index 2004index 1月号目次 1月号目次

2003年総目次 ―分野別
流体・複雑系/ 原子・分子 / プラズマ・核融合 / 物性 /素粒子・原子核 / 天文宇宙 / 地球惑星 / 生物物理 / 科学史・理科教育・基礎物理・その他 / 連載 /
【2003年総目次はこちら】
流体・複雑系
[解説・評論]
[特集] 乱流  [2月号]
[「乱流」特集巻頭言] 特集にあたって  金田行雄 [2月号]
柔毛による空力騒音の抑制  西岡通男 [2月号]
乱流要素渦  木田重雄 [2月号]
乱流の制御  笠木伸英,鈴木雄二,深潟康二 [2月号]
乱流の数理  小薗英雄 [2月号]
乱流モデリング  堀内 潔 [2月号]
海洋における乱流  佐久間弘文 [2月号]
グリッド構想―科学のための新しいコンピューターインフラ  I. フォスター 著 常行真司 訳[3月号]
[物理科学,この1年]
流体力学 乱流統計法則の検証  木田重雄 [1月号]
[ニュースダイジェスト]
微小流体工学[6月号]//“ウォーターハンマー”がソノルミネセンスを強める/泡がミクロの注射器になる[8月号]
原子・分子
[ニュース]
2個イオン論理ゲート:量子計算機への入り口?  B. G. レヴィ 著 宮野健次郎 訳 [9月号]
[物理科学,この1年]
原子・分子物理  山崎泰規 [1月号]
[ニュースダイジェスト]
中性子のホログラフィー[1月号]//原子レベルでの屈折/自然崩壊で測定されたもっとも長い原子の状態の寿命[3月号]//連続的変数の量子シミュレーション/終わりは全体的だが始まりは局所的なBEC/強く相互作用している縮退フェルミ気体[4月号]//フェムト化学からアト物理へ/同時に2つの場所にある3600個の原子[5月号]//これまででもっとも鮮明な分子振動の光学的画像[6月号]//BECのブラッグ爆発[8月号]//光学的蠕動/新しい光の幾何学的位相[9月号]//強力な光のフィラメント[10月号]//超冷分子ボース気体/スピンレスBEC[12月号]
プラズマ・核融合
[物理科学,この1年]
プラズマ物理 高温プラズマの構造形成  伊藤公孝 [1月号]
[ニュースダイジェスト]
実験室で発生した強磁場の新記録/ピコ秒の間のメガガウスの磁場[2月号]//Zマシンにおける最初の核融合[7月号]//固体状態のプラズマ[8月号]//プラズマバルブ/スフェロマックのねじれた起源[9月号]
物性
[解説・評論]
サイズのそろった高分子ミセルを瞬時につくる・並べる  青島 貞人,柴山 充弘 [4月号]
単一量子ドット分光の最前線  D. ギャモン,D. G. スティール 著 高河原俊秀 訳 [7月号]
[特集] カーボンナノチューブ   [8月号]
[「カーボンナノチューブ」特集] 特集にあたって  家 泰弘 [8月号]
[「カーボンナノチューブ」特集巻頭言] ナノチュ−ブ誕生  飯島澄男 [8月号]
カーボンナノチューブの電子状態  斎藤 晋 [8月号]
カーボンナノチューブにおける伝導と量子効果  安藤恒也 [8月号]
カーボンナノチューブの応用  齋藤弥八 [8月号]
カーボンナノチューブのインターカレーション  岩佐義宏,真庭 豊 [8月号]
フラーレン内包ナノチューブ,ピーポッド  篠原久典 [8月号]
多層カーボンナノチューブの多彩な電気伝導  神田晶申,塚越一仁 [8月号]
炭素を含まないナノチューブ  寺内正己 [8月号]
カーボンナノチューブと走査型プローブ顕微鏡  中山喜萬 [8月号]
超伝導MgB2:遅咲きの大輪  P. C. キャンフィールド,G. W. クラブトゥリー 著 田島節子 訳 [10月号]
光電子分光は何を見てきたのか  菅 滋正,関山 明 [10月号]
泡の不思議,バブルの効用  D. ローゼ 著 家 泰弘 訳 [10月号]
量子カスケードレーザー  F. カパッソ,C. マッヘル,D. L. シブコ,A. Y. チョウ 著 大谷啓太 訳 [11月号]
量子エンタングルメント:最新の視点  小芦雅斗 [12月号]
ブラウンモーター ―ナノアクチュエーターの原理―  伊藤伸泰 [12月号]
[ニュース]
量子ホール端状態で核スピンを制御  町田友樹 [1月号]
