index top index 2006index  index
2006.06contents
2006.06 contents img

このナノ電気機械振動子では,両端が支持された2組の梁が独立して駆動され,それらの動作は誘起した電気駆動力によって検出される。こうしたナノ電気機械構造が,検出器として,またそれ自体が研究の対象として,どのように量子限界に近づくか,より詳細な内容は,4ページからの解説記事「機械学派の量子力学」を参照。(Image courtesy of Y.-T. Yang and K. Ekinci, Caltech.)
stamp imgstamp img
<今月の切手>
微生物構造(上)。高峰譲吉(1854-1922)。日本・アメリカの化学者。デンプンの分解酵素タカジアスターゼを発見・製造し,世界で初めてアドレナリンの結晶化に成功した(下)。
        (万)
article
電子,準粒子,光子……すべての測定には,運動が含まれている
機械学派の量子力学
K. C. シュワーブ, M. L. ルークス 木塚徳志 訳

巨視的なもつれ合い状態の制御が,将来のテクノロジーの鍵を握る
超伝導量子ビットと量子計算
J. Q. ユー, F. ノリ 大塚洋一 訳

インスピレーションの源としての数学への信仰は,彼を裏切った
アインシュタインの間違い
S. ワインバーグ 向山信治 訳

好奇心に駆られた基礎研究が,重要で実用的な恩恵をもたらした
雷と王権を制した科学者フランクリン
E. P. クライダー 橋本毅彦 訳
news 分数量子ホール効果デバイスで量子計算が可能に?
C. デイ 樋口三郎 訳

スピンを用いた量子コンピューターへ第一歩
C. デイ 家 泰弘 訳

ニュースダイジェスト
P. F. シューウィ,B. P. スタイン,D. カステルヴェッキ
裏づけられたインフレーション / 2次元の炭素,グラフェン / 2次元の光,プラズモン
ほか
[講座]
計算物理 第3回(素粒子編)
素粒子物理学の理論的枠組み
青木慎也

[連載]
天才だってつらいよ ― 物理学者列伝
ドゥイノの悲歌 ―ボルツマン
太田浩一
information corner
フォーラム

7月号予告
執筆者・翻訳者紹介

今月のキーワード
電荷・磁束・位相‐量子ビット



今月のパリティ
素子の微細化と感度の著しい進歩によって拓かれる世界
ナノメートルのスケールで運動を検出し,励起するナノ電子機械構造体(NEMS)は,いまや量子力学の限界に到達しようとしています。NEMSを用いた実験により,量子力学の支配する微視的な領域と,古典力学の巨視的世界の境界が,なおいっそう浮き彫りになるかもしれません。(p.4)

回路の中に,シュレーディンガーの猫がいる?!
ふつうの原子と同じように離散的なエネルギー準位をもつ,超伝導回路の人工原子。それは究極の量子コンピューターへの道を拓くだけでなく,巨視的スケールで量子力学の検証をしたり,シリコンチップで原子物理の実験を行ったりするのに,利用することができるのです。(p.14)
あたかも美しい花に魅惑されるように……
20世紀のもっとも偉大な物理学者,アインシュタイン。その輝かしい成功よりむしろ間違いについて語ることで,当時の心理や前提となる考えがより明らかになるかもしれません。彼はなぜ,若い物理学者による刺激的な進歩から顔をそむけ,統一場の理論に没頭していったのでしょう?(p.24)

天から雷を奪ったフランクリン
電気の時代に生きる私たちにとって,18世紀に避雷針がいかに重要であったかを理解するのは難しいことです。フランクリンの電気と雷の研究は,世界的な名声と尊敬を彼に与えることになりました。それは独立革命のさなかにフランスから支援を引き出す,理想的な財産だったのです。(p.30)
フランクリン
フランクリン(p.32)

index top index 2006index  index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら