index 2003index 8月号目次 8月号目次
執筆者・翻訳者紹介

ie img 家 泰弘(いえ・やすひろ)
東京大学物性研究所教授。理学博士。1979年東京大学大学院(物理学専攻)博士課程修了。同年東京大学物性研究所助手,1982年ベル研究所研究員,1984年IBM T. J. ワトソン研究所研究員,1985年東京大学物性研究所助教授を経て,1994年より現職。主な研究分野は,低温物性実験。著書に『物性物理』(産業図書),『量子輸送現象』(岩波書店)がある。趣味は,テニス,バドミントン,ランニングなど身体を動かすことなんでも,乱読,囲碁,将棋,クラシックギターの実力不相応の楽譜を集めること。(この絵は村山和子さんという方が写真をもとに描いてくださったパステル画で,実物より上品に描かれています。)
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/frontier/iye/

iijima img 飯島澄男(いいじま・すみお)
名城大学理工学部教授(1999年より),NEC特別主席研究員(1987年より),JST-SORST研究代表者(2003年より),AIST新炭素系材料開発研究センターセンター長(2001年より)。理学博士。1968年東北大学理学研究科物理学科博士課程修了。1968年東北大学科学計測研究所助手,1970年アリゾナ州立大学研究員(1979年ケンブリッジ大学客員研究員),1982年JST-ERATOグループリーダー,1998年JST-ICORP代表研究者。1985年仁科記念賞,2002年マックグラディ新材料賞(米物理学会),2002年フランクリンメダル(物理学),2002年日本学士院賞・恩賜賞,2003年第3回応用物理学会業績賞受賞など。主な研究分野は,電子顕微鏡による材料研究。著書に『カーボンナノチューブの挑戦』(岩波書店)がある。趣味は,フルート。
http://nlpgw.jst.go.jp/

斎藤 晋(さいとう・すすむ)
東京工業大学教授。

ando img 安藤恒也(あんどう・つねや)
東京工業大学大学院理工学研究科(物性物理学専攻)教授。理学博士。1973年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。1973〜1979年東京大学理学部助手。この間,1975年ミュンヘン工科大学客員研究員,1976年フンボルト研究員(ミュンヘン工科大学),1977年米国IBM 研究所客員研究員を併任。1979年筑波大学物理工学系助教授,1983 年東京大学物性研究所助教授,1990年同教授を経て,2002年より現職。1982年仁科記念賞,1983 年学士院賞,1995 年ヴュルツブルク大学名誉博士,1999 年日本物理学会論文賞を受賞。2000 年ISI World’s Most Cited and Influential Scientific Authors (Physics)に選ばれる。主な研究分野は物性理論(低次元電子系における量子輸送現象,量子ホール効果等)。
http://www.stat.phys.titech.ac.jp/ando/

saito img 齋藤弥八(さいとう・やはち)
三重大学工学部教授。工学博士。1980年名古屋大学大学院工学研究科博士後期課程修了(応用物理学専攻)。豊橋技術科学大学助手,名古屋大学工学部助手,三重大学工学部助教授を経て現職。カーボンナノチューブ(CNT)の合成,評価から応用までの研究を行う。また,電界放出ディスプレイなどへの応用など,CNT電子源の実用化に取り組む。 主な研究分野は結晶物理学,クラスター科学。著書に『フラーレンの化学と物理』(共著,名古屋大学出版会),『カーボンナノチューブの基礎』(共著,コロナ社)がある。5人家族。
http://www.elec.mie-u.ac.jp/saito/index.html

iwasa img 岩佐義宏(いわさ・よしひろ)
東北大学金属材料研究所教授。工学博士。1986年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。1986年東京大学工学部助手,同講師,1993年AT&Tベル研究所客員研究員,1994年北陸先端科学技術大学院大学材料科学研究科助教授,2001年より現職。主な研究分野は,固体物性。家族は妻,長男。
http://iwasa.imr.edu/

maniwa img 真庭 豊(まにわ・ゆたか)
東京都立大学大学院理学研究科(物理学専攻)助教授。理学博士。1984年東京都立大学大学院(物理学専攻)博士課程修了。主な研究分野は物性実験,NMR実験。特に,フラーレン,ナノチューブ,グラファイト,ナノクラスター凝縮体の物性研究。家族は妻,1男1女,犬1匹。

shinohara img 篠原久典(しのはら・ひさのり)
名古屋大学大学院理学研究科(物質理学専攻)教授。理学博士。1979年京都大学大学院理学研究科(化学専攻)博士課程後期中退。同年,岡崎国立共同研究機構分子科学研究所助手,1986年エディンバラ大学日英協力研究員,1988年三重大学工学部分子素材工学科助教授,1993年名古屋大学理学部化学科教授,1995年より現職。日本質量分析学会奨励賞,日本金属学会奨励賞,日本IBM科学賞,中国科学アカデミー(北京)レクチャーシップ賞を受賞。主な研究分野は,フラーレンとカーボンナノチューブの科学,ナノ物質科学。著書に『フラーレンの化学と物理』(名古屋大学出版)がある。アピールポイントは,健康で体力があること,声が大きいこと。趣味はフィットネスとシャーロック・ホームズ研究。家族は妻と子供2人。
http://nano.chem.nagoya-u.ac.jp/

kanda img 神田晶申(かんだ・あきのぶ)
筑波大学物理学系学際物質科学研究センター講師。理学博士。1994年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。理化学研究所基礎科学特別研究員,同フロンティア研究員,筑波大学物理学系助手を経て,現職。主な研究分野は,ナノ構造の電気伝導,カーボンナノチューブ,微小超伝導体の磁場応答に関する低温実験。趣味は乱読,ドライブ,家族旅行。家族は妻,娘(5歳)。
http://lt.px.tsukuba.ac.jp/

tsukagoshi img 塚越一仁(つかごし・かずひと)
理化学研究所研究員。理学博士。1995年大阪大学大学院理学研究科(物理学専攻)博士課程修了。1996年ケンブリッジ大学キャベンディッシュ研究所客員研究員,1997年日立ヨーロッパLtd., 日立ケンブリッジ研究所研究員,1999年より現職。主な研究分野は,ナノ分子素子エンジニアリングと電気伝導およびその応用。アピールポイントは,平日の短時間睡眠と日曜の寝だめが可能なこと。家族は妻,娘。
http://www.riken.go.jp

terauchi img 寺内正己(てらうち・まさみ)
東北大学多元物質科学研究所教授。理学博士。1984年東北大学卒業。1987〜1989年日本学術振興会特別研究員,1988年理学博士号取得(東北大学大学院理学研究科)。1990年東北大学科学計測研究所助手,1993年同講師,1995年同助教授,2001年東北大学多元物質科学研究所助教授を経て,2002年より現職。主な研究分野は,電子顕微鏡を用いた物性解析手法の開発とその応用。著書に"Convergent-beam electron diffraction I, II, III, IV"(共著,JEOL-Maruzen),『やさしい電子回折と初等結晶学』(共著,共立出版)がある。趣味は電子顕微鏡を使った実験。時間があればゆっくりと読書をしたい。家族は妻と子供3人。
http://xes.tagen.tohoku.ac.jp/index-j.html

nakayama img 中山喜萬(なかやま・よしかず)
大阪府立大学大学院工学研究科教授,大阪大学大学院工学研究科特任教授。工学博士。1972年大阪府立大学卒業。同年松下電器産業株式会社入社,1979年大阪府立大学工学部助手,1987年同講師,1989年同助教授,1992〜1993年米国シカゴ大学客員研究員併任,1995年大阪府立大学工学部教授を経て,現職。2001年より関西ナノテクノロジー推進会議のカーボンナノ材料研究会の主査。さらに2001年度からスタートした科学技術振興事業団「カーボンナノ材料」研究のプロジェクトリーダー。主な研究分野は,半導体を中心とする電子材料,特にカーボンナノ構造物の合成と物性,ナノテクノロジー。著書に『ディジタルハードコピー技術と材料――最新の電子写真技術とその材料――』(シーエムシー出版),『カーボンナノチューブ,ナノデバイスへの挑戦』(化学同人),『カーボンナノチューブ――期待される材料開発――』(シーエムシー出版)などがある。趣味は山歩き,スキー,音楽(特に邦楽)。家族は妻,長男,次男,長女,両親。
http://www.dd.pe.osakafu-u.ac.jp/

miyashita img 宮下精二(みやした・せいじ)
東京大学大学院工学系研究科教授。理学博士。1981年東京大学大学院博士課程修了。東京大学理学部助手,京都大学教養部,人間環境学研究科助教授,大阪大学理学部教授を経て,現職。主な研究分野は,統計力学,物性基礎論。著書に『熱・統計力学』(培風館),『熱力学の基礎』(サイエンス社),『解析力学』(裳華房),『数値計算』(朝倉書店),『相転移・臨界現象』(岩波書店)がある。家族は,妻,1男,1女。
http://spin.t.u-tokyo.ac.jp

oota img 太田浩一(おおた・こういち)
東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻教授。理学博士。1972年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。1980年MIT理論物理学センター研究員,1982年アムステルダム自由大学客員教授,1990年エルランゲン大学客員教授。主な研究分野は,量子色力学。著書に,『電磁気学機き供戞粉歔院法ぁ悒泪スウェル理論の基礎―相対論と電磁気学』(東京大学出版会)がある。趣味は,古本屋巡り。

土井恒成(どい・こうせい)
理学博士。1973年東京大学理学部卒業後,大学院の5年間は東京大学・宇宙航空研究所(当時)でX線天文学を専攻(半田付けばかりやっていた気がする)。学位取得後,1978年から86年まで都内の私立校(中・高)で教鞭をとる。この間,1982-83年にはブリティッシュ・カウンシル奨学金を受け英国レスター大学に滞在した。教職を辞して(early retirement)後は晴耕雨読(ときに翻訳や執筆)の高等遊民生活。趣味は鍵盤楽器(ピアノ,チェンバロ),雑学など。昔教えた中学生の何人かが物理科学の研究者として活躍しているのが嬉しい。

(掲載順)


index 2003index 8月号目次 8月号目次