ミクロな系の変わった熱力学  S. K. ブラウ 著 宮下精二 訳 [3月号]
AFMアレー記録装置  B. G. レヴィ 著 宮野 健次郎 訳 [4月号]
回折限界を超えた時間反転超音波  C. デイ 著 宮野健次郎 訳  [6月号]
重力場中での超冷中性子の量子状態  B. シュワルツシルド 著 大竹淑恵 訳[6月号]
2次元電子系におけるマイクロ波誘起ゼロ抵抗状態  R. フィッツジェラルド 著 家 泰弘 訳 [7月号]
水素吸着で金属的な電子状態ができる!?  M. ウィルソン 著 長谷川幸雄 訳 [11月号]
ノーベル物理学賞  海老澤丕道 [12月号]
ノーベル化学賞:アクアポリンおよびイオンチャネルの発見および構造解析  安井正人 [12月号]
ノーベル医学・生理学賞:MRI(磁気共鳴画像診断装置)の画像化に関する発見  佐藤幸三 [12月号]
新しい原子磁力計でサブフェムトテスラの感度を達成  R. フィッツジェラルド 著 清水富士夫 訳 [12月号]
伸縮する導体で人工皮膚をつくる  C. デイ 著 染谷隆夫 訳 [12月号]
[物理科学,この1年]
光科学  宮野健次郎 [1月号]
バナジウム酸化物の新物性  上田 寛 [1月号]
高温超伝導体の輸送現象  安藤陽一 [1月号]
カーボンナノチューブの新展開  篠原久典 [1月号]
表面物性  一宮彪彦 [1月号]
量子ホール系とスピン  平山祥郎 [1月号]
[クローズアップ]
おもしろくて役に立つコバルト酸化物  寺崎一郎 [10月号]
[随想]
位置まで見分ける光電子増倍管  黒田啓一 [7月号]
[理科教育]
座談会:高温超伝導は迷宮入り!?  内田慎一,北澤宏一,佐藤正俊,福山秀敏 [10月号]
[コラム] 高温超伝導研究―昔の一風景  家 泰弘 [10月号]
[ニュースダイジェスト]
半導体レーザーの生誕から40年/3次元的なインク/リチウムの超伝導[1月号]//超高密度のガラス状の氷/2光子ド・ブロイ波長/つららの不安定性/強力なテラヘルツ光[2月号]//冷たい鉄の車輪/穏やかなリソグラフィー/音響顕微鏡[3月号]//カーボンナノチューブの共鳴振動数を調整する/X線の干渉計/実現可能なカオス暗号/携帯電話に電波の散乱を利用する[4月号]//チョウとフォトニック結晶/同期断層写真撮影法/塩の映画/紫外線リソグラフィー/調整できる光ファイバー/微視的な粒子を振ってできるパターン[5月号]//左手系物質/巨大平面ホール効果[6月号]//超連続光源が熱い/引き伸ばすことのできる金の導線/整調可能なフォトニック結晶[7月号]//衝撃波のフォトニック結晶に及ぼす効果/フェムトグラムの質量の検出/チューブの中のカーボンナノワイヤー/もっとも薄い固体発光素子[8月号]//カーボンナノチューブ複合繊維/原子レベルでの“色フィルター”[9月号]//山登りをする原子/銅酸化物のふるまいを説明する“モットらしさ”/クールな半導体/ピコ秒X線結晶学[10月号]//エネルギーをシフトさせるフォトニック結晶/磁石やRFコイルのいらないNMR/ガリウムビームでダイヤモンド薄膜を削る/水分子の化学式は本当はH2Oではない?/ナノスケールの温度計/空気中のプラスチック爆発物を検知する[11月号]//セロファンと3Dディスプレイ/巨大ヘリウム分子[11月号]//圧力をかけると歯も超伝導に/非接触摩擦/ナノチューブのマジックテープ/水平方向のブラジルナッツ効果[12月号]
素粒子・原子核
[解説・評論]
余次元空間に広がる新しい素粒子物理  N. アルカニ‐ハミド,S. ディモプーロス,G. ドヴァリ 著 青木 一 訳 [3月号]
物質‐反物質対称性の破れ  H. R. クィン 著 大場一郎 訳 [9月号]
[ニュース]
ニュートリノはやはり振動していた  B. シュワルツシルド 著 井上邦雄 訳 [1月号]
118番元素の証拠は偽造と判明  B. シュワルツシルド 著 櫻井博儀 訳 [1月号]
新種の放射能を発見:2陽子放射  B. G. レヴィ 著 中務 孝 訳 [3月号]
スーパーカミオカンデ再スタート  中畑 雅行 [4月号]
ニュートン重力定数測定の行方は?  黒田 和明 [4月号]
カムランド:ついにとらえた原子炉ニュートリノ欠損現象!  白井 淳平 [4月号]
KEKB加速器が世界新記録  生出勝宣 [9月号]
原子炉ニュートリノの欠損を発見  B. シュワルツシルド 著 末包文彦 訳 [10月号]
5つのクォークからなる新粒子発見か?  中野貴志 [11月号]
KEK,Bファクトリーで標準模型を超える現象の発見か?  高崎史彦 [12月号]
[物理科学,この1年]
ビーム物理 中性子の巨視的運動に現れる量子効果  小牧研一郎 [1月号]
超弦理論と量子重力  磯 暁 [1月号]
標準模型を超えて  寺尾治彦 [1月号]
加速器を使った素粒子物理  駒宮幸男 [1月号]
非加速器物理  蓑輪 眞 [1月号]
ドリップ線付近の原子核構造の魅力  浜本育子 [1月号]
クォーク星とカラー超伝導  飯田 圭 [1月号]
軽いハイパー核の最近の進展  赤石義紀 [1月号]
[クローズアップ]
反水素原子が大量につくられた  早野龍五 [6月号]
[随想]
なぜ重力は弱いのか:プランク峰登攀記III  F. ウィルツェック 著 磯 暁 訳 [7月号]
[ニュースダイジェスト]
SLACの創立から40年/詳細なポジトロニウム散乱の初の実験/海軍のニュートリノ[1月号]//反水素原子の内部状態/何もない真空による新しい物理の検証/ニュートリノとCP対称性の破れ[2月号]//原子炉でつくられた反ニュートリノが消えた[3月号]//光子質量の新たな上限[5月号]//前例のない大規模な中国‐台湾共同科学研究/荷電対称性の破れ[7月号]//プラズマ航跡場で陽電子加速[8月号]//高エネルギー原子核衝突における興味深い奇妙な現象/中間子Ds(2317)/5クォーク状態の発見[10月号]//異なる原子核中では大きさが違う陽子[11月号]
天文宇宙
[解説・評論]
[特集] いまさらブラックホール [5月号]
[「いまさらブラックホール」特集巻頭言] 特集にあたって  江里口良治,加藤万里子 [5月号]
ブラックホールの誕生に迫る  柴田 大 [5月号]
ブラックホールは黒いのか  前田惠一 [5月号]
ブラックホールはどう視えるか  福江 純 [5月号]
明るく輝く黒い穴  鶴 剛 [5月号]
巨大ブラックホールの見つけ方  三好 真 [5月号]
いまこそブラックホール?  白水徹也 [5月号]
重力波によるブラックホールの観測  田越秀行 [5月号]
ホワイトホールの死?  中尾憲一 [5月号]
インフレーションが描いた宇宙地図,宇宙地図が描いたインフレーション  横山順一 [9月号]
宇宙に広がる磁場  P. P. クロンバーグ 著 山田雅子 訳 [9月号]
超新星,ダークエネルギー,宇宙の加速膨張  岡村定矩 [12月号]
[ニュース]
地球上に残った超新星の痕跡  B. シュワルツシルド 著 富田晃彦 訳 [3月号]
マーズオデッセイで見た火星地下の氷  C. デイ 著 氏原秀樹 訳  [3月号]
「クォーク星の発見か?」その後  加藤万里子 [3月号]
ワームホールは通過可能か?  真貝寿明 [5月号]
ビッグバンのインフレーションを支持する新しい観測  B. シュワルツシルド 著 春日 隆 訳 [6月号]
WMAP衛星による宇宙背景放射の精密観測  B. シュワルツシルド 著 磯 暁 訳 [9月号]
X線観測で深まる銀河団中心部の謎  C. デイ 著 滝沢元和 訳 [10月号]
初期宇宙に銀河分布の大構造を発見  島作一大 [11月号]
[物理科学,この1年]
銀河団中でのガスのはぎ取り現象  吉田道利 [1月号]
最遠方の銀河発見  柏川伸成 [1月号]
ハイパーノバ  梅田秀之,野本憲一 [1月号]
巨大電波望遠鏡ALMAいよいよ建設へ  長谷川哲夫 [1月号]
[随想]
重力波観測から太陽系外の惑星探査まで  観山正見 [5月号]
暗黒エネルギーと宇宙加速膨張  M. S. ターナー 著 磯 暁 訳 [11月号]
[理科教育]
ニュートリノ天文学について  本間三郎,林 昌樹 [7月号]
[ニュースダイジェスト]
