index 2004index 3月号目次 4月号目次
執筆者・翻訳者紹介

ichikawa img 市川昌和(いちかわ・まさかず)
東京大学大学院工学系研究科教授。理学博士。1974年早稲田大学大学院理工学研究科(物理学専攻)博士課程修了。1974年日立製作所中央研究所入社,1993年旧通産省プロジェクト「アトムテクノロジー研究体」に参加,2001年より現職。主な研究分野は表面・界面物理,電子顕微鏡,ナノテクノロジー。著書に『ナノテクノロジーの最前線:アトムテクノロジーへの挑戦1』(日経BP社)がある。趣味はスキー,バトミントンなどのスポーツ。家族は妻と2女。
http://aph.t.u-tokyo.ac.jp/~ichikawa/

miyano img 宮野健次郎(みやの・けんじろう)
東京大学先端科学技術研究センター教授。Ph.D.ノースウエスタン大学博士修了。カリフォルニア大学バークレー,アルゴンヌ国立研究所,東北大学電気通信研究所,東京大学工学部を経て現職。主な研究分野は物性物理実験。著書に『伝えるための理工系英語』(サイエンス社)がある。趣味は家電製品の修理(実益も兼ねる)と鼻歌を歌いながら実験室を徘徊すること。
http://www.myn.rcast.u-tokyo.ac.jp

sakaki img 榊 裕之(さかき・ひろゆき)
東京大学生産技術研究所教授。工学博士。1973年東京大学大学院工学研究科(電子工学専攻)博士課程修了。同年東京大学生産技術研究所助教授,1987年同教授,現在に至る。この間,1988〜98年同大学先端科学技術研究センター教授を兼務。1976年IBMワトソン研究所客員研究員(江崎グループ),1988〜93年科学技術庁創造科学推進制度「量子波プロジェクト」の総括責任者,1994〜98年カリフォルニア大学との共同研究「量子遷移プロジェクト」の代表研究者。電子通信学会業績賞(1973,1991年),応用物理学会賞(1983,1990年),日本IBM科学賞 (1989年),服部報公賞(1990年),島津賞(1995年),IEEE David Sarnoff Award(1996年), 藤原賞(2000年),紫綬褒章(2001年),電気学会業績賞(2002年),Heinrich Welker Award(2002年)など受賞。主な研究分野は, 固体電子工学(半導体量子マイクロ構造における電子物理とその応用)。著者に“Nanotechnology”(共著,Springer Verlag (ed. by G. Timp.)),『超格子へテロ構造デバイス』(編著,工業調査会)がある。

ando img 安藤恒也(あんどう・つねや)
東京工業大学大学院理工学研究科(物性物理学専攻)教授。理学博士。1973年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。1973〜1979年東京大学理学部助手。この間,1975年ミュンヘン工科大学客員研究員,1976年フンボルト研究員(ミュンヘン工科大学),1977年米国IBM 研究所客員研究員を併任。1979年筑波大学物理工学系助教授,1983 年東京大学物性研究所助教授,1990年同教授を経て,2002年より現職。1982年仁科記念賞,1983 年学士院賞,1995 年ヴュルツブルク大学名誉博士,1999 年日本物理学会論文賞を受賞。2000 年ISI World’s Most Cited and Influential Scientific Authors (Physics)に選ばれる。主な研究分野は物性理論(低次元電子系における量子輸送現象,量子ホール効果等)。
http://www.stat.phys.titech.ac.jp/ando/

koshida img 越田信義(こしだ・のぶよし)
東京農工大学大学院教授。工学博士。1973年東北大学大学院工学研究科(電子工学専攻)博士課程修了。日産自動車(株)中央研究所を経て,1981年東京農工大工学部助教授,1988年より現職。この間,1992〜1993年米MIT客員研究員,1996年仏グルノーブル第1大学客員教授,ベンチャー(株)カンタム14の起業に関与,2003年より同社取締役CTO(兼務)。主な研究分野は,光電子デバイス・材料工学。著書に『応用電子物性工学』(共著,コロナ社),『電子情報デバイス』(共著,日新出版)がある。
http://www.tuat.ac.jp/~koslab/

izumi img 和泉富雄(いずみ・とみお)
東海大学電子情報学部教授。工学博士。1965年明治大学大学院工学研究科修士課程修了。1965年東海大学工学部助手,1971年同助教授,1981年より現職。主な研究分野は,半導体材料,薄膜材料の欠陥構造に関する研究(主にESR法による)。著書に『エレクトロニクスのための電磁気学例題演習』(共著,コロナ社)がある。趣味は音楽(クラシック)鑑賞。家族は妻,子供2人。

菅原 充(すがわら・みつる)
東京大学生産技術研究所客員教授。工学博士。1984年東京大学大学院工学系研究科(物理工学専攻)修士課程修了。1984年株式会社富士通研究所入社,1995年同研究所光半導体研究部主任研究員。1997〜2002年神奈川工科大学電気電子工学科非常勤講師(兼務),1999〜2002年東京工業大学大学院電子機能シス テム専攻客員助教授 (兼務),2001年同研究所フォトノベルテクノロジ研究部長,2002年東京大学生産技術研究所産官学連携研究員を経て現職。主な研究分野は量子ドット光デバイス,半導体光物性,半導体光デバイス。著書に,“Self-assembled InGaAs/GaAs quantum dots”(Academic Press) がある。趣味はピアノ。家族は,妻,長男,長女。

