index 2008index 4月号目次 4月号目次
執筆者・翻訳者紹介


ie img 家 泰弘(いえ・やすひろ)
東京大学物性研究所所長。理学博士。1979年東京大学大学院(物理学専攻)博士課程修了。同年東京大学物性研究所助手,1982年ベル研究所研究員,1984年IBM T. J. ワトソン研究所研究員,1985年東京大学物性研究所助教授,1994年同教授を経て,2008年より現職。主な研究分野は,低温物性実験。著書に『物性物理』(産業図書),『量子輸送現象』(岩波書店),『超伝導』(朝倉書店),訳書に『自然のしくみ百科』(丸善)などがある。趣味は,テニス,バドミントン,ランニングなど身体を動かすことなんでも(最近,これにサイクリングが加わった),乱読,囲碁,将棋,クラシックギターの実力不相応の楽譜を集めること。
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/frontier/iye/

uchida img 内田慎一(うちだ・しんいち)
東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)教授。工学博士。1976年東京大学大学院(物理工学専攻)修了。同年東京大学工学部助手,1981年マックス・プランク グルノーブル強磁場研究所客員研究員,1986年東京大学工学部講師,1992年同教授,1999年同大学大学院新領域創成科学研究科教授を経て,2002年より現職。主な研究分野は固体物性物理学,高温超伝導。趣味はトランプ,スキー,速歩。家族は妻と娘1人。
http://lyra.phys.s.u-tokyo.ac.jp

takahashi img (たかはし・たかし)
東北大学大学院理学研究科教授。理学博士。1981年東京大学大学院理学系研究科中退。同年東北大学理学部物理学科助手,1994年同助教授を経て,2001年より現職。主な研究分野は光電子固体物性学。特に高温超伝導体などの強相関電子系。最近は,ナノグラファイト(グラフェン)や量子細線・量子薄膜の研究も行っている。家族は妻(計算化学研究を生業とする)と息子2人,娘1人と犬1匹。
http://arpes.phys.tohoku.ac.jp/

kitaoka img 北岡良雄(きたおか・よしお)
大阪大学大学院基礎工学研究科(物質創成専攻)教授。大阪大学極限量子科学研究センター長(兼任)。理学博士。1976年大阪大学大学院基礎工学研究科(物理系専攻)修士課程修了。1982年神戸大学理学部助手,1985年大阪大学基礎工学部助手,1990年同助教授を経て,1997年より現職。主な研究分野は物性物理学の最先端分野である「多電子集団が強く相互作用する系」強相関電子系(高温超伝導,重い電子系の特異な超伝導,磁性と超伝導の融合など)の新現象の発見や機構解明。家族は妻と1男1女(娘と息子はすでに独立)。趣味は,テニス,孫娘との遊び,行き当たりばったりのドライブ旅行。
http://nmr.mp.es.osaka-u.ac.jp/

yamada img 山田和芳(やまだ・かずよし)
東北大学原子分子材料科学高等研究機構教授。理学博士。1972年東北大学理学部卒。1979年日本学術振興会奨励研究員,1980年東北大学理学部助手,1994年同助教授,1998年京都大学化学研究所教授,2003年東北大学金属材料研究所教授,2007年より現職。この間,1988〜1989年ブルックヘブン国立研究所客員研究員(併任),2007年から中性子科学会会長。主な研究分野は,固体物性,中性子散乱。学生や若い研究者向けに,研究室で手作りのニュースレター「しまもよう」を発行。趣味は,料理,テニス。
http://www.yamada-lab.imr.tohoku.ac.jp/jp/index.html

imada img 今田正俊(いまだ・まさとし)
東京大学大学院工学系研究科(物理工学専攻)教授。理学博士。1981年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。東京大学物性研究所教授を経て,2006年より現職。主な研究分野は物性理論。著書に『統計物理学』(丸善)がある。
http://www.solis.t.u-tokyo.ac.jp/index.html

