index 2003index 6月号目次 6月号目次
執筆者・翻訳者紹介

ie img 家 泰弘(いえ・やすひろ)
東京大学物性研究所教授。理学博士。1979年東京大学大学院(物理学専攻)博士課程修了。同年東京大学物性研究所助手,1982年ベル研究所研究員,1984年IBM T. J. ワトソン研究所研究員,1985年東京大学物性研究所助教授を経て,1994年より現職。主な研究分野は,低温物性実験。著書に『物性物理』(産業図書),『量子輸送現象』(岩波書店)がある。趣味は,テニス,バドミントン,ランニングなど身体を動かすことなんでも,乱読,囲碁,将棋,クラシックギターの実力不相応の楽譜を集めること。
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/frontier/iye/

tajima img 田島俊之(たじま・としゆき)
サイエンスライター・編集者。1990年神戸大学大学院理学研究科修士課程修了。雑誌『パリティ』編集者を経て,現在はフリー。現在の主な研究分野は,科学史・科学社会学。訳書に『時の誕生、宇宙の誕生』(翔泳社)がある。趣味(というより生きがい)は,サッカー。
http://www.hps.hokudai.ac.jp/history.html

hosokawa img 細川瑞彦(ほそかわ・みずひこ)
独立行政法人通信総合研究所電磁波計測部門原子周波数標準グループ グループリーダー。理学博士。1988年東北大学大学院理学研究科修了。1990年通信総合研究所入所。以降,超伝導研究室,時空計測研究室,周波数標準課,原子標準研究室を経て,2001年の独立行政法人化にともない現職。この間,1998年〜1999年シドニーのオーストラリア国立電波望遠鏡施設(ATNF)に滞在。主な研究分野は精密時空計測,原子周波数標準。趣味は読書,スポーツ,音楽など。家族は妻。
http://www2.crl.go.jp/hk/hk121/index.html

aono img 青野 修(あおの・おさむ)
自治医科大学名誉教授。理学博士。1959年東京大学理学部物理学科卒業。1964年同大学理学部物理学教室助手,1979年自治医科大学教授,1997年より吉林大学(旧長春科技大)客員教授併任。主な研究分野は生物物理,プラズマ物理,物理教育。著書に『電場・磁場』(共立出版),『力学演習』(サイエンス社),『電磁気学の単位系』,『いまさら電磁気学?』(以上,丸善)がある。老妻と2人暮し。

miyano img 宮野健次郎(みやの・けんじろう)
東京大学先端科学技術研究センター教授。Ph.D. ノースウエスタン大学博士修了。カリフォルニア大学バークレー,アルゴンヌ国立研究所,東北大学電気通信研究所,東京大学工学部を経て現職。主な研究分野は物性物理実験。趣味は家電製品の修理(実益も兼ねる)と鼻歌を歌いながら実験室を徘徊すること。
http://www.myn.rcast.u-tokyo.ac.jp

fujii img 藤井昭彦(ふじい・あきひこ)
上智大学名誉教授。Ph.D. 1958年ロチェスター大学大学院修了。その後,パデュー大学講師,ロンドン大学インペリアルカレッジ研究員,フラスカティ国立研究所研究員,上智大学理工学部助教授,教授を経て現職。主な研究分野は,中間エネルギー核物理の理論,弱い相互作用の理論。翻訳に『スーパーシンメトリー』,『クォークはチャーミング』(以上,紀伊國屋書店)など。

大竹淑恵(おおたけ・よしえ)

kasuga img 春日 隆(かすが・たかし)
法政大学工学部教授。理学博士。1979年東京大学大学院理学研究科(物理学専攻)修了。東京大学海洋研究所助手,国立天文台(東京大学東京天文台)助手を経て,現職。受信装置を立ち上げ,野辺山45望遠鏡によるsz効果の観測を精力的に行う。また,次期電波天文衛星のための高感度受信装置の開発にも力を入れている。主な研究分野は高感度電波計測,センシング工学,電波天文学。家族は妻,娘,息子。
http://www.ksg.k.hosei.ac.jp

hayano img 早野龍五(はやの・りゅうご)
東京大学大学院理学系研究科教授。理学博士。1979年東京大学大学院理学系研究科(物理学専門課程)博士課程修了。1979年東京大学助手(附属中間子科学実験施設)に採用,1982年高エネルギー物理学研究所助教授(物理研究系),1986年東京大学助教授(理学部),1993年同大学助教授(理学系研究科),1997年より現職。第14回井上学術賞受賞,CERNにおける低速反陽子実験ASACUSAグループのスポークスマン。主な研究分野はエキゾティック原子。著書に『計算物理』(共著,共立出版)がある。趣味は(ジャズ)バイオリン,歌舞伎鑑賞。
http://nucl.phys.s.u-tokyo.ac.jp/hbar

kobayashi img 小林俊一(こばやし・しゅんいち)
理化学研究所理事長。理学博士。1967年大阪大学理学研究科(物理学専攻)博士課程修了。1968〜1998年東京大学。専門分野は低温物理学。現在は,研究所運営。著書に『パリティ物理学コース 固体物理』(丸善)がある。趣味は,野菜作り,チェロ,水泳。家族は,妻,息子,(時に)娘

miyashita img 宮下精二(みやした・せいじ)
東京大学大学院工学系研究科教授。理学博士。1981年東京大学大学院博士課程修了。東京大学理学部助手,京都大学教養部,人間環境学研究科助教授,大阪大学理学部教授を経て,現職。主な研究分野は,統計力学,物性基礎論。著書に『熱・統計力学』(培風館),『熱力学の基礎』(サイエンス社),『解析力学』(裳華房),『数値計算』(朝倉書店),『相転移・臨界現象』(岩波書店)がある。家族は,妻,1男,1女。前回のアピール効いて,本シリーズを引き受けることになりました。ものいえばくちびるさむし…。
http://spin.t.u-tokyo.ac.jp

oota img 太田浩一(おおた・こういち)
東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻教授。理学博士。1972年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。1980年MIT理論物理学センター研究員,1982年アムステルダム自由大学客員教授,1990年エルランゲン大学客員教授。主な研究分野は,量子色力学。著書に,『電磁気学機き供戞粉歔院法ぁ悒泪スウェル理論の基礎―相対論と電磁気学』(東京大学出版会)がある。趣味は,古本屋巡り。

土井恒成(どい・こうせい)
理学博士。1973年東京大学理学部卒業後,大学院の5年間は東京大学・宇宙航空研究所(当時)でX線天文学を専攻(半田付けばかりやっていた気がする)。学位取得後,1978年から86年まで都内の私立校(中・高)で教鞭をとる。この間,1982-83年には英国レスター大学に研究員(ブリティッシュ・カウンシル・スカラー)として滞在した。教職を辞して(early retirement)後は,ときおり翻訳や執筆にたずさわりながらの高等遊民生活。研究分野は,過去はともかく,現在はもっぱら雑学。趣味は鍵盤楽器(ピアノ,チェンバロ),電子工作など。

(掲載順)


index 2003index 6月号目次 6月号目次