index top index 2005index  index
2005.06contents
2005.06 contents img

モデル化された星の中を上昇するバブルを示す,計算機シミュレーション。この完全に非対称な構造は,星の歴史と超新星的ふるまいへの遷移に大きく影響している。くわしくは53ページの随想記事「要注意,計算機シミュレーション」を参照。(Image was constructed by the ASC center at the University of Chicago and Argonne National Laboratory)
stamp imgstamp img
stamp img<今月の切手>
伊勢湾台風上陸の日の天気図(上)。熱帯地方の暖かい雨:熱帯では核となるゴミが少ないため,雲粒が大きく,氷になる前に雨として降下する(中)。世界気象機関(WMO)活動50周年記念:風速計と赤道の風を表す流線図(下)。
        (万)
20周年企画
随想:物理なんて大嫌い
やっぱ,物理でしょ
松尾義之

悩ましい物理学
小川眞里子

英国と物理
グレアム・フライ

私が物理を嫌いな理由―慶應義塾大学の学生アンケートより
清水 真/若林一広

フランスの“レディ・ニュートン”―エミリ・デュ・シャトレ侯爵夫人
石原あえか

news それは単なる哲学的問題ではない
基本定数の値は変化したか?
K. A. オリーブ,Y.‐Z. キアン 藤井保憲 訳

データ捏造や改変を摘発して罰するだけでは,ことはすまない
科学研究における不正行為と信頼関係
C.ホイットベック 家 泰弘 訳

いまだ色あせず,多岐にわたる分野に影響を与え続ける数々のアイデア
エドワード・テラー:何が基礎物理学者を水爆開発に走らせたかI
S. B. リビー,M. S. ワイス 高部英明 訳

news 粒子実験の技術でよみがえる古いレコード
P. ギネシー 田島俊之 訳

スピンホール効果が見えた
C.デイ 村上修一 訳

量子誤り訂正を実現
R.フィッツジェラルド 宮野健次郎 訳

ニュースダイジェスト
P. F. シューウィ, B. P. スタイン
光格子に詰め込まれた縮退気体 / RHIC実験における謎の信号の正体 ほか

[随想]

要注意,計算機シミュレーション
L.P.カダノフ 吉澤 徴 訳

[講座]

アリスの量子力学 第3回
量子干渉
家 泰弘

[連載]
天才だってつらいよ ― 物理学者列伝
赤いバラの騎兵隊長 ― ゾマーフェルト
太田浩一

全宇宙鉄道路線ガイド 第14回(最終回)
始源の刻:3K放射,宇宙論
郷田直輝

information corner フォーラム

7月号予告
今月のキーワード
巨大数仮説 / 等価原理 / 非結合温度 / スピン流 / レイリー‐テイラー不安定性

執筆者・翻訳者紹介



今月のパリティ
ディラックの巨大数仮説に始まる,疑いのまなざし
自然界の基本定数は本当に定数なのか? その値は何によって決まっているのか? たいていの観測や実験では上限が得られているだけだが,クェーサーについての最近の観測は,微細構造定数の統計的に有意な変化が実際に存在していることを示している。(p.7)

善き人であることと,良き科学研究者であること
物理学者たちはずっと,自分たちの職業でも非倫理的な行為が問題になることがありうるという事実から目を逸らしてきた。しかし,信頼関係やプロ研究者としての責任感が風化し,ないがしろにされてしまったら,知らず知らずのうちに研究活動が危機にさらされることになる。(p.15)
実用への結実を見たいという願望が行き着いたところは…
驚くべき秀才ぶりから“火星人”とよばれた20世紀の伝説的なハンガリー理論家たちの1人,エドワード・テラーはその若き日,新しい量子力学理論を分子物理に応用した。そして後年,核物理や高エネルギー密度物理への関心は,彼と国家安全保障を必然的に結びつけていったのだ。(p.25)

「慣習に縛られず,性別による偏見は軽蔑すること」
聡明な女性に偏見をもたぬ父のもと,弱冠10歳で古典を読みこなしていたエミリが何より好んだのは“数学”だった。長男を出産した後,知的渇望を満たすべく勉学に復帰した彼女は,新進気鋭の数学者モーペルテュイを家庭教師に雇い,代数とニュートン力学を学んだのである。(p.49)
多重領域をもったトラップ
多重領域をもったトラップ
多重領域をもったトラップ(p.42)

index top index 2005index  index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら