999〜2004年ERATO「透明電子活性プロジェクト」総括責任者,2002〜2007年MEXT COE-21プロジェクト「産業化を目指したナノ材料開拓と人材育成」拠点リーダー。主な研究分野は無機材料科学(特に透明酸化物の機能探索)。著書に『透明金属が拓く驚異の世界』(ソフトバンク サイエンスアイ新書)。趣味は落語と猫。家族は妻と娘1人。
http://lucid.msl.titech.ac.jp/~www/

ebisu img 戎崎俊一(えびすざき・としかず)
理化学研究所主任研究員。理学博士。1986年東京大学大学院理学系研究科(天文学専門課程)博士課程修了。在学中1985年日本学術振興会特別研究員。1986年米国National Research CouncilのResident Research Associate,1988年神戸大学大学院自然科学研究科助手,1989年東京大学教養学部助手,1991年同助教授を経て,1995年より現職。1999年同研究所情報基盤研究部長,2003年同研究所計算宇宙物理研究室。主な研究分野は宇宙物理学,計算物理学。著書『ゼミナール宇宙科学』(東京大学出版会),『宇宙の進化』『生体系のコンピュータシミュレーション』(共著,化学同人)ほか多数。趣味はジョギング,カラオケ,家庭菜園。
http://atlas.riken.jp/jp/index.html

kimura img 木村 薫(きむら・かおる)
東京大学大学院新領域創成科学研究科(物質系専攻)教授。理学博士。1984年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。同年同大学物性研究所竹内研究室助手,1989年同大学工学部金属材料学科講師,1992年同大学同学部材料学科助教授(1993〜1994年ゲルハート・メルカトール大学ドゥイスブルク客員研究員)を経て,1999年より現職。主な研究分野はナノスペース機能学,材料物性学。著書に『ホウ素・ホウ化物の基礎と応用』(共著,シーエムシー出版),『熱電変換材料』(共著,日刊工業新聞社)がある。趣味はフェンシング,観劇。家族は妻。
http://www.phys.mm.t.u-tokyo.ac.jp

nakanishi img 中西友子(なかにし・ともこ)
東京大学大学院農学生命科学研究科教授。理学博士。1978年東京大学大学院理学系研究科(化学専門課程)博士課程修了。主な研究分野は放射線植物生理学。著書に『水の特性と新しい利用技術』(分担執筆,エヌ・ティー・エス)がある。趣味は語学。
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/radio-plantphys/index.html

hara img 原 康夫(はら・やすお)
工学院大学CPDセンター客員教授,筑波大学名誉教授。理学博士。1962年東京大学大学院数物系研究科博士課程修了。東京教育大学理学部助手,助教授を経て,1975年筑波大学物理学系教授,1997年定年退職後,7年間帝京平成大学情報学部教授を勤める。現在は,教科書執筆のかたわら,工学院大学客員教授として高校などで出前授業を行っている。1977年仁科記念賞受賞。主な研究分野は,素粒子論,物理教育。著書に『量子力学』(岩波書店),『素粒子物理学』(裳華房),『物理学基礎』(学術図書)などがある。趣味は合唱,オペラ鑑賞。家族は妻。

tsuda img 津田雄一(つだ・ゆういち)
宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部宇宙航行システム研究系助教。博士(工学)。2003年東京大学大学院工学系研究科(航空宇宙工学専攻)修了。大学時代,2003年にロシアより打ち上げた人工衛星CubeSatのプロジェクトマネージャーを務める。JAXAでは,深宇宙探査ミッション,近地球ミッションのミッション計画,軌道設計等を担当。上記の経歴に関連して,下記の書籍に主人公として登場している。『上がれ!空き缶衛星』(川島レイ,新潮社),『キューブサット物語〜超小型手作り衛星,宇宙へ』(川島レイ,エクスナレッジ)。主な研究分野は軌道計画,宇宙機の誘導制御。飛行機操縦を趣味にしていたがお金が続かず最近はやっていない。妻と娘の3人暮し。

土井恒成(どい・こうせい)
隠居人。理学博士。1973年東京大学理学部卒業後,大学院の5年間は東京大学・宇宙航空研究所(当時)でX線天文学を専攻。学位取得後,1978年から86年まで都内の私立校(中・高)で教鞭をとる。この間,1982〜83年にはBritish Council Scholarshipを得て英国レスター大学に遊学。教職を辞して(early retirement)後は晴耕雨読(最近は“晴読雨読”ときに翻訳や執筆)。趣味は鍵盤がついたもの(ピアノ,チェンバロ,パソコン)。

(掲載順)


index 2008index 5月号目次 5月号目次