toyoda img 豊田健二(とよだ・けんじ)
大阪大学大学院基礎工学研究科助教。理学博士。1999年京都大学大学院理学研究科(物理学・宇宙物理学専攻)修了。同年大阪大学大学院基礎工学研究科助手,2007年職名変更により現職。主な研究分野は原子物理学(イオントラッピング,レーザー冷却),レーザー分光学。趣味は音楽鑑賞(バッハからハードロックまで幅広く聴く),サッカー観戦。
http://www.qe.ee.es.osaka-u.ac.jp

kobatake img 小畠英理(こばたけ・えいり)
東京工業大学大学院生命理工学研究科准教授。工学博士。1990年東京工業大学大学院博士課程修了。同大学助手,講師,助教授を経て,2007年より現職。主な研究分野はタンパク質工学,細胞・組織工学。著書に『ナノバイオ計測の実際』(講談社,共編・共著)がある。
http://www.neobio.bio.titech.ac.jp/

kato img 加藤万里子(かとう・まりこ)
慶應義塾大学理工学部教授。理学博士。1981年立教大学理学研究科博士課程修了。専門は天体物理学(新星の理論など)。日本天文学会 林忠四郎賞(2004年;蜂巣泉氏と)受賞。昨年度はイタリア(パドヴァ)に滞在。前半は夫もいっしょで,後半は1人暮らし。娘はおばあちゃんと日本で暮らす。いろいろな趣味のうち,旅行と写真,博物館めぐり,文章書きは満たされたが,本屋さんで漫画の立ち読みができなくて寂しく,夫や娘が日本の食品を持ってきてくれるのが楽しみだった。出発前に少し勉強したイタリア語はぜんぜん上達せず(2007年1月号の編集後記に変な発音を書いたが,物理はフィージカ,パリティはパリタだった)。せっかく1年間あるので,何か違うことをしようとあれこれ夢みていたが,結局達成できたのは,毎日1万歩あるいたこと(健康になった)と,パドヴァ滞在記http:// sunrise.hc.keio.ac.jp/~mariko/astro.html を書いたことだ。
http://sunrise.hc.keio.ac.jp/~mariko/astro.html

hara img 原 康夫(はら・やすお)
工学院大学CPDセンター客員教授,筑波大学名誉教授。理学博士。1962年東京大学大学院数物系研究科博士課程修了。東京教育大学理学部助手,助教授を経て,1975年筑波大学物理学系教授,1997年定年退職後,7年間帝京平成大学情報学部教授を勤める。現在は,教科書執筆のかたわら,工学院大学客員教授として高校などで出前授業を行っている。1977年仁科記念賞受賞。主な研究分野は,素粒子論,物理教育。著書に『量子力学』(岩波書店),『素粒子物理学』(裳華房),『物理学基礎』(学術図書)などがある。趣味は合唱,オペラ鑑賞。家族は妻。

kawachi img 河内啓二(かわち・けいじ)
東京大学大学院工学系研究科(航空宇宙工学専攻)教授。工学博士。1975年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。同年科学技術庁航空宇宙技術研究所(現JAXA)研究員。1978年NASAエイムス研究所NRC客員研究員,1981年東京大学工学部助教授を経て,1991年より現職。主な研究分野は飛行力学,ヘリコプタ工学,生物の飛行・泳法。
http://www.kawachi.rcast.u-tokyo.ac.jp/

土井恒成(どい・こうせい)
隠居人。理学博士。1973年東京大学理学部卒業後,大学院の5年間は東京大学・宇宙航空研究所(当時)でX線天文学を専攻。学位取得後,1978年から86年まで都内の私立校(中・高)で教鞭をとる。この間,1982-83年にはBritish Council Scholarshipを得て英国レスター大学に遊学。教職を辞して(early retirement)後は晴耕雨読(最近は“晴読雨読”ときに翻訳や執筆)。趣味は鍵盤がついたもの(ピアノ,チェンバロ,パソコン)。

(掲載順)


index 2008index 4月号目次 4月号目次