index 2002index 11月号目次 11月号目次
執筆者・翻訳者紹介

saito img 齋藤理一郎(さいとう・りいちろう)
電気通信大学電子工学科助教授。理学博士。1985年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。同大学理学部助手を経て1990年より現職。この間,1990〜1991年東京大学理学部客員助教授,1991〜1992年マサチューセッツ工科大学客員研究員,1993〜1994年東京大学大学院理学系研究科客員助教授,1997〜1998年東京大学物性研究所客員助教授を併任。1999年第13回日本IBM科学賞(物理分野)受賞。主な研究分野は固体物理。著書に『量子物理学』(培風館),"Physical Properties of Carbon Nanotubes" (共著,Imperial College Press) がある。趣味は庭いじり,日曜大工。家族は妻,娘2人。
http://flex.ee.uec.ac.jp

ie img 家 泰弘(いえ・やすひろ)
東京大学物性研究所教授。理学博士。1979年東京大学大学院(物理学専攻)博士課程修了。同年東京大学物性研究所助手,1982年ベル研究所研究員,1984年IBM T. J. ワトソン研究所研究員,1985年東京大学物性研究所助教授を経て,1994年より現職。主な研究分野は,低温物性実験。著書に『物性物理』(産業図書),『量子輸送現象』(岩波書店)がある。趣味は,テニス,バドミントン,ジョギングなど身体を動かすことなんでも,乱読,囲碁,将棋,クラシックギターの実力不相応の楽譜を集めること。
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/frontier/iye/

umemura img 梅村晋一郎(うめむら・しんいちろう)
(株)日立製作所中央研究所主管研究員。工学博士。1980年東京大学大学院工学系研究科(物理工学専攻)博士課程修了。(株)日立製作所に入社,1986〜1987年イリノイ大学客員準教授,2000年より現職。主な研究分野は診断・治療の両方を含む医用超音波。趣味はバックパッキング,テニスなど。家族は妻,息子1名。

seo img 妹尾仁嗣(せお・ひとし)
産業技術総合研究所強相関電子技術センター強相関理論チーム研究員および日本学術振興会科学技術特別研究員。理学博士。2000年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。2001年より産業技術総合研究所強相関電子技術研究センター強相関理論チーム。主な研究分野は凝縮系の理論。現在は遷移金属酸化物や分子性結晶等の強相関電子系における新奇現象の解明に燃える。趣味はテニス,料理(まだ初心者),ビール。家族は妻。
http://unit.aist.go.jp/cerc/

hanado img 花土ゆう子(はなど・ゆうこ)
独立行政法人通信総合研究所電磁波計測部門時間周波数計測グループ主任研究員。1989年東北大学大学院理学研究科修士課程修了。1989年に郵政省通信総合研究所に入所,独法化をへて現職。主な研究分野は,パルサータイミング計測,時間・周波数標準に関する研究。趣味は,野山歩き,絵を見ること。家族は夫。
http://www2.crl.go.jp/dk/c252/research/pulsar.html.ja

miyano img 宮野健次郎(みやの・けんじろう)
東京大学先端科学技術研究センター教授。Ph.D. ノースウエスタン大学博士修了。カリフォルニア大学バークレー,アルゴンヌ国立研究所,東北大学電気通信研究所,東京大学工学部を経て現職。主な研究分野は物性物理実験。趣味は家電製品の修理(実益も兼ねる)と鼻歌を歌いながら実験室を徘徊すること。
http://www.myn.rcast.u-tokyo.ac.jp

木寺詔紀(きでら・あきのり)
横浜市立大学大学院総合理学研究科教授。工学博士。1977年京都大学卒。1982年米国コーネル大学化学科博士研究員,1986年京都工芸繊維大学工芸学部助手,1988年蛋白工学研究所主任研究員,1995年生物分子工学研究所主任研究員,1996年京都大学大学院理学研究科助教授,2001年より現職。主な研究分野は,計算生物学,生物物理学。
http://www.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/bioinfo/Kidera/index.html

enyo img 延與秀人(えんよ・ひでと)
理化学研究所主任研究員。同研究所BNL研究センター副センター長。理学博士。1985年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。1985年日本学術振興会海外特別研究員(CERN),1987年CERN研究員,1989年京都大学理学部助手,1994年同大学理学部助教授を経て,2001年より現職。主な研究分野は,高エネルギー原子核物理学。趣味は,スキー,テニス,育児。家族は,KEK理論部勤務の妻と2女,1男。物理学会での託児室常設にご理解とご支援を。
http://www.rarf.riken.go.jp/lab/radiation/

iso img 磯 暁(いそ・さとし)
高エネルギー加速器研究機構助教授。理学博士。1991年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。京都大学基礎物理学研究所にて学振特別研究員,東京大学理学部助手を経て1996年より現職。その間,1996年プリンストン高等研究所メンバー。主な研究分野は,素粒子物理学,場の理論。趣味は,自然と遊ぶこと(山,沢,岩魚,スキー,自転車…)だが最近は子供に遊ばれることの方が多い。家族は,妻,息子(7歳),娘(4歳)。

kato img 加藤和人(かとう・かずと)
京都大学人文科学研究所文化研究創成研究部門助教授。理学博士。1989年京都大学大学院理学研究科博士課程修了。1990年英国ケンブリッジ大学博士研究員,1993年JT生命誌研究館研究員,2001年京都大学人文科学研究所助教授,2002年よりHUGO(国際ヒトゲノム機構)倫理委員会委員。主な研究分野は,科学コミュニケーション,現代科学史。生物学の研究現場での経験を生かして,研究と社会をつなぐ仕事をしたいと考えている。家族は妻と1女1男。

satsuma img 薩摩順吉(さつま ・じゅんきち)
東京大学大学院数理科学研究科教授。工学博士(京都大学)。1946年奈良県大和郡山に生まれる。1973年京都大学大学院工学研究科(数理工学専攻)博士課程単位取得満期退学。オーバードクター2年の後,1975年京都大学助手(工学部数理工学科),1981年宮崎医科大学助教授(医学部一般教育数学科),1985年東京大学助教授(工学部物理工学科),1992年より現職。主な研究分野は応用数理,数理物理学。具体的には,ソリトン方程式などの非線形可積分系および種々の離散システムの数理的構造把握を中心とした研究。著書に『確率・統計』,『物理の数学』,『微分積分』(以上,岩波書店)などがある。アピールポイントは調子がいいこと,やさしいこと(ともに欠点でもある)。趣味は各種ゲーム,旅行,猫グッズの収集。 家族は妻と男の子2人,プラス家猫2匹外猫4匹。

土井恒成(どい・こうせい)
理学博士。1973年東京大学理学部卒業後,大学院の5年間は東京大学・宇宙航空研究所(当時)でX線天文学を専攻。1978年学位取得後,都内の私立校(中・高)に奉職し1986年まで教鞭をとる。この間,1982‐83年にはブリティッシュ・カウンシル・スカラシップにより英国レスター大学に研究員として滞在した。教職を辞して後は,ときおり翻訳や執筆にたずさわりながら高等遊民生活を楽しむ。研究分野は,過去にはX線天文学・X線検出器関連技術だったが,現在はもっぱら雑学。趣味は‘鍵盤がついたもの’(ピアノ,チェンバロ,パソコン),電子工作など。

(掲載順)


index 2002index 11月号目次 11月号目次