akinaga img 秋永広幸(あきなが・ひろゆき)
産業技術総合研究所ナノテクノロジー研究部門グループ長。工学博士。1992年筑波大学大学院工学研究科博士課程修了。1993年産業技術融合領域研究所,アトムテクノロジー研究体研究員,2002年より現職。その間,1997年ベルギーIMEC客員研究員,2001年東京大学物性研究所客員助教授,2002年東京工業大学大学院理工学研究科客員教授。また,2002年からNEDOナノテクノロジープログラム・ナノ機能合成技術プロジェクト チームリーダー,2003年からMEXTナノテクノロジー総合支援プロジェクト・ナノプロセシングパートナーシッププログラム(NPPP)主任者を務める(NPPP主任者を務めるようになってから,ちょっとやそっとでは動じなくなった)。2003年丸文学術賞受賞。専門分野は,ナノスピンエレクトロニクス。著書に“Semiconductor Spintronics”(IEEE Trans. Nanotech. Vol.1, No.1)がある。家族は,妻,息子(5歳),娘(2歳)とたくさんの虫たち。鹿島神流(日本古武道)の本質を求め,それを自分の背骨にすべく稽古に励んでいる。
http://staff.aist.go.jp/akinaga.hiro/index.htm

shinjo img 新庄輝也(しんじょう・てるや)
京都大学名誉教授,国際高等研究所フェロー。理学博士(京都大学)。1966年京都大学大学院理学研究科博士課程修了。1966年京都大学化学研究所助手,1976年同助教授,1982年同教授,1996年同所長。2002年停年退職。この間,1992〜2000年文部省学術国際局科学官兼任。紫綬褒章受賞(2000年)。著書に“Metallic Superlattices”(共編著,Elsevier),“Spin-Dependent Transport in Magnetic Nanostructures”(Taylor & Fransis)がある。趣味はテニス,ゴルフ。

ootani img 大谷義近(おおたに・よしちか)
理化学研究所 フロンティア研究システム量子ナノ磁性研究チーム チームリーダー。理学博士。1989年慶應義塾大学理工学研究科博士課程(物理学専攻)修了。アイルランド・ダブリン大学トリニティーカレッジ博士研究員,1991年フランス・ルイ・ネール磁性物理学研究所研究員,1992年慶應義塾大学理工学研究科(物理学専攻)助手,1995年東北大学大学院工学研究科(材料物性学専攻)助教授を経て現職。主な研究分野は磁性体物理,微小磁性体の電子・磁気物性。趣味は,トレッキング,スキーとスカッシュ。家族は妻。
http://www.riken.go.jp/r-world/research/lab/frontier-rs/quantum/nano/index.html

inoue img 井上明久(いのうえ・あきひさ)
東北大学金属材料研究所所長,教授。工学博士。1975年東北大学大学院博士課程修了。1990年東北大学金属材料研究所教授,2000年より現職。2001年文部科学省科学官。主な研究分野は,非平衡物質工学,金属材料学。著書に“Bulk Amorphous Alloys”(Trans Tech Publications)がある。
http://www.inoue.imr.tohoku.ac.jp/index.html

makino img 牧野淳一郎(まきの・じゅんいちろう)
東京大学大学院理学系研究科(天文学専攻)助教授。学術博士。1990年東京大学大学院総合文化研究科(広域科学専攻)博士課程修了。東京大学教養学部助手,助教授を経て1999年より現職。 Gordon Bell賞(1995,1996,1999,2000,2001,2003年;泰地真弘人,福重俊幸らと),日本天文学会 林忠四郎賞(1998年)受賞。主な研究分野は理論天文学,恒星系力学。著書に『専用計算機によるシミュレーション』(朝倉書店),“Scientific Simulations with Special-Purpose Computers――The GRAPE Systems”(共著,John Wiley and Sons, Chichester),『パソコン物理実地指導』(共立出版)がある
http://grape.astron.s.u-tokyo.ac.jp/~makino/

oota img 太田浩一(おおた・こういち)
東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻教授。理学博士。1972年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。1980年MIT理論物理学センター研究員,1982年アムステルダム自由大学客員教授,1990年エルランゲン大学客員教授。主な研究分野は,量子色力学。著書に,『電磁気学機き供戞粉歔院法ぁ悒泪スウェル理論の基礎―相対論と電磁気学』(東京大学出版会)がある。趣味は,古本屋巡り。アイルランド現大統領はメアリー・マッカリースで,初の北アイルランド出身大統領である。ダブリンのナショナルギャラリーで画を観ていたら,ガードが「いま大統領が来ておられるから,急いで行くと会えるかもしれないよ」と教えてくれた。あわてて行ってみたが,ちょうど去られた後であった。そこでも,「もうちょっとで会えたのに残念だったね。大統領は本当にいい人だよ」といわれた。こういう雰囲気はうらやましい。

土井恒成(どい・こうせい)
理学博士。1973年東京大学理学部卒業後,大学院の5年間は東京大学・宇宙航空研究所(当時)でX線天文学を専攻(半田付けばかりやっていた気がする)。学位取得後,1978年から86年まで都内の私立校(中・高)で教鞭をとる。この間,1982-83年にはブリティッシュ・カウンシル奨学金を受け英国レスター大学に滞在した。教職を辞して(early retirement)後は晴耕雨読(ときに翻訳や執筆)の高等遊民生活。趣味は鍵盤楽器(ピアノ,チェンバロ)だが,コラム連載中は「辞書を読むこと」が加わった。手許の辞(事)典は数十種類にのぼるが,それでも疑問が解けずに考え込むことが多い。

(掲載順)


index 2004index 3月号目次 4月号目次