index 2007index 2月号目次 2月号目次
執筆者・翻訳者紹介

ie img 家 泰弘(いえ・やすひろ)
東京大学物性研究所教授。理学博士。1979年東京大学大学院(物理学専攻)博士課程修了。同年東京大学物性研究所助手,1982年ベル研究所研究員,1984年IBM T. J. ワトソン研究所研究員,1985年東京大学物性研究所助教授を経て,1994年より現職。主な研究分野は,低温物性実験。著書に『物性物理』(産業図書),『量子輸送現象』(岩波書店),『超伝導』(朝倉書店)がある。趣味は,テニス,バドミントン,ランニングなど身体を動かすことなんでも(最近,これにサイクリングが加わった),乱読,囲碁,将棋,クラシックギターの実力不相応の楽譜を集めること。
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/frontier/iye/

仁尾真紀子(にお・まきこ)

井下 猛(いのした・たけし)

osaki img 尾崎洋二(おさき・ようじ)
東京大学名誉教授,長崎大学名誉教授。理学博士。1963年東京大学大学院数物系研究科修士課程修了。1964年東京大学理学部助手,1977年同理学部助教授を経て1985年同教授,1999年長崎大学教育学部教授,2004年定年退官。主な研究分野は恒星物理学。2000年日本学士院賞を受賞。著書に『宇宙科学入門』(東京大学出版会),『星はなぜ輝くのか』(朝日新聞社)がある。趣味は絵を描くこと(パステル画と油彩)。家族は妻。

kuga img 久我隆弘(くが・たかひろ)
東京大学大学院総合文化研究科教授。理学博士。1986年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)修了。AT&Tベル研究所客員科学者,東京大学物性研究所助手,東京大学教養学部助教授を経て,2001年より現職。主な研究分野は量子エレクトロニクス,量子光学。著書に『量子光学』(朝倉書店),『レーザー冷却とボーズ凝縮』(岩波書店)がある。趣味は温泉とジョギング,楽しめてためになる学生向け物理学実験のプロデュース。家族は,妻,息子1人
http://photon.c.u-tokyo.ac.jp/~kuga/index-j.html

takigawa img 瀧川 仁(たきがわ・まさし)
東京大学物性研究所教授。理学博士。1983年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。同年東京大学物性研究所技官,1987年ロス・アラモス国立研究所研究員,1990年IBM T. J. ワトソン研究所研究員,1997年より現職。主な研究分野は,NMRを用いた強相関電子系,量子スピン系の実験。趣味はピアノ,フルート。家族は妻,娘2人,息子1人。
http://masashi.issp.u-tokyo.ac.jp/

namiki img 並木雅俊(なみき・まさとし)
高千穂大学教授。1980年東京都立大学大学院理学研究科博士課程中退。物理チャレンジ・オリンピック日本委員会副委員長,日本物理学会Jr.セッション委員会委員長,仁科記念財団嘱託等ボランティア活動で多忙。著書に『ノーベル物理学賞』(ポプラ社),『星と宇宙の物理学読本』(丸善)など。訳書に『アインシュタイン奇跡の年1905』(シュプリンガー・フェアラーク東京),『宇宙の発見』,『アインシュタインと時空の旅』,『ダークマター』(以上,丸善)など。

aoki img 青木慎也(あおき・しんや)
筑波大学数理物質科学研究科教授。理学博士。1987年東京大学理学系大学院(物理学専攻)博士課程修了。同年4月日本学術振興会特別研究員(東京大学理学部),同年9月米国ブルックヘブン国立研究所博士研究員,1989年米国ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校博士研究員,1991年筑波大学物理学系助手,講師,助教授を経て(1997〜1998年文部省在外研究員(マックス・プランク研究所)),2001年より現職(2004年米国理研BNL研究センター・フェロー(兼務))。主な研究分野は,素粒子理論,格子ゲージ理論,格子上のフェルミオン。知識,情報を与えるのではなく,自分で考えることができるようになる論理を伝えたい。また,自分で考えることの快感,楽しさが伝わればと思う。著書に『格子上の場の理論 シュプリンガー現代理論物理学シリーズ3』(シュプリンガー・フェアラーク東京),『格子上のカイラルフェルミオン  現代物理最前線7』(共著,共立出版)がある。家族は妻,息子1人(在松本),娘1人(在ミュンヘン),猫1匹。
http://www-het.ph.tsukuba.ac.jp/

igi img 猪木慶治(いぎ・けいじ)
東京大学理学部名誉教授。理学博士。1961年東京大学大学院(物理学専攻)博士課程修了。1961〜1966年東京教育大学理学部助手(この間,1961〜1963年カリフォルニア大学(バークレー校)研究員,1963〜1964年プリンストン高等学術研究所所員),1966年東京大学理学部講師,1968年同助教授(この間,1968年から1年間,ヨーロッパ連合原子核研究機関(CERN)Visiting Scientist),1981年東京大学理学部教授,1994〜2004年神奈川大学理学部教授。2000年第1回素粒子メダル(松田哲氏と共同)受賞。主な研究分野は素粒子物理学,高エネルギー物理学。著書に『量子力学機き供戞紛γ,講談社サイエンティフィク)がある。趣味は,テニス,水泳(特に古式泳法,神伝流),音楽鑑賞など。

(掲載順)


index 2007index 2月号目次 2月号目次