index 2003index 4月号目次 4月号目次
執筆者・翻訳者紹介

aoki img 宮野健次郎(みやの・けんじろう)
東京大学先端科学技術研究センター教授。Ph.D. ノースウエスタン大学博士修了。カリフォルニア大学バークレー,アルゴンヌ国立研究所,東北大学電気通信研究所,東京大学工学部を経て現職。主な研究分野は物性物理実験。趣味は家電製品の修理(実益も兼ねる)と鼻歌を歌いながら実験室を徘徊すること。
http://www.myn.rcast.u-tokyo.ac.jp

ie img 家 泰弘(いえ・やすひろ)
東京大学物性研究所教授。理学博士。1979年東京大学大学院(物理学専攻)博士課程修了。同年東京大学物性研究所助手,1982年ベル研究所研究員,1984年IBM T. J. ワトソン研究所研究員,1985年東京大学物性研究所助教授を経て,1994年より現職。主な研究分野は,低温物性実験。著書に『物性物理』(産業図書),『量子輸送現象』(岩波書店)がある。趣味は,テニス,バドミントン,ランニングなど身体を動かすことなんでも,乱読,囲碁,将棋,クラシックギターの実力不相応の楽譜を集めること。
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/frontier/iye/

fujii img 青島貞人(あおしま・さだひと)
大阪大学教授(大学院理学研究科高分子科学専攻)。工学博士。1987年京都大学大学院工学研究科修了。1987〜1988年日本学術振興会特別研究員,1988年東京理科大学理工学部助手,同講師,助教授を経て,2000年大阪大学助教授,同教授(現在に至る)。この間,1993〜1994年コーネル大学客員研究員。2002年より東京大学物性研究所教授(併任)。主な研究分野は高分子合成・反応。趣味は,スポーツ(阪大ソフトボール部顧問),古いGT-Rでのドライブ。
http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/aoshima/

miyashita img 柴山充弘(しばやま・みつひろ)
東京大学物性研究所教授。工学博士。1982年京都大学大学院工学研究科修了。 1983年マサチューセッツ州立大学博士研究員,1984年京都工芸繊維大学繊維学部高分子学科助手,1988年同助教授,1997年同教授,2000年より現職。この間,1991〜1992年マサチューセッツ工科大学客員研究員。主な研究分野は,高分子物性,高分子ゲル。著書に『高分子機能材料 第3巻 高分子物性の基礎』(共著,共立出版),『大学院高分子科学』(共著,講談社),『ゲルハンドブック』,『高分子科学と有機化学とのキャッチボール』(ともに共著,エヌ・ティー・エス出版)がある。趣味はテニス。家族は妻と2男1女。
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/neutron/shibayama/

nakatsukasa img 中畑雅行(なかはた・まさゆき)
東京大学宇宙線研究所神岡宇宙素粒子研究施設教授。略歴は,1982年よりカミオカンデ実験に参加し,超新星ニュートリノ,太陽ニュートリノ観測の研究を行った。その後,スーパーカミオカンデ実験を行っており,太陽ニュートリノ観測,実験装置のエネルギー較正を主に研究している。
http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/~nakahata/index.html

tomita img 黒田和明(くろだ・かずあき)
東京大学宇宙線研究所教授。理学博士。1985年東京大学大学院理学系研究科修了。東京大学工学部卒業後5年間人事院で働き,1979年工業技術院機械技術研究所に転勤。退職後,1980年から東京大学大学院で物理を専攻,重力に関する研究,1985年から工業技術院計量研究所でシリコン格子定数を求める実験,第5の力実験を行う。1992年に東大宇宙線研究所に異動し,以後kmスケール低温重力波望遠鏡の計画を推進。主な研究分野は,重力と重力波に関する実験。著書に『物理学辞典』(共著,培風館),『応用物理学ハンドブック』(共著,丸善)がある。(半分馬鹿でないとできないが)楽観的にものごとを進めることができるのが最もアピールできるポイント。水泳と日曜大工が趣味である。器具や電気製品を修理しようとして逆に壊してしまうことが多い。妻と大学生の娘2人の4人家族。
http://icrr.u-tokyo.ac.jp/gr/gr.html

