index top index 2006index  index
2006.12contents
2006.12 contents img

アポロ10号乗組員によって撮影された月の裏側のクレーター。太陽系天体に見られるクレーターのほとんどは天体衝突により形成したと考えられている。くわしくは4ページからの記事「月のクレーターと小惑星」を参照。(ゥNASA)
stamp imgstamp imgstamp img
<今月の切手>
H-IIAロケットの発射(種子島宇宙センター)(上)。岡山天体物理観測所(中)。射手座(下)。
        (万)
article
太陽系の歴史は衝突の歴史
月のクレーターと小惑星
伊藤孝士

古典物理学における,最後の未解決問題
流体乱流から学ぶもの
G. ファルコヴィッチ,K. R. スリーニヴァッサン 木田重雄 訳

予期しない創発こそが,興奮をよぶ
物性物理学の回顧と展望
M. L. コーエン 高田康民 訳
news ノーベル物理学賞:
宇宙マイクロ波背景放射のプランク分布と空間非等方性の発見
杉山 直

ノーベル化学賞:
真核生物における遺伝情報転写に関する研究
小森博文

オンサイト・オンデマンドレーザー
興 雄司

超新星‐ガンマ線バースト関係の新展開
野本憲一

ニュースダイジェスト
P. F. シューウィ,B. P. スタイン,D. カステルヴェッキ
誘導放射による粒子加速/アインシュタインの小さな機械/強いハリケーンと気候変動の関係 ほか
[クローズアップ]
弦理論は検証に堪えられるか
S. J. ゲイツ Jr. 青山昭五 訳

[理科教育]

国際物理オリンピック2006
長谷川修司

[講座]

計算物理 第9回(素粒子編)格子QCDによるクォーク伝搬関数の計算とハドロン質量の評価
青木慎也

[コラム]

メイドインジャパン物理用語 物性編:RKKY相互作用
山田耕作
information corner
フォーラム

1月号予告

パリティ2006年総目次
パリティ2006年総目次〈分野別〉
今月のキーワード
ヘテロ弦 / 標準模型 / LHC

執筆者・翻訳者紹介



今月のパリティ
月のクレーターが物語る太陽系の歴史
太古の昔から人間にとって,月はもっとも身近な天体の1つですが,起源や進化についてまだ多くの謎を秘めています。そのクレーターに着目すると,衝突天体の起源や衝突時期,小惑星との関連など,太陽系全体の歴史にかかわる興味深い事柄をいくつも読みとることができるのです。(p.4)

問題の多様さとその特別な複雑さゆえに……
不規則なふるまいを示す乱流は,簡単に理解できるしろものではありません。でも,乱流は物理学にいくつもの有用な考えや手法を提供してきました。スケール不変性や普遍性といった強力な概念が提案され,予測の問題を具体的な言葉で提示する枠組みが初めて与えられたのです。(p.14)
物理学の,そして現代科学技術の中心
異質ないくつもの専門研究分野が成熟し,1つの学問分野として統一されて成立した物性物理学。現代科学技術の発展において中心的な役割を果たし,ほかの物理学の研究分野に大きな影響を与えてきました。この分野がこれほど巨大に,そして強固に成長したのは驚くに値しません。(p.24)

弦理論の容認と観測データ
弦理論の研究は,観測データの爆発的累積が約束される時代に突入しています。超対称性の実験的観測は,超弦理論の枠組みの大きな確証の1つになるでしょう。もっとも劇的な結果は,すでに知られた素粒子の超対称性パートナーとなる素粒子を直接,実験的に生成することです。(p.48)
時間発展する2次元の受動的スカラー場
時間発展する2次元の受動的スカラー場(p.22)

index top index 2006index  index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら