index top index 2004index  index
2004.03contents
2004.03 contents img

合成フォステライト(マグネシウムリッチなオリビン)の結晶。炭酸塩リッチなメルトはマントル中で普通に存在すると考えられている。くわしくは43ページからのニュース記事「炭素はマントルのどこに潜んでいるか?」を参照。
2004.03 stamp img2004.03 stamp img
2004.03 stamp img<今月の切手>
マリー・キュリー(上)
がん征圧(コバルト照射機)(中)
看護婦の活動(下)

        (万)

news
強い重力場の物理もこれで探究できる?!
レーザー加速と高強度場科学
田島俊樹

現実の世界に至る,いくつかのシナリオ
なぜ私たちの世界は超対称ではないのか? 
岡田宣親

現在計画中の実験で,いよいよ見つかるかもしれない
永久電気双極子モーメントはどこにある?
N.フォートソン,P.サンダース,S.バール 曹 基哲 訳

組織力や経営能力をも持ち合わせ,数々の困難を乗り越えた稀有な人
戦地でも活躍したマリー・キュリー
L. バダッシュ 家 泰弘 訳

news 土星の衛星タイタンをかに星雲のX線で調べる
常深 博

回り始めた水銀望遠鏡
T. フェダー 家 正則 訳

炭素はマントルのどこに潜んでいるか?
M. ウィルソン 平井寿子 訳

光を跳ね飛ばすフォトニック結晶中の衝撃波
S. K. ブラウ 宮野健次郎 訳

ニュースダイジェスト
P. F. シューウィ,B. P. スタイン,J. リオーダン
フェルミオン分子からできたボース‐アインシュタイン凝縮体/磁性グラファイト/微小流体ポンプが人間の聴覚を向上させている?      ほか
クローズアップ
エルニーニョを吹き飛ばした赤道上の積雲群 高薮 縁

[随想]

中性子星研究のあけぼの:幻の星が実在した!
鶴田幸子

[講座]

有限温度の物理学―エントロピーの考え方―
第12回(最終回)
非平衡IV
宮下 精二

[連載]
天才だってつらいよ ― 物理学者列伝
貧乏と物理と数学と―ヘヴィサイド
太田浩一

[コラム]

科学用語・雑学ノート
単純な数とややこしい言葉
土井恒成
information corner フォーラム
4月号予告

今月のキーワード
エミッタンス / 航跡場(加速) / エルニーニョ / ラニーニャ / マッデン‐ジュリアン振動

執筆者・翻訳者紹介



今月のパリティ
新しい物質や物理条件を創り出す“相対論工学”
テラワットやペタワットといったすさまじい強さのレーザー光が得られるようになり,レーザーによる粒子の加速なども次第に現実的になってきつつある。この展開に刺激されて,強い場と物質の相互作用を研究する学問,“高強度場科学”が発展してきた。(p.4)

この世界ではかつて,美しい対称性が成り立っていた?
素粒子はフェルミオンとボソンとに分類されるが,その両者を結びつけるのが超対称性である。真空の安定性を保障するはずのこの対称性は,現実の世界では破れている。それはなぜなのか? 超対称だった世界はどのような経緯をたどり,現実の世界へと至ったか?(p.12)
微小な効果にかいま見える,標準模型の向こうの物理
中性子や原子,分子が電気双極子モーメントをもっているかどうかを調べる実験は,半世紀も前に始まった。これまでのところそれはまだ見つかっていないが,測定で得られた上限値はずっと,素粒子物理学の理論に対し重大なインパクトを与えてきたのである。(p.18)

誹謗中傷,無理解との闘いを乗り越えて
1895年の末にX線がレントゲンによって発見されてからそれが医療に広く応用されるようになるのは,驚くことに20年も後の第1次世界大戦中のことだった。このときX線造影診断の普及にマリー・キュリーが果たした役割は,じつは世の中にあまり知られていないのである。(p.28)
双子低気圧が発生しているときの赤外画像
双子低気圧が発生しているときの赤外画像(p.58)

index top index 2004index  index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら