index 2003index 9月号目次 9月号目次
執筆者・翻訳者紹介

ie img 家 泰弘(いえ・やすひろ)
東京大学物性研究所教授。理学博士。1979年東京大学大学院(物理学専攻)博士課程修了。同年東京大学物性研究所助手,1982年ベル研究所研究員,1984年IBM T. J. ワトソン研究所研究員,1985年東京大学物性研究所助教授を経て,1994年より現職。主な研究分野は,低温物性実験。著書に『物性物理』(産業図書),『量子輸送現象』(岩波書店)がある。趣味は,テニス,バドミントン,ランニングなど身体を動かすことなんでも,乱読,囲碁,将棋,クラシックギターの実力不相応の楽譜を集めること。(この絵は村山和子さんという方が写真をもとに描いてくださったパステル画で,実物より上品に描かれています。)
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/frontier/iye/

横山順一(よこやま・じゅんいち)
http://vega.ess.sci.osaka-u.ac.jp/

ooba img 大場一郎(おおば・いちろう)
早稲田大学理工学部物理学科教授。理学博士。1968年早稲田大学大学院理工学研究科博士課程修了。同大学理工学部助手,専任講師,助教授を経て,1977年より現職。この間,フェルミ国立研究所客員研究員,モスクワ大学交換教授を務める。主に素粒子物理学理論の分野を研究。著書に,『物理学最前線16(小林・益川理論)』(共立出版),『散乱の量子力学』(岩波書店),訳書にパウリの『場の量子論』(共立出版),『目で楽しむ量子力学の本』(丸善),ファインマン・レクチャー『素粒子物理学』(丸善)などがある。

山田雅子(やまだ・まさこ)
日本学術振興会特別研究員。理学博士。2000年京都大学大学院理学研究科博士課程修了。国立天文台で非常勤研究員を勤めた後,大阪大学に移動,現在に至る。主な研究分野は,活動銀河,宇宙線の起源,高エネルギー天体現象全般,クウェンディの文化・伝承。絶世の美女からこの上もなく遠いのが自慢。

mitaku img 美宅成樹(みたく・しげき)
名古屋大学大学院工学研究科(応用物理学専攻)教授。専門は,生物物理,バイオインフォマティクス。最近料理に凝っている。食材を見て,料理の最終形をイメージする。結果はイメージ通りのこともあり,違うこともある。しかし,材料が新鮮で,味付けが浅ければどうやってもおいしい。たまにはデザートのケーキを焼いて保存したりしている。ところで偏見を捨て,素直に実験結果を眺めていると,必ずおもしろいことが見つかる。その点で,料理は研究と似ている。
http://sosui.proteome.bio.tuat.ac.jp/welcome.html

山中麻里(やまなか・まり)

iso img 磯 暁(いそ・さとし)
高エネルギー加速器研究機構助教授。理学博士。1991年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。京都大学基礎物理学研究所にて学振特別研究員,東京大学理学部助手を経て1996年より現職。その間,1996年プリンストン高等研究所メンバー。主な研究分野は,素粒子物理学,場の理論。趣味は,自然と遊ぶこと(山,沢,岩魚,スキー,自転車…)だが最近は子供に遊ばれることの方が多い。家族は,妻,息子(8歳),娘(5歳)。

miyano img 宮野健次郎(みやの・けんじろう)
東京大学先端科学技術研究センター教授。Ph.D. ノースウエスタン大学博士修了。カリフォルニア大学バークレー,アルゴンヌ国立研究所,東北大学電気通信研究所,東京大学工学部を経て現職。主な研究分野は物性物理実験。趣味は家電製品の修理(実益も兼ねる)と鼻歌を歌いながら実験室を徘徊すること。
http://www.myn.rcast.u-tokyo.ac.jp

oide img 生出勝宣(おいで・かつのぶ)
高エネルギー加速器研究機構教授。理学博士。1980年東京大学大学院博士課程修了。1981年高エネルギー物理学研究所助手,1989年同助教授,1997年より現職。主な研究分野は物理学,加速器。
http://www-kekb.kek.jp

tajima img 田島俊之(たじま・としゆき)
サイエンスライター・編集者。1990年神戸大学大学院理学研究科修士課程修了。雑誌『パリティ』編集者を経て,現在はフリー。現在の主な研究分野は,科学史・科学社会学。訳書に『時の誕生、宇宙の誕生』(翔泳社)がある。趣味(というより生きがい)は,サッカー。
http://www.hps.hokudai.ac.jp/history.html

takahashi img 高橋正征(たかはし・まさゆき)
東京大学大学院総合文化研究科教授。理学博士。1970年東京教育大学理学研究科(植物学専攻)博士課程修了。1970年カナダ国立ナナイモ生物研究所研究員,1972年カナダブリティシュコロンビア大学海洋研究所主任研究員,1977年筑波大学生物科学系助教授,1985年東京大学理学部助教授を経て,1995年より現職。1958年日本学生科学賞全日本科学教育振興委員会長賞,1970年カナダNRC奨励賞,1991年第1回生態学琵琶湖賞など受賞多数。主な研究分野は水界生態学,地球環境科学。著書に“Biological Oceanographic Processes”(共著,Pergamon Press),『生物海洋学』(訳書,東海大学出版会),『海洋深層水』(あすなろ書房),『「新しい」生態学』(BIO-City)などがある。 趣味は自分の専門分野の知識・技術を駆使して地球環境問題の解決の方向を考えて世の中に提案すること。

yagi img 八木一正(やぎ・いちまさ)
岩手大学教育学部教授。教育学博士。24年間公立高校物理教諭および教頭を歴任。2000年東京学芸大学連合大学院博士課程修了。2001年助教授を経て2002年10月より現職。遊園地で物理体験学習会(物理祭)を毎年実施,全国的に展開したい,乞協力。主な研究分野は物理教育,理科教育。著書に『遊園地のメカニズム図鑑』(日本実業出版社),『スポーツ上達の力学』(大河出版)などがある。趣味はテニス,ゴルフ,おもしろ物理実験教材開発。

miyashita img 宮下精二(みやした・せいじ)
東京大学大学院工学系研究科教授。理学博士。1981年東京大学大学院博士課程修了。東京大学理学部助手,京都大学教養部,人間環境学研究科助教授,大阪大学理学部教授を経て,現職。主な研究分野は,統計力学,物性基礎論。著書に『熱・統計力学』(培風館),『熱力学の基礎』(サイエンス社),『解析力学』(裳華房),『数値計算』(朝倉書店),『相転移・臨界現象』(岩波書店)がある。家族は,妻,1男,1女。
http://spin.t.u-tokyo.ac.jp

oota img 太田浩一(おおた・こういち)
東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻教授。理学博士。1972年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。1980年MIT理論物理学センター研究員,1982年アムステルダム自由大学客員教授,1990年エルランゲン大学客員教授。主な研究分野は,量子色力学。著書に,『電磁気学機き供戞粉歔院法ぁ悒泪スウェル理論の基礎―相対論と電磁気学』(東京大学出版会)がある。趣味は,古本屋巡り。10年前の写真を使っていることを司書に見破られてしまった。

土井恒成(どい・こうせい)
理学博士。1973年東京大学理学部卒業後,大学院の5年間は東京大学・宇宙航空研究所(当時)でX線天文学を専攻(半田付けばかりやっていた気がする)。学位取得後,1978年から86年まで都内の私立校(中・高)で教鞭をとる。この間,1982-83年にはブリティッシュ・カウンシル奨学金を受け英国レスター大学に滞在した。教職を辞して(early retirement)後は晴耕雨読(ときに翻訳や執筆)の高等遊民生活。趣味は鍵盤楽器(ピアノ,チェンバロ),雑学など。昔教えた中学生の何人かが物理科学の研究者として活躍しているのが嬉しい。

(掲載順)


index 2003index 9月号目次 9月号目次