index 2002index 8月号目次 8月号目次
執筆者・翻訳者紹介



miyano img 宮野健次郎(みやの・けんじろう)
東京大学先端科学技術研究センター教授。Ph.D. ノースウエスタン大学博士修了。カリフォルニア大学バークレー,アルゴンヌ国立研究所,東北大学電気通信研究所,東京大学工学部を経て現職。主な研究分野は物性物理実験。趣味は家電製品の修理(実益も兼ねる)と鼻歌を歌いながら実験室を徘徊すること。
http://www.myn.rcast.u-tokyo.ac.jp

ie img 家 泰弘(いえ・やすひろ)
東京大学物性研究所教授。理学博士。1979年東京大学大学院(物理学専攻)博士課程修了。同年東京大学物性研究所助手,1982年ベル研究所研究員,1984年IBM T. J. ワトソン研究所研究員,1985年東京大学物性研究所助教授を経て,1994年より現職。主な研究分野は,低温物性実験。著書に『物性物理』(産業図書),訳書に『人間がサルやコンピューターと違うホントの理由』(日本経済新聞社)がある。趣味は,テニス,バドミントン,ジョギング,年に1度のサッカーなど身体を動かすことなんでも,乱読,囲碁,将棋,クラシックギターの実力不相応の楽譜を集めること。
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/frontier/iye/

esashi img 江刺正喜(えさし・まさよし)
東北大学未来科学技術共同研究センター教授。工学博士。1976年東北大学大学院博士課程修了。1976年より東北大学工学部助手,助教授を経て,1990年教授,現在に至る。半導体センサー,マイクロマシニングによる集積化システム,省エネルギー・省資源のための小形・集積化技術の研究に従事。主な著書は,『半導体集積回路設計の基礎』(培風館),『電子情報回路I,II』(昭晃堂),『マイクロマシーニングとマイクロメカトロニクス』(培風館)他。
http://mems.mech.tohoku.ac.jp/esashilab/top.html

yamamoto img 山本祐靖(やまもと・すけやす)
東京大学名誉教授。理化学研究所国際交流会館館長。理学博士。1959年イェール大学大学院博士課程修了。ブルックヘブン国立研究所研究員,マサチューセッツ大学準教授,東京大学教授,神奈川大学教授,上智大学教授を歴任。主な研究分野は,高エネルギー,原子核物理実験。著書に『高エネルギー物理学』(培風館),『電磁場』(産業図書)などがある。趣味は,太極拳(師範),読書。家族は妻。

kato img 加藤万里子(かとう・まりこ)
慶應義塾大学理工学部助教授。1976年立教大学理学部卒,同理学研究科修了。理学博士。専門は天文学(新星や星の内部構造の理論)。趣味は子育て(娘をからかって遊ぶ),読書(漫画も含め),友人と博物館めぐり,旅行,写真,パッチワーク,カラオケ,国際会議に行ったとき夫と観光すること,切手あつめ,エッセイ書きなど多数。
http://sunrise.hc.keio.ac.jp/~mariko/astro.html


mitaku img 美宅成樹(みたく・しげき)
東京農工大学工学部生命工学科教授。専門は,生物物理,バイオインフォマティクス。昔からの趣味は,囲碁。白黒の石で陣地を取り合うゲームである。いろいろな側面がある中で,一番おもしろいのが,振り換わりという手段(考え方)である。石の取り合いが発生することがあるが,自分の石の大きなかたまりが死ぬに任せて,別のところにより大きな陣地をつくる。この振り換わりで勝負に勝ったときの快感は他のゲームにはない。ところで,研究でも失敗から大きな発見が生まれることがある。研究でも振り換わり(マインドの切り替え)が大事なのである。また,大学統合や法人化を成功させるには,一種の振り換わりが大事ではないかと思う。
http://sosui.proteome.bio.tuat.ac.jp/welcome.html

