index top index 2006index  index
2006.02contents
2006.02 contents img

地球のマントルに含まれる種々の鉱物は,光を異なる度合いで偏光させ,偏光顕微鏡で見ると,この写真のマントル岩の薄片にみられるように さまざまな色を示す。最新のマントル岩の同位体の測定が,どのように地球の形成と構造を解明しつつあるか については,43ページからのニュース記事「放射性同位元素が示す地球の太古における大規模融解」を参照。
stamp imgstamp img
stamp img<今月の切手>
情報処理の発達
        (万)
article
アリストテレス的世界観の復活か?
観測的宇宙論の来し方行く末
須藤 靖

革新的な論文には,実は1つの誤りがあった……
アインシュタインの1905年の謎
A. ハーヴィー,E. シュッキング 夏梅 誠 訳

「新入生に新時代の物理学を」という夢が,思いもよらない実を結んだ
ファインマンレクチャーはいかにしてつくられたか
M. サンズ 大貫昌子 訳

応用を阻む障害は,どう克服されたのか
高温超伝導体の応用が始まった
A. P. モロジモフ,J. マンハート,D. スカラピノ 村上雅人 訳
news ソリトンの異端児Qボール
小暮兼三

放射性同位元素が示す地球の太古における大規模融解
M. ウィルソン 八木健彦 訳

ニュースダイジェスト
P. F. シューウィ,B. P. スタイン
歩く分子 / ナノスケールのガルバーニの実験 / ディジタルな熱の流れの初めての観測
ほか
[随想]
素粒子と物性のキャッチボール ゲージ理論はコミュニケーションの基本だ!
松居哲生

[理科教育]
霧のような周辺像の実験
小林英一

[講座]

アリスの量子力学 第11回
量子の論理
家 泰弘

[連載]
天才だってつらいよ ― 物理学者列伝
サウンド・オヴ・ミュージック ― ドプラー
太田浩一
information corner フォーラム

3月号予告
執筆者・翻訳者紹介

今月のキーワード
銅酸化物(高温)超伝導体 / 弱結合 / トポロジカル量子数 / 暗黒物質 / クーロン相 / ヒッグス相 / 閉じ込め相



今月のパリティ
宇宙の物質階層は地上とは違うなんて……
地上の世界と天空の世界とがまったく異なるものであるとする考え方は,ニュートンによって葬り去られたはずだった。しかし1980年代以降,一般相対論や素粒子物理,計算機実験など広い分野にまたがって大きく発展した宇宙論研究が導いた答は,この常識に反するものだったのである。(p.4)

あまりにも有名な論文の,見過ごされてきた一面
相対論の第1論文で,アインシュタインは実はある間違った予言をしていた。彼が相対論を一般化して重力も含めたとき,この誤りは取り下げられるべきだったのだが……。この論文は科学史家たちが綿密に調べてきたはずなのに,この誤りはなぜかあまり注目されていないようだ。(p.14)
「あれは徹頭徹尾,実験のようなものだったよ!」
1961年から1963年にわたって自ら教えたカルテク物理学入門講座を,ファインマンはこう形容した。大学1年生に20世紀物理の基礎概念を紹介する講座を新設したいという運動の一環が思いもよらない発展を遂げ,世界中の学生たちに遠く広く影響を及ぼすことになったのである。(p.19)

大興奮の発見から20年後の,意外な展開
高温超伝導が発見された翌年,1987年5月11日号の『タイム』誌はこれを「驚嘆に値する技術革新」と評し,やや陶酔ぎみに未来を思い描いた。それから20年,高温超伝導の応用はようやく市場にも顔を出すようになったが,その多くはかつて予想もされていなかったものだった。(p.29)
YBCOの結晶構造
YBCOの結晶構造(p.30)

index top index 2006index  index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら