index 2007index 9月号目次 9月号目次
執筆者・翻訳者紹介

tazaki img 田崎晴明(たざき・はるあき)
学習院大学理学部教授。理学博士。1986年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。その後,プリンストン大学講師,学習院大学理学部助教授等を経て,1999年より現職。主な研究分野は数理物理学,理論物理学。著書に『くりこみ群の方法』(共著,岩波書店),『熱力学――現代的な視点から』(培風館)などがある。また,http://www.gakushuin.ac.jp/~ 881791/では『日々の雑感』を好評(?)公開中。趣味は,会議と試験の採点と学科主任の雑用以外の,今やっていることすべて(趣味でないことが年々増えていくのが悲しい)。家族は妻,娘,息子,各1名。
http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/

ie img 家 泰弘(いえ・やすひろ)
東京大学物性研究所教授。理学博士。1979年東京大学大学院(物理学専攻)博士課程修了。同年東京大学物性研究所助手,1982年ベル研究所研究員,1984年IBM T. J. ワトソン研究所研究員,1985年東京大学物性研究所助教授を経て,1994年より現職。主な研究分野は,低温物性実験。著書に『物性物理』(産業図書),『量子輸送現象』(岩波書店),『超伝導』(朝倉書店),訳書に『自然のしくみ百科』(丸善)などがある。趣味は,テニス,バドミントン,ランニングなど身体を動かすことなんでも(最近,これにサイクリングが加わった),乱読,囲碁,将棋,クラシックギターの実力不相応の楽譜を集めること。
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/frontier/iye/

aoyama img 青山秀明(あおやま・ひであき)
京都大学大学院理学研究科教授。Ph.D. 1982年カリフォルニア工科大学博士課程修了。スタンフォード線型加速器センター理論部博士研究員,ハーヴァード大学客員研究員等を経て,1988年京都大学助手,1989年同助教授,1998年同教授。主な研究分野は,素粒子論,経済物理学,理論物理学全般。著書に『力学』(学術図書出版社),『パレート・ファームズ―企業の興亡とつながりの科学―』(共著,日本経済評論社)がある。趣味はスカッシュ,猫4匹と戯れること。

yagi img 八木健彦(やぎ・たけひこ)
東京大学物性研究所教授。理学博士。1976年東京大学大学院博士課程(地球物理学専攻)修了。カーネギー研究所博士研究員,東京大学物性研究所助手,東北大学金属材料研究所助教授,東京大学物性研究所助教授を経て1997年より現職。その間ドイツ・パーダーボルン大学,バイロイト大学,パリ大学等で客員等をつとめる。主な研究分野は,高圧地球科学,超高圧物理学。Humboldt Research Award (2000), Bridgman Award (2007)を受賞。著書に『超高圧の世界』(岩波講座 物理の世界)がある。趣味は自分で建てた山小屋で過ごしながら,野菜やさまざまな植物を育てること。家族は妻。

曽我部正博(そかべ・まさひろ)

morinaga img 森永 実(もりなが・まこと)
電気通信大学レーザー新世代研究センター助教。博士(工学)。1990年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)修士課程修了。1991年同大学大学院工学系研究科(物理工学専攻)助手,1999年電気通信大学レーザー新世代研究センター助手を経て,2007年職名変更により現職。この間,1998〜1999年仏高等師範学校カスラー・ブルッセル研究所客員研究員。主な研究分野は中性原子のレーザー冷却,原子光学,物理学。趣味は壊れたカメラを直すこと,双眼鏡で天体を見ること,モノ作り全般。妻と娘の3人暮らし。
http://www.ils.uec.ac.jp/~morinaga/

kaifu img 海部宣男(かいふ・のりお)
放送大学教授・国立天文台名誉教授。理学博士。1969年東京大学大学院理学系研究科中退。同年東京大学理学部助手,1979年同東京天文台助教授,1988年国立天文台教授を経て,2000年国立天文台台長,2006年退職。ミリ波天文学にとり組み,野辺山宇宙電波観測所の建設,星間物質と星・惑星系形成の観測的研究を進める。1990年よりすばるプロジェクトを推進,1994年統括責任者,1997年よりハワイ観測所長としてすばる望遠鏡を完成。2003年まで国際天文学連合副会長。1987年仁科記念賞,1998年日本学士院賞を受賞。著書に,『銀河から宇宙へ』(新日本新書),『宇宙の謎はどこまで解けたか』(新日本出版社),『宇宙をうたう』(中公新書),『望遠鏡』(岩波書店),『すばる望遠鏡の宇宙』(岩波新書)ほか多数。趣味は読書以外は中途半端。子供4人は独立し,目下,妻・重美と2人生活。

sekii img 関井 隆(せきい・たかし)
国立天文台太陽天体プラズマ研究部准教授。理学博士。1990年東京大学大学院理学系研究科(天文学専攻)博士課程修了。同年ケンブリッジ大学天文学研究所研究員,2000年国立天文台太陽天体プラズマ研究部助教授,2007年職名変更により現職。主な研究分野は太陽における波動現象とこれを使った内部探査(日震学)。趣味は読書と料理。家族は妻と娘1人,息子1人。

doi img 土井美和子(どい・みわこ)
(株)東芝研究開発センター技監。博士(工学)。1979年東京大学大学院(工学系電気工学専攻)博士課程修了。現在,日本学術会議会員,総務省情報通信審議会委員,文部科学省大学設置・学校法人審議会委員大学設置分科会,科学技術・学術審議会専門委員(学術分科会,研究計画・評価分科会),情報処理学会副会長,ヒューマンインタフェース学会副会長などを務める。「ヒューマンインタフェース」を専門分野とし,日本語ワープロ,機械翻訳,電子出版,CG,VR,ジェスチャインタフェース,道案内サービス,ウェアラブルコンピュータ,モバイルEC,ネットワークロボットの研究開発に従事している。著書に『2010年コンテンツ産業に必要な8つの要件d-コマース宣言』(共著,ASCII BOOKS),『ソフトウェアの匠供戞紛γ,日経BP)などがある。趣味は神輿と園芸。

watanabe img 渡部潤一(わたなべ・じゅんいち)
自然科学研究機構国立天文台天文情報センター准教授。理学博士。1983年東京大学理学部卒。1987年東京大学東京天文台助手,1988年国立天文台光学赤外線天文学研究系助手,1994年国立天文台広報普及室長を兼務(03年まで),1998年国立天文台天文情報公開センター助教授,2005年天文情報センター広報室長,2006年天文情報センター長,広報室長兼務,准教授。1988年日本交通公社主催・日本旅行記賞,1997年日経サイエンス25周年記念論文賞最優秀賞を受賞。主な研究分野は,流星,彗星,小惑星などの太陽系小天体。著書に『しし座流星雨がやってくる』『巨大彗星が木星に激突するとき』(以上,誠文堂新光社),『星と宇宙の通になる本』『星の地図舘』(小学館,共著),『星と星座』(小学館,共著),『太陽系の果てを探る』(東京大学出版会,共著)がある。趣味は旅行。家族は妻,1男1女。
http://chiron.mtk.nao.ac.jp/watanabe

藤井賢一(ふじい・けんいち)


sakamoto img 坂本泰彦(さかもとやすひこ)
産業技術総合研究所 計量標準総合センター(NMIJ)計測標準研究部門 電磁気計測科 電気標準第2研究室 主任研究員。工学博士。1984年東京工業大学大学院博士課程修了。同年工業技術院電子技術総合研究所(ETL)に入所,1992〜93年ドイツ連邦共和国国立物理工学研究所(PTB)客員研究員,2001年産業技術総合研究所 計量標準総合センター(NMIJ)計測標準研究部門 電磁気計測科。主な研究分野は,直流低周波電気標準。大学では「あいまい計測」の研究に従事,就職してからは「精密計測」の研究に従事したので,あいまいから精密まで視野が広い。趣味は数学モデル鑑賞。
http://staff.aist.go.jp/sakamoto.yasuhiko/

nakamoto img 中本泰史(なかもと・たいし)
東京工業大学理工学研究科(地球惑星科学専攻)准教授。博士(理学)。1993年東京大学大学院理学系研究科(地球物理学専攻)博士課程修了。同年日本学術振興会特別研究員(国立天文台理論天文学研究系),1994年筑波大学物理学系助手,2004年筑波大学数理物質科学研究科(物理学専攻)講師,2006年東京工業大学理工学研究科助教授を経て,2007年職名変更により現職。主な研究分野は宇宙物理学,惑星科学(特に,星・惑星系の形成過程)。著書に『天文の事典』(朝倉書店,「太陽系の起源」の執筆を担当)がある。

suzuki img 鈴木増雄(すずき・ますお)
東京理科大学教授。理学博士。1966年東京大学大学院(物理学専攻)博士課程修了。同年同大学理学部助手,1968年東京大学物性研究所助教授(1969〜1970年コ−ネル大学研究員,1970〜1971年ユトレリト大学客員教授),1973年東京大学理学部助教授(1977年アルバータ大学,ハーバード大学客員教授),1983年東京大学理学部教授を経て,1997年より現職。2000〜2001年日本物理学会会長。今までに,IUPAP熱統計力学委員,文部省科学官,東京大学評議員,仁科財団評議員などを務める。現在,仁科財団常務理事,仁科賞選考委員長,本田財団評議員・選考委員,林原フォーラム顧問委員会委員(座長),日本物理学会監事,久保亮五賞運営委員会委員長,東久留米市図書協議会委員。松永賞,仁科記念賞,井上学術賞,東レ科学技術賞,Hunboldt Reseach Award, 英国物理学会フェロー,紫綬褒章など受賞多数。主な研究分野は,統計力学,数理物理学,計算物理学,物性基礎論。著書『統計力学』,『経路積分の方法』,『くりこみ群の方法』(以上,岩波書店),ほか多数。趣味は,将棋,音楽,映画,水泳。

(掲載順)


index 2007index 9月号目次 9月号目次