takagi img 高木喜樹(たかぎ・よしき)
帝京科学大学理工学部環境マテリアル学科教授。工学博士。1978年東京工業大学大学院総合理工学研究科(材料科学専攻)博士課程中退。東京工業大学工業材料研究所(当時)助手,同助教授,西東京科学大学(当時)理工学部物質工学科(当 時)助教授を経て,2000年より現職。この間,1996〜1997年までクラークソン大学(米国)のInternational Center for Gravity Materials Science & Applications(国際重力材料科学応用研究センター)にて客員教授として研究に従事。主な研究分野は,可変重力環境を利用した材料合成,ダイヤモンド薄膜。主な著書は,『宇宙実験最前線』(共著,ブルーバックス,講談社)。趣味はフルート,ピアノ演奏,スキー,ダイビング。家族は妻と1女。
http://www.ntu.ac.jp/dept/mat/lab2/takagi/index.html

国場敦夫(くにば・あつお)
東京大学大学院総合文化研究科助教授。理学博士。1989年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。1989年九州大学理学部数学科助手,1990〜1992年オーストラリア国立大学研究員,1994年東京大学教養学部助教授,1996年改組により現職。主な研究分野は,数理物理,可積分系。趣味は,山歩き,チェス,F1。

morimoto img 森本英樹(もりもと・ひでき)
理学博士。1960年東京大学理学部卒業。生物を研究したくて物理学科に進学。1960年大学院入学。物性理論の小谷研に所属。この年募集要項に,物性理論的な文章の後に,「生物物理学に於ける分子論的諸問題」(私には意味不明)と付け加えられた。日本生物物理学学会が1961年につくられた。「物理学は生物学に普遍的な原理を見付ける有力な武器」みたいな考えが蔓延していて,学生の私にも伝わっていたのだろう。特別な理由もなくヘモグロビンの研究を始めた。1962年博士課程に進学したころに,ヘモグロビンを,タンパク質分子の代表として活性調節メカニズムの普遍性を研究するもっともよい対象であると考えるようになった。それから39年間ヘモグロビンを研究して,2001年に大阪大学基礎工学研究科を定年退職した。家族構成 夫婦 実子2人 里子2人。

土井恒成(どい・こうせい)
理学博士。1973年東京大学理学部卒業後,大学院の5年間は東京大学・宇宙航空研究所(当時)でX線天文学を専攻。1978年学位取得後,都内の私立校(中・高)に奉職し1986年まで教鞭をとる。この間,1982‐83年にはブリティッシュ・カウンシル・スカラシップにより英国レスター大学に研究員として滞在した。教職を辞して後は,ときおり翻訳や執筆にたずさわりながら高等遊民生活を楽しむ。研究分野は,過去にはX線天文学・X線検出器関連技術だったが,現在はもっぱら雑学。趣味は‘鍵盤がついたもの’(ピアノ,チェンバロ,パソコン),電子工作など。

satsuma img 薩摩順吉(さつま ・じゅんきち)
東京大学大学院数理科学研究科教授 。工学博士(京都大学)。1946年奈良県大和郡山に生まれる。1973年京都大学大学院工学研究科(数理工学専攻)博士課程単位取得満期退学。オーバードクター2年の後,1975年京都大学助手(工学部数理工学科),1981年宮崎医科大学助教授(医学部一般教育数学科),1985年東京大学助教授(工学部物理工学科),1992年より現職。主な研究分野は応用数理,数理物理学。具体的には,ソリトン方程式などの非線形可積分系および種々の離散システムの数理的構造把握を中心とした研究。著書に『確率・統計』,『物理の数学』,『微分積分』(以上,岩波書店)などがある。アピールポイントは調子がいいこと,やさしいこと(ともに欠点でもある)趣味は各種ゲーム,旅行,猫グッズの収集。 家族は妻と男の子2人,プラス家猫2匹外猫4匹。

(掲載順)


index 2002index 8月号目次 8月号目次