index 2005index 7月号目次 7月号目次

今月のキーワード
圧電効果 / Bファクトリー / 格子量子色力学
●圧電効果[piezoelectric effect]
物質に力を加えると電気分極を生じ,逆に電場を加えると変形が起きる現象。本来,水晶,ロッシェル塩,チタン酸バリウムなど,ある種の対称性を欠く硬いイオン性結晶に特有の性質であったが,最近ではある種の高分子や液晶など柔らかい物質にも同様の性質が認められている。広義には不均一な構造と電荷分布に基づき,力学刺激に対する電気応答,あるいはその逆が比例して起きる現象をいう。圧電性物質はスピーカー,超音波素子,水晶発振器,トランス,プローブ顕微鏡の位置制御なと,エネルギー変換材料として広く利用されている。(p.8「フェロエレクトレット:電気活性をもつミクロのスポンジ」)


●Bファクトリー[B factory]
クォーク2つから構成される中間子のうちbクォークを含むB中間子を大量につくり出すことのできる加速器の総称。現在日本のKEKとアメリカのスタンフォード大学線形加速器センターで稼働中で,いずれも電子と陽電子を衝突させてB中間子と反B中間子の対をつくり出す方式を採用。1日におよそ1億のB中間子反B中間子対の生成が可能。物質と反物質の違いを引き起こすCP対称性の破れの研究に威力を発揮。(p.45「Bファクトリーで次々に発見される新粒子」)


●格子量子色力学[lattice quantum chromodynamics]
クォーク間の強い相互作用を基本にして,中間子や核子などハドロンの性質を記述する量子色力学の解を数値解析の手法で求めようとする理論物理学の分野。量子色力学に現れる方程式を解析的に解くのがきわめて難しいため,この手法が使われる。大型計算機を必要とする。(p.45「Bファクトリーで次々に発見される新粒子」)


index 2005index 7月号目次 7月号目次