ujihara img 白井淳平(しらい・じゅんぺい)
東北大学大学院理学研究科助教授。 理学博士。1982年京都大学大学院理学研究科博士課程修了。1984年高エネルギー加速器研究機構(KEK)助手,1997年より現職。カムランド実験に従事する。主な研究分野は素粒子物理学,ニュートリノ実験。 趣味は,体を動かすこと,近年はジョギングとウォーキング,音楽(何でも)。家族は妻,娘(大学1年),息子(高2)。
http://www.awa.tohoku.ac.jp/KamLAND/index_j.html

kato img 佐竹暁子(さたけ・あきこ)
日本学術振興会特別研究員(PD)。理学博士。2002年九州大学大学院理学研究科生物科学専攻博士後期課程修了。1999年日本学術振興会特別研究員(DC1)(分野:生態学),2002年日本学術振興会特別研究員(PD)(分野:生態学)。主な研究分野は,数理生態学。趣味は読書,ピアノ,ジョギング,車の運転。
http://bio-math10.biology.kyushu-u.ac.jp/~satake/index.html

kato img 田卓也(まつだ・たくや)
神戸大学理学部地球惑星科学科教授。理学博士。1970年京都大学大学院博士課程修了。同年,京都大学工学部航空工学科助手,1973年同大学助教授,1992年より現職。主な研究分野は,銀河の渦状腕や降着流の数値シミュレーション。著書に『人間原理の宇宙論』(培風館),『時間の本質をさぐる』(共著,講談社)がある。趣味はパソコン。家族は妻,長男。
http://nova.scitec.kobe-u.ac.jp/~matsuda

kuroda img 木下篤哉(きのした・あつや)
気象庁観測部環境気象課。1985年島根大学理学部物理学科卒業。3年間,中学校・高等学校で講師を務め,1988年松山地方気象台航空出張所へ転職,1997年より現職。主な研究分野は,微量気体成分輸送モデル(CTM)。趣味は,ハードSFの物理的考察,何でも分類すること。家族は妻,長女。

ie img 磯 暁(いそ・さとし)
高エネルギー加速器研究機構助教授。理学博士。1991年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。京都大学基礎物理学研究所にて学振特別研究員,東京大学理学部助手を経て1996年より現職。その間,1996年プリンストン高等研究所メンバー。主な研究分野は,素粒子物理学,場の理論。趣味は,自然と遊ぶこと(山,沢,岩魚,スキー,自転車…)だが最近は子供に遊ばれることの方が多い。家族は,妻,息子(8歳),娘(5歳)。

ie img 宮下精二(みやした・せいじ)
東京大学大学院工学系研究科教授。理学博士。1981年東京大学大学院博士課程修了。東京大学理学部助手,京都大学教養部,人間環境学研究科助教授,大阪大学理学部教授を経て,現職。主な研究分野は,統計力学,物性基礎論。著書に『熱・統計力学』(培風館),『熱力学の基礎』(サイエンス社),『解析力学』(裳華房),『数値計算』(朝倉書店),『相転移・臨界現象』(岩波書店)がある。家族は,妻,1男,1女。前回のアピール効いて,本シリーズを引き受けることになりました。ものいえばくちびるさむし…。
http://spin.t.u-tokyo.ac.jp

ie img 太田浩一(おおた・こういち)
東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻教授。理学博士。1972年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。1980年MIT理論物理学センター研究員,1982年アムステルダム自由大学客員教授,1990年エルランゲン大学客員教授。主な研究分野は,量子色力学。著書に,『電磁気学機き供戞粉歔院法ぁ悒泪スウェル理論の基礎―相対論と電磁気学』(東京大学出版会)がある。趣味は,古本屋巡り。

土井恒成(どい・こうせい)
理学博士。1973年東京大学理学部卒業後,大学院の5年間は東京大学・宇宙航空研究所(当時)でX線天文学を専攻(半田付けばかりやっていた気がする)。学位取得後,1978年から86年まで都内の私立校(中・高)で教鞭をとる。この間,1982-83年には英国レスター大学に研究員(ブリティッシュ・カウンシル・スカラー)として滞在した。教職を辞して(early retirement)後は,ときおり翻訳や執筆にたずさわりながらの高等遊民生活。研究分野は,過去はともかく,現在はもっぱら雑学。趣味は鍵盤楽器(ピアノ,チェンバロ),電子工作など。

(掲載順)


index 2003index 4月号目次 4月号目次