index 2006index 5月号目次 5月号目次
執筆者・翻訳者紹介

kawashima img 川島直輝(かわしま・なおき)
東京大学物性研究所助教授。理学博士。1992年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。同年東京大学理学部助手,1995年東邦大学理学部講師,1998年東京都立大学理学研究科助教授,2004年より現職。主な研究分野は,計算統計物理学。
http://kawashima.issp.u-tokyo.ac.jp/

kodama img 小玉英雄(こだま・ひでお)
京都大学基礎物理学研究所教授。理学博士。1980年京都大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学。1983年東京大学理学部助手,1987年京都大学教養部助教授,1992年京都大学総合人間学部助教授(改組),1993年より現職。主な研究分野は,高次元宇宙論。著書に『相対論的宇宙論』(パリティ物理学コース,丸善),『宇宙のダークマター』(サイエンス社),『一般相対性理論』(共著, 岩波書店),『相対性理論』(培風館)がある。趣味は,キノコの観察,採取,試食,栽培。

sato img 佐藤文隆(さとう・ふみたか)
甲南大学教授。理学博士。1964年京都大学大学院中退。1974年京都大学教授,2001年京都大学名誉教授,甲南大学理工学部教授。湯川記念財団理事長,きっづ光科学館ふぉとん名誉館長。研究分野は理論物理,特に一般相対論,宇宙物理。著書に『雲はなぜ落ちてこないのか』『孤独になったアインシュタイン』(以上,岩波書店)などがある。

nagashima img 長嶋泰之(ながしま・やすゆき)
東京理科大学理学部第2部物理学科助教授。理学博士。1987年東京大学大学院理学系研究科博士課程中退。1987年東京大学教養学部物理教室助手,2003年より現職。主な研究分野は,陽電子を用いた原子物理。趣味は南の島にいくこと。家族は妻。
http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/ynagahp/

higuchi img 樋口秀男(ひぐち・ひでお)
東北大学先進医工学研究機構教授。理学博士。1983年早稲田大学理工学研究科修士課程修了。1983年東京慈恵会医科大学助手,1992年科学技術庁ERATO柳田生体運動子プロジェクトグループリーダー,1997年東北大学工学研究科助教授,2005年より現職。主な研究分野は,生物物理学,生理学,細胞生物学。学生時代から,慈恵医大まで筋肉研究を行い,柳田プロジェクトで単1分子研究の創世に関与。現在も1分子や1粒子の研究を続行。著書に,『ナノピコイメージングの生物物理』(分担執筆,吉岡書店)がある。趣味は,スキー,テニス,庭仕事。

http://www.cir.tohoku.ac.jp/higuchi-p/NanoSystem/index.htm

http://web.tubero.tohoku.ac.jp/~nim/


nishigaki img 西垣真祐(にしがき・しんすけ)
島根大学総合理工学部助教授。理学博士。1993年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。1994年テクニオンイスラエル工科大学研究員, その後ニールスボーア研究所, カリフォルニア大学サンタバーバラ理論物理研究所, 東京工業大学理学部, ニューヨーク州立大学ストーニーブルック, テクニオンイスラエル工科大学各研究員を経て, 2001年コネティカット大学研究員,2003年より現職。主な研究分野は,素粒子論, 統計基礎論。趣味は,野鳥観察, ワインとウィスキーの蒐集に加えて編集委員長と同じくギター演奏, 将棋。特技は時間の限度なく温泉に入っていられること。
http://www.phys.shimane-u.ac.jp/~mochizuki/

kato img 加藤万里子(かとう・まりこ)
慶應義塾大学理工学部教授。理学博士。1981年立教大学理学研究科博士課程修了。専門は天体物理学(新星の理論など)。日本天文学会 林忠四郎賞(2004年;蜂巣泉氏と)受賞。娘が大学生になり下宿したので,はじめて夫婦だけの生活を楽しんでいる(結婚当初は国際別居が続いたので)。趣味は読書(漫画も含め),友人と博物館めぐり,旅行,写真,手芸,科学の切手あつめ。2月に私の専門の回帰新星(へびつかい座RS星)が爆発し,「5月には軟X線が観測されるはず」という論文を急いで書いた。予言が当たるかどうか,とても楽しみにしている。
http://sunrise.hc.keio.ac.jp/~mariko/astro.html

tsuneyuki img 常行真司(つねゆき・しんじ)
東京大学大学院理学系研究科助教授。理学博士。1986年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。1987年東京大学理学部物理学科助手,1992年東京大学物性研究所助教授,2002年より現職。2001年日本IBM科学賞受賞。主な研究分野は,物性理論,極限条件下の物質構造。著書に『岩波講座 物理の世界 物質の成り立ち』(岩波書店)がある。家族は,妻,3男。
http://white.phys.s.u-tokyo.ac.jp/index2.shtml

oota img 太田浩一(おおた・こういち)
東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻教授。理学博士。1972年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。1980年MIT理論物理学センター研究員,1982年アムステルダム自由大学客員教授,1990年エルランゲン大学客員教授。主な研究分野は,量子色力学。著書に,『電磁気学機き供戞粉歔院法ぁ悒泪スウェル理論の基礎―相対論と電磁気学』,『マクスウェルの渦 アインシュタインの時計』(以上,東京大学出版会)がある。趣味は,古本屋巡り。ヤンマー尼崎工場の陳列館を見せていただいたときのことである。受付で案内してくれる人を待っていたら守衛が「寒いから中に入って暖まりなさい」と守衛室に入れてくれた。MANのときの親切とそっくりなので感動した。

(掲載順)


index 2006index 5月号目次 5月号目次