index top index 2005index  index
2005.03contents
2005.03 contents img

銅線とスプリットリング光源(カンガルー)が星によってレンズ効果を受けるシミュレーション。マイクロレンズ像のサイズは典型的にはマイクロ秒角程度。くわしくは8ページからの解説記事「宇宙の謎を暴く最新の重力レンズ事情」を参照。
stamp imgstamp img
stamp img<今月の切手>
稲妻(上),ベンジャミン・フランクリン(1706-1790)(中、下)。米国の科学者・政治家・外交官・印刷業者・発明家。たこを使った実験で,稲妻と電気が同じものであることを確かめた。避雷針の発明者。(中)の背景に稲妻とたこが見える。        (万)
20周年企画
随想:物理なんて大嫌い
物理学者は宝に気づいていない
中村桂子

私と物理学
吉村作治

出でよ,魅力的な評論家
斎藤美奈子

私が物理を嫌いな理由―慶應義塾大学の学生アンケートより
山田記実,鄭 佳君,田枝里子

news 見えないものが浮かび上がる,不思議なレンズ
宇宙の謎を暴く最新の重力レンズ事情
L. V. E. クープマン, R. D. ブランドフォード 福江 純 訳

ICに極小の冷凍機を組み込む
ナノサイズ冷凍回路
J. ペコラ, R. シェルコプフ, J. ウロム 勝本信吾 訳

平均律? それとも歪均律?
非平衡物理についてのETとの対話
D. ルエル 松下 貢 訳

news 電子1個のスピンを電気的に測る
R. フィッツジェラルド 家 泰弘 訳

CaB6の異常強磁性は幻か?
森 孝雄

大強度小型重イオンビーム発生装置
岡村昌宏

アト秒バーストがレーザーパルスの電場を画像化
C. デイ 渡部俊太郎 訳

ニュースダイジェスト
P. F. シューウィ,B. P. スタイン
準結晶の示す奇妙な摩擦 / 軟らかい金属のホイスカー / 特殊相対性理論は間違っている?      ほか
[理科教育]
弦に生じる横波の式
弦を伝わる横波の位置エネルギーはどのような種類のエネルギーか?
青野 修

青野修氏の「弦を伝わる横波の位置エネルギーはどのような種類のエネルギーか?」に対するコメント
兵頭俊夫

[講座]

とんでる力学 第12回(最終回)
剛体の運動(3)グライダーの3次元運動
牧野淳一郎

[連載]
天才だってつらいよ ― 物理学者列伝
苦しきことのみ多かりき―アブラハム
太田浩一

全宇宙鉄道路線ガイド 第11回
彼方の銀河世界:銀河
富田晃彦
information corner フォーラム
4月号予告

今月のキーワード
クーロンブロッケード / ショット雑音 / 1次温度計 / 一様双曲性

執筆者・翻訳者紹介



今月のパリティ
物理なんて大嫌い!?
物理は好きですか?…本誌読者に対しては愚問かもしれないが,巷ではなかなか答は一筋縄ではいかないらしい。好きと嫌い,得意と不得意,昔あったあんなことこんなこと,物理学はかくあるべし…などなど,本誌創刊20周年を記念して,各界の皆様に物理への想いを語っていただこう。(p.4)

単なる好奇心の的から,宇宙論研究のカギに
アインシュタインが一般相対論を完成させてから約60年後の1979年,重力レンズ効果によって多重像になったクェーサーが発見され,その姿が注目を集めた。そしていまや,宇宙における物質とエネルギーの分布を調べるために,重力レンズ現象は不可欠の道具になってきている。(p.8)
素子に組み込める,夢の冷凍回路
“極低温技術”というと,ふつうは液化ガスなどの低温液体や巨大な冷凍機などを思い浮かべる。しかし,研究の最前線では,電子を制御することによってシリコンのチップの上で動作する,極小の冷凍機や温度計がつくり出されている。(p.18)

地球人の数理物理学は,どこへ向かっているのか?
多くの生物的な過程をはじめ,非常にバラエティーに富んだ非平衡系の世界。さまざまな数学的アプローチが適用され,急速に進歩しているが,まだ首尾一貫したものにはなっていない。その様子は,たとえば仮に異星人の目から見たとしたら,どのように映るのだろうか……(p.27)
チップの顕微鏡写真
チップの顕微鏡写真(p.25)

index top index 2005index  index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら