index 2007index 11月号目次 11月号目次
執筆者・翻訳者紹介

sekii img 関井 隆(せきい・たかし)
国立天文台太陽天体プラズマ研究部准教授。理学博士。1990年東京大学大学院理学系研究科(天文学専攻)博士課程修了。同年ケンブリッジ大学天文学研究所研究員,2000年国立天文台太陽天体プラズマ研究部助教授,2007年職名変更により現職。主な研究分野は太陽における波動現象とこれを使った内部探査(日震学)。趣味は読書と料理。家族は妻と娘1人,息子1人。

taniguchi img 谷口義明(たにぐち・よしあき)
愛媛大学教授,宇宙進化研究センター長。理学博士。1984年東北大学大学院博士課程修了。1987年東京大学東京天文台助手,1988年東京大学理学部天文学教育研究センター助手,1991年東北大学大学院理学研究科(天文学専攻)助教授,2006年愛媛大学大学院理工学研究科教授,2007年11月より現職。主な研究分野は,銀河,活動銀河中心核。著書に『宇宙のはてで銀河に会いたい』(丸善),『不思議な銀河の物語』,『生れたての銀河を探して』,『銀河もウルトラをめざす』(以上,裳華房),『銀河の育ち方』(地人書館),『クェーサーの謎』,『暗黒宇宙の謎』(以上,講談社ブルーバックス),『宇宙を読む』(中公新書)がある。趣味はガーデニング。家族は妻。
http://cosmos.phys.sci.ehime-u.ac.jp/Cosmos/

sugiyama img 杉山 直(すぎやま・なおし)
名古屋大学大学院理学研究科教授。理学博士。1989年広島大学理学研究科博士課程修了。同年京都大学理学部研究員(素粒子奨学生,日本学術振興会特別研究員),1991年東京大学理学部助手,1993年米国カリフォルニア大学バークレー校研究員,1996年京都大学大学院理学研究科助教授,2000年国立天文台理論天文学研究系教授,2006年より現職。2001年西宮‐湯川記念賞受賞。主な研究分野は宇宙論,特に宇宙マイクロ波背景放射。著書に『膨張宇宙とビッグバンの物理』(岩波書店),『宇宙 その始まりから終わりへ』(朝日新聞社)などがある。趣味はクラシック音楽。
http://aserv.a.phys.nagoya-u.ac.jp/theory/index-j.html

honma img 本間希樹(ほんま・まれき)
国立天文台水沢VERA観測所准教授。博士(理学)。1999年東京大学大学院理学系研究科(博士課程)修了。同年国立天文台水沢観測センターCOE研究員,2000年国立天文台地球回転研究系助手,2007年より現職。主な研究分野は,銀河系天文学,電波天文学。著書に『シリーズ現代の天文学 第4巻 銀河機戞悒轡蝓璽左渋紊療景験悄‖5巻 銀河供戞憤幣紂ざζ閏紘,日本評論社),『天文学大事典』(共同執筆,地人書館)がある。趣味はクラシック音楽鑑賞。家族は,妻,娘1人。
http://veraserver.mtk.nao.ac.jp/index-J.html

sumi img 住 貴宏(すみ・たかひろ)
名古屋大学太陽地球環境研究所助教。理学博士。2002年名古屋大学理学研究科(素粒子物理学専攻)博士課程後期修了。同年名古屋大学太陽地球環境研究所協力研究員,2002年プリンストン大学研究員(仁科財団海外特別研究員,2003年日本学術振興会海外特別研究員),2006年名古屋大学太陽地球環境研究所助手,2007年より現職。主な研究分野は,重力マイクロレンズ, 高精度位置天文観測を用いた,銀河構造,太陽系外惑星の研究。アピールポイントは,行動力。趣味は野球。
http://www.stelab.nagoya-u.ac.jp/~sumi/

ito img 伊藤好孝(いとう・よしたか)
名古屋大学太陽地球環境研究所教授。博士(理学)。1995年京都大学理学研究科単位取得退学。同年東京大学宇宙線研究所神岡宇宙素粒子研究施設助手,2000年同助教授を経て2004年より現職。主な研究分野は,宇宙線物理,ニュートリノ物理,暗黒物質など,宇宙と素粒子の境界分野の実験的研究。趣味は楽器演奏。家族は妻1人子1人。
http://www.stelab.nagoya-u.ac.jp/~itow/

minowa img 蓑輪 眞(みのわ・まこと)
東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)教授。理学博士。1978年京都大学大学院理学研究科博士課程修了。1979年東京大学理学部付属素粒子物理国際協力施設助手等を経て2001年より現職。主な研究分野は,加速器を用いない素粒子物理学の実験的研究。趣味は冗談とPIC。
http://www.icepp.s.u-tokyo.ac.jp/~minowa/Minowa_Group.htm

nojiri img 野尻美保子(のじり・みほこ)
高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所教授。理学博士。1990年京都大学理学研究科博士課程修了。同年日本学術振興会特別研究員,1992年4月仁科財団海外派遣研究員(SLAC),同年9月ウィスコンシン大学マジソン校研究員,1993年高エネルギー研究所助手,1997年京都大学基礎物理学研究所助教授,2006年より現職。主な研究分野はLHCなど将来のコライダー計画における素粒子の現象論,暗黒物質の現象論。家族は夫,子供2人。
http://soken-pn.kek.jp/riron/index.html

okuda img 奥田雄一(おくだ・ゆういち)
東京工業大学理工学研究科教授。工学博士。1973年京都大学理学部物理学科卒。1980年東京大学物性研究所助手,1989年東京工業大学理学部応用物理学科助教授,1998年より現職。主な研究分野は,低温物理学,量子液体・固体。
http://www.ltp.ap.titech.ac.jp/

tada img 多田 司(ただ・つかさ)
理化学研究所仁科加速器研究センター副主任研究員。理学博士。1991年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。素粒子奨学生,日本学術振興会特別研究員,日本学術振興会海外特別研究員,高エネルギー加速器研究機構COE研究員,東和大学助教授等を経て現職。主な研究分野は,素粒子論,弦理論。趣味はセーリング,ジョギング。家族は妻と生まれたばかりの娘一人。本稿は育児休業中に執筆。
http://www.riken.go.jp/lab-www/theory/

kuga img 久我隆弘(くが・たかひろ)
東京大学大学院総合文化研究科教授。理学博士。1986年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)修了。AT&Tベル研究所客員科学者,東京大学物性研究所助手,東京大学教養学部助教授を経て,2001年より現職。主な研究分野は量子エレクトロニクス,量子光学。著書に『量子光学』(朝倉書店),『レーザー冷却とボーズ凝縮』(岩波書店)がある。趣味は温泉とジョギング,楽しめてためになる学生向け物理学実験のプロデュース。家族は,妻,息子1人。
http://photon.c.u-tokyo.ac.jp/~kuga/index-j.html
matsuo img 松尾由賀利(まつお・ゆかり)
理化学研究所先任研究員。理学博士。1987年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。1987年米ミシガン州立大学博士研究員,1989年西独マックスプランク量子光学研究所客員研究員,1990年理化学研究所研究員,1996年理化学研究所先任研究員,2003年独法化により独立行政法人理化学研究所先任研究員(現職)。主な研究分野は,レーザー分光学,レーザーアブレーション。趣味はゴルフ,ピアノ,ランニング,南の島のリゾート。家族は,平日単身赴任の夫。

nakamoto img 中本泰史(なかもと・たいし)
京工業大学理工学研究科准教授。博士(理学)。1993年東京大学大学院理学系研究科修了。同年日本学術振興会特別研究員(国立天文台),1994年筑波大学物理学系助手,2004年同講師,2006年東京工業大学助教授を経て,2007年職名変更により現職。主な研究分野は宇宙物理学,惑星科学(特に,星・惑星系の形成過程)。著書に『天文の事典』(朝倉書店,「太陽系の起源」を担当),『シミュレーション天文学』(日本評論社,「放射輸送計算」の章を担当)がある。

土井恒成(どい・こうせい)
隠居人。理学博士。1973年東京大学理学部卒業後,大学院の5年間は東京大学・宇宙航空研究所(当時)でX線天文学を専攻。学位取得後,1978年から86年まで都内の私立校(中・高)で教鞭をとる。この間,1982-83年にはBritish Council Scholarshipを得て英国レスター大学に遊学。教職を辞して(early retirement)後は晴耕雨読(最近は“晴読雨読”ときに翻訳や執筆)。趣味は鍵盤がついたもの(ピアノ,チェンバロ,パソコン)。

(掲載順)


index 2007index 11月号目次 11月号目次