index 2007index 6月号目次 6月号目次
執筆者・翻訳者紹介

mizusaki img 水崎純一郎(みずさき・じゅんいちろう)
東北大学多元物質科学研究所教授。工学博士。1975年東京大学大学院工学系研究科(工業化学専門課程)修了。1975年年東京大学工学部助手(1977〜1978年マサチューセッツ工科大学博士研究員),1986年横浜国立大学助教授(環境科学研究センター),1994年東北大学科学計測研究所教授を経て,2001年より研究所改組に伴い現職。現在の主な研究は,高温固体酸化物燃料電池の材料科学と電極反応過程,化学センサー,固体イオニクス材料の化学熱力学,反応,物性。著書に『電気化学法,固体電気化学入門』(共著,講談社サイエンティフィク)など。
http://www.tagen.tohoku.ac.jp/labo/mizusaki/index-j.html

taniguchi img 谷口義明(たにぐち・よしあき)
愛媛大学大学院理工学研究科教授。理学博士。1984年東北大学大学院博士課程修了。1987年東京大学東京天文台助手,1988年東京大学理学部天文学教育研究センター助手を経て,1991年東北大学大学院理学研究科(天文学専攻)助教授,2006年より現職。主な研究分野は,銀河,活動銀河中心核。著書に『宇宙のはてで銀河に会いたい』(丸善),『不思議な銀河の物語』,『生れたての銀河を探して』,『銀河もウルトラをめざす』(以上,裳華房),『銀河の育ち方』(地人書館),『クェーサーの謎』,『暗黒宇宙の謎』(以上,講談社ブルーバックス),『宇宙を読む』(中公新書)がある。趣味はガーデニング。家族は妻。
http://cosmos.phys.sci.ehime-u.ac.jp/Cosmos/

sasada img 佐々田博之(ささだ・ひろゆき)
慶應義塾大学理工学部物理学科教授。理学博士。1981年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。慶應義塾大学理工学部物理学科助手,専任講師,助教授を経て,2004年より現職。この間,1984〜1985年ミシガン州立大学留学。主な研究分野はレーザー分光学,量子エレクトロニクス,光学。著書に『物理学(新訂版)』『新・演習 物理学』(ともに,阿部,川村,佐々田共著,サイエンス社)。趣味は囲碁,コントラクトブリッジ,テニス。家族は妻と娘1人。
http://www.phys.keio.ac.jp/guidance/labs/sasada/sasada-lab.html

shimasaku img 嶋作一大(しまさく・かずひろ)
東京大学大学院理学系研究科准教授。理学博士。1989年東京大学理学部物理学科卒。1993年同大学大学院理学系研究科(天文学専攻)博士課程を中途退学し,東京大学大学院理学系研究科助手,2006年同助教授,2007年職名変更により現職。主な研究分野は銀河天文学。近所の猫を見るのが楽しみ。妻と2人暮らし。
http://www.astron.s.u-tokyo.ac.jp

takata img 高田昌樹(たかた・まさき)
理化学研究所播磨研究所高田構造科学研究室 主任研究員。理学博士。1987年広島大学大学院理学研究科博士課程後期(物性学専攻)単位修得満期退学。同年名古屋大学助手,1997年島根大学助教授,1999年名古屋大学助教授,2002年(財)高輝度光科学研究センター・グループリーダー・部門長を経て2006年より現職。主な研究分野は回折物理学,構造物性学。趣味は写真撮影。家族は妻と娘2人。

sugi img 杉 正人(すぎ・まさと)
気象研究所予報研究部長。理学博士。1974年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)修士課程修了。同年気象庁就職,仙台管区気象台,予報部電子計算室(数値予報課),気象研究所気候研究部,防災科学技術研究所気圏・水圏地球科学技術研究部,気象庁気候・海洋気象部気候情報課を経て,2005年より現職。1984年から2年間フロリダ州立大学気象学部に研究員として滞在。主な研究分野は,数値予報モデル,気候モデル,気象予測,気候予測。趣味は山登り,音楽鑑賞。家族は妻,息子3人。

kobayashi img 小林俊一(こばやし・しゅんいち)
秋田県立大学理事長兼学長。理学博士。1967年大阪大学理学研究科(物理学専攻)博士課程修了。1968〜1998年東京大学。1998年理化学研究所,2004年東京農工大学監事,2006年より現職。専門分野はかつては低温物理学,今は大学管理運営。著書に『パリティ物理学コース 固体物理』(丸善)がある。趣味は,野菜作り,チェロ,水泳。家族は,妻,息子。
http://www.akita-pu.ac.jp/index.htm

吉森昭夫(よしもり・あきお)
大阪大学名誉教授。理学博士。1952年大阪大学理学部物理学科修了。1976年大阪大学基礎工学部教授,1991年定年退官名誉教授,同年岡山理科大学工学部教授(1994-2000年新技術事業団(現科学技術振興機構)さきがけ研究場と反応研究総括),1997年岡山理科大学総合情報学部教授,2001年同学部完成年次定年退職同特任教授,2004年同退職。主な研究分野は,固体物理理論,現在特に表面科学。著書に『物理学最前線31巻 3.固体表面の再構成』(共著,共立出版)がある。趣味は,碁,ボーリング。家族は妻と息子2人。

nakamoto img 中本泰史(なかもと・たいし)
東京工業大学理工学研究科(地球惑星科学専攻)准教授。博士(理学)。1993年東京大学大学院理学系研究科(地球物理学専攻)博士課程修了。同年日本学術振興会特別研究員(国立天文台理論天文学研究系),1994年筑波大学物理学系助手,2004年筑波大学数理物質科学研究科(物理学専攻)講師,2006年東京工業大学理工学研究科助教授を経て,2007年職名変更により現職。主な研究分野は宇宙物理学,惑星科学(特に,星・惑星系の形成過程)。著書に『天文の事典』(朝倉書店,「太陽系の起源」の執筆を担当)がある。

玉垣良三(たまがき・りょうぞう)

(掲載順)


index 2007index 6月号目次 6月号目次