重力の速度[4月号]//新しいスーパーバースト理論/ピンポイントの精密地図[5月号]//太陽はどのようにして輝いているのか?[6月号]//ガンマ線バーストと超新星/ブラックホールを通って別の宇宙へ/LIGOによる最初の科学的研究成果[7月号]//ダークマターの理論[8月号]//丸くない星[10月号]//ビッグリップ:新しい宇宙の最後の審判シナリオ[12月号]
地球惑星
[解説・評論]
地震の物理  金森博雄, E. E. ブロツキー 著 田島俊之 訳 [6月号]
相対論とGPS(全球測位システム)  N. アシュビー 著 細川瑞彦 訳 [6月号]
地震と火山噴火の相互作用  D. P. ヒル,F. ポリッツ,C. ニューホール 著 大湊隆雄 訳 [11月号]
[ニュース]
地球はいつできたか  R. フィッツジェラルド 著 宮野健次郎 訳 [7月号]
[物理科学,この1年]
化学天気予報  高橋正明 [1月号]
グローバル地震学──見えてきた地球中心核の不均質構造  川勝均 [1月号]
コンピューターで地球の磁場を再現する  桜庭 中 [1月号]
[クローズアップ]
海洋深層水とただの水  高橋正征 [9月号]
小惑星探査機「はやぶさ」への期待  川口淳一郎 [11月号]
[コラム] 凍土の小石がつくる不思議な模様,ストーンコールド  S. K. ブラウ 著 田島俊之 訳 [9月号]
[ニュースダイジェスト]
クアオアー[1月号]//1500年以来の地温変化[5月号]//ニカラグアの地下は湿っている[8月号]//太陽フレアと地球温暖化[9月号]
生物物理
[解説・評論]
精密な強度変調による新しい放射線治療  A. L. ボイヤー 著 美宅成樹,山中麻里 訳 [7月号]
ゲルの摩擦で解き明かす生物の運動   剣萍,長田義仁 [7月号]
[ニュース]
磁場配向による生体分子のNMR構造解析法  菊地 淳 [1月号]
ロブスターはなぜ赤くなるか  C. デイ 著 美宅成樹,山中麻里 訳 [9月号]
熱の作用でDNAを集める  C. デイ 著 美宅成樹,山中麻里 訳 [10月号]
細胞膜が破れない理由  C. デイ 著 好村滋行 訳 [10月号]
[物理科学,この1年]
タンパク質凝集による病気 狂牛病もアルツハイマー病も……  後藤祐児 [1月号]
瞬目反射連合学習を担う脳の領域  桐野 豊 [1月号]
第一原理からのタンパク質立体構造予測の発展  岡本祐幸 [1月号]
[クローズアップ]
単純化したアミノ酸配列でタンパク質の折りたたみを調べる  黒田 裕 [3月号]
森林のパターンはどうしてできるか?  佐竹 暁子 [4月号]
恐竜が初めて空を飛んだ日  真鍋 真 [11月号]
[ニュースダイジェスト]
熱泳動よるDNAの捕捉/非侵襲性の脳波計[1月号]//ひとつひとつの塩基対/人間のバランス制御を助ける雑音[2月号]//イオンチャネルタンパク質の新しい研究手法[3月号]//RNA“イブ”の捜索/自由走行ナノマシンのためのDNA燃料/血管のネットワーク[6月号]//初めての単分子,単塩基解像度のDNAシークエンス解析[7月号]//超低エネルギー電子がウラシルを壊す[8月号]//脳の組織を切って映し出すフェムト秒レーザー[9月号]//高温SQUIDによる心磁計/腫瘍のフライスルー動画[10月号]//CTスキャンのさいに胎児を守るバリウムのシールド[11月号]//同一符号の電荷をもつ生体分子が互いに引き合う/心地よい振動がカエルをおいしいえさに誘う[12月号]
科学史・理科教育・基礎物理・その他
[解説・評論]
エンリコ・フェルミ,アメリカでの日々  V. L. テレグディ 著 藤井昭彦 訳 [3月号]
量子力学の確立とトンネル効果  E. メルツバッカー 著 宮野 健次郎 訳 [4月号]
ニュートン的世界像とダーウィン的世界像の統合をめざして  J. ハート 著 家 泰弘 訳 [4月号]
オリンピックとテクノロジー  S. ハーケ 著 青野 修 訳 [6月号]
原子力エンジニア ユージン・ウィグナー  A. M. ワインバーグ 著 藤井昭彦 訳 [6月号]
ヴィクトリア朝の大物理学者,ケルビン卿  M. マッカートニー 著 家 泰弘 訳 [7月号]
探索的研究スタイル―再評価されるゲーテの色彩論  N. ライブ,F. シュタインレ 著 家 泰弘 訳 [9月号]
ロザリンド・フランクリンと2重らせん  L. O. エルキン 著 家 泰弘 訳 [11月号]
[ニュース]
アーベル賞:2003年度はセール教授に  織田孝幸 [12月号]
[クローズアップ]
立ち上がる回転ゆで卵の解  下村 裕 [3月号]
回転系のパラドックス ― 円周率はπより大か小か  松田 卓也,木下 篤哉 [4月号]
“言語物理学”の夜明け  青山秀明 [12月号]
[随想]
混ぜこぜを科学する  高木隆司 [2月号]
スネルの法則は誰が発見した?  A. クワン,J. ダッドレィ,E. ランツ 著 家 泰弘 訳 [3月号]
危機に瀕する科学の伝統  R. ラフリン 著 家 泰弘 訳 [4月号]
ローマ,パニスペルナ通りのフェルミ  H. A. ベーテ,H. ベーテ 著 磯 暁 訳 [4月号]
特異極限  M. ベリー 著 家 泰弘 訳 [6月号]
物理学が危ない!  S. ネイジェル 著 小林俊一 訳 [6月号]
これからの物理教育:バイオ2010の取り組み  J. J. ホップフィールド 著 磯 暁 訳 [9月号]
[理科教育]
ローレンツ収縮と相対論的力学  伊藤仁之 [3月号]
伊藤氏の「ローレンツ収縮と相対論的力学」について  松田卓也,木下篤哉 [3月号]
遊園地を巨大な力学体験教室に!  八木一正 [9月号]
弱い光が遅れて見える実験  小林英一 [11月号]
「ローレンツ収縮の落し穴」への反論について  伊藤仁之 [12月号]
[コラム] おもりを提げて遠くに跳ぼう  S. K. ブラウ 著 宮野健次郎 訳 [6月号]
[ニュースダイジェスト]
水切り運動の物理/ローレンツ不変性は破れている?[5月号]//煉瓦の年代を調べる新しい方法/槍投げの物理[7月号]
連載
[講座]物理と数学の2重らせん  薩摩順吉
第10回 カオスとフラクタル[1月号]/第11回 セルオートマトン[2月号]/第12回(最終回)超離散系[3月号]

[講座]有限温度の物理学―エントロピーの考え方―  宮下精二
第1回 熱とは,温度とは:熱力学の枠組み[4月号]/第2回 熱力学の法則[5月号]/第3回 エントロピーと熱力学基礎方程式[6月号]/第4回 統計力学におけるエントロピー[7月号]/第5回 状態変化とエントロピー[8月号]/第6回 エントロピーが重要な役割をする現象[9月号]/第7回 熱力学的安定性と相転移[10月号]/第8回 相転移とエントロピー[11月号]/第9回 非平衡状態の熱力学[12月号]

[連載]天才だってつらいよ ― 物理学者列伝  太田浩一
苦悩を乗り越えた理性 ― アンペール[4月号]/風車小屋の物理学者 ― グリーン[5月号]/革命の炎の中から生まれた熱力学 ― カルノー[6月号]/ドイツ理論物理学の源流 ― ノイマン[7月号]/シラノに物理を教えた原子論者 ― ガサンディー[8月号]/真空をつくったマクデブルク市長 ― ゲーリケ[9月号]/地球の重さを測った孤独な魂 ― キャヴェンディシュ[10月号]/電子論の原型をつくった反骨 ― ヴェーバー[11月号]/光の力学理論をつくった先駆者 ― マッカラー[12月号]

[行ってみました科学館]
三菱みなとみらい技術館  美宅成樹 [1月号]
神奈川県立 生命の星・地球博物館  磯 暁 [2月号]

[コラム]知ってるつもりの科学用語A to Z
moment, momentum:時と勢い[1月号]/naming, nomenclature:名前に何があるか[2月号]/粒子の語尾-onの繁栄[3月号]/parity:同等であること――でも何が?[4月号]/quasi-:似ているとはいうものの……[5月号]/Reynolds number:“レノルズ数”にしませんか[6月号]/signs and symbols:記号と言語[7月号]/trans-:変圧器からトランジスターまで[8月号]/ultra-:言葉のインフレーション[9月号]/vector:運び手,4元数,そして電磁気学の因縁[10月号]/work:仕事とエネルギーの言語的関係[11月号]/未知数の起源と文字のイメージ[12月号]

【2003年総目次はこちら】


index 2004index 1月号目次 1月号目次