index 2002index 7月号目次 7月号目次
執筆者・翻訳者紹介


ie img 家 泰弘(いえ・やすひろ)
東京大学物性研究所教授。理学博士。1979年東京大学大学院(物理学専攻)博士課程修了。同年東京大学物性研究所助手,1982年ベル研究所研究員,1984年IBM T. J. ワトソン研究所研究員,1985年東京大学物性研究所助教授を経て,1994年より現職。主な研究分野は,低温物性実験。著書に『物性物理』(産業図書),訳書に『人間がサルやコンピューターと違うホントの理由』(日本経済新聞社)がある。趣味は,テニス,バドミントン,ジョギング,年に1度のサッカーなど身体を動かすことなんでも,乱読,囲碁,将棋,クラシックギターの実力不相応の楽譜を集めること。
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/frontier/iye/

momose img 百生 敦(ももせ・あつし)
東京大学大学院工学系研究科(物理工学専攻)助教授。工学博士。1987年東京大学大学院工学系研究科(物理工学専攻)修士課程修了。同年(株)日立製作所入社(基礎研究所)を経て1999年より現職。その間1997〜1998年欧州シンクロトロン放射光実験施設客員研究員。 主な研究分野はX線光学,特に位相コントラストイメージング。 趣味は囲碁。家族は妻と2女。
http://www.mml.t.u-tokyo.ac.jp/

kokubo img 小久保英一郎(こくぼ・えいいちろう)
国立天文台理論天文学研究系助手。博士(学術)。1997年東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。同年東京大学にて日本学術振興会特別研究員,2000年より現職。主な研究分野は,惑星系形成論。著書に『一億個の地球』(共著,岩波書店)がある。趣味はスクーバダイビング。1つの研究がまとまったら南の島に潜りに行く,という生活をしたいと思っている。
http://th.nao.ac.jp/~kokubo/

kato img 加藤博章(かとう・ひろあき)
京都大学大学院薬学研究科構造生物薬学分野教授。理化学研究所播磨研究所速度論的結晶学研究チーム・チームリーダー兼務。農学博士。1988年京都大学大学院農学研究科(農芸化学専攻)博士後期課程修了。京都大学化学研究所教務職員,助手を経て,1999年より理研へ。2002年より現職。その間1992〜1993年にかけて,文部省在外研究員(Brandeis大学)。研究分野は,速度論的結晶学(時分割結晶学),構造生物学。タンパク質の作用に興味を持ち,そのしくみを化学の言葉で記述したいと考えている。独立するまでは,有機合成化学の研究室でタンパク質の分子生物学やX線結晶学をやっていた変り種。最近の趣味は,うつわをめでることでしょうか。
http://www.riken.go.jp/r-world/research/lab/harima/group-m/kinetic/index.html

miyano img 宮野健次郎(みやの・けんじろう)
東京大学先端科学技術研究センター教授。Ph.D. 1974年ノースウエスタン大学博士課程修了。カリフォルニア大学バークレー校,アルゴンヌ国立研究所,東北大学電気通信研究所,東京大学工学部を経て現職。主な研究分野は,物性物理実験。趣味は実験室の中をうろつくこと。
http://www.myn.rcast.u-tokyo.ac.jp

高口博志(こうぐち・ひろし)
岡崎国立共同機構分子科学研究所助手。理学博士。1996年東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。1996〜1998年分子科学研究所特別協力研究員,非常勤研究員を経て,1998年より現職。主な研究分野は化学反応動力学,レーザー分光学。家族は妻。

nishiura img 西浦慎悟(にしうら・しんご)
東京大学大学院理学系研究科天文学教育研究センター木曽観測所研究機関研究員。理学博士。1999年東北大学大学院理学研究科(天文学専攻)修了。学部では生物物理学を専攻。卒業論文のテーマはタンパク質の構造不安定性。現在の主な研究分野は観測による系外銀河天文学,特にコンパクト銀河群の形成進化とコンパクト銀河群銀河の形成進化。最近は,超高光度赤外線銀河や矮小銀河にも手を出している。趣味は剣道(三段)。
http://www.ioa.s.u-tokyo.ac.jp/kisohp/STAFF/nishiura/intro-j.html

sakaguchi img 阪口雅郎(さかぐち・まさお)
九州大学大学院医学研究院分子生命科学系助教授。理学博士。1986年大阪大学大学院理学研究科(生物化学専攻)修了。1986〜1988年武田薬品工業株式会社 生物工学研究所勤務,1988年九州大学大学院医学系研究科助手(分子生命科学系・機能高分子設計学講座),1997年より現職。主な研究分野は生化学・タンパク質科学。細胞における膜タンパク質の構造形成のすべての様式を解明したいと思っている。膜上でのアミノ酸配列の解読原理を物理的に明らかにすることが最終的には必須と考えている。
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/cell/

深谷賢治(ふかや・けんじ)
京都大学大学院理学研究科数学教室教授。理学博士。東京大学理学部数学教室卒業。(学部卒業が1981年,大学院修士卒業は1983年,学位は1986年(論文博士))。1983年以後は東京大学,1994年から京都大学に勤務。主な研究分野は幾何学。著書に『ゲージ理論とトポロジー』(シュプリンガー・フェアラーク東京),『シンプレクティック幾何学』(岩波書店),『これからの幾何学』(日本評論社)がある。
http://www.kusm.kyoto-u.ac.jp/~fukaya/

土井恒成(どい・こうせい)
理学博士。1973年東京大学理学部卒業後,大学院の5年間は東京大学・宇宙航空研究所(当時)でX線天文学を専攻。1978年学位取得後,都内の私立校(中・高)に奉職し1986年まで教鞭をとる。この間,1982-83年にはブリティッシュ・カウンシル・スカラシップにより英国レスター大学に研究員として滞在した。教職を辞して後は,ときおり翻訳や執筆にたずさわりながら高等遊民生活を楽しむ。研究分野は,過去にはX線天文学・X線検出器関連技術だったが,現在はもっぱら雑学。趣味は‘鍵盤がついたもの’(ピアノ,チェンバロ,パソコン),電子工作など。

iso img 磯 暁(いそ・さとし)
高エネルギー加速器研究機構助教授。理学博士。1991年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)博士課程修了。京都大学基礎物理学研究所にて学振特別研究員,東京大学理学部助手を経て1996年より現職。その間,1996年プリンストン高等研究所メンバー。主な研究分野は,素粒子物理学,場の理論。趣味は,自然と遊ぶこと(山,沢,岩魚,スキー,自転車…)だが最近は子供に遊ばれることの方が多い。家族は,妻,息子(7歳),娘(4歳)。

satsuma img 薩摩順吉(さつま ・じゅんきち)
東京大学大学院数理科学研究科教授 。工学博士(京都大学)。1946年奈良県大和郡山に生まれる。1973年京都大学大学院工学研究科(数理工学専攻)博士課程単位取得満期退学。オーバードクター2年の後,1975年京都大学助手(工学部数理工学科),1981年宮崎医科大学助教授(医学部一般教育数学科),1985年東京大学助教授(工学部物理工学科),1992年より現職。主な研究分野は応用数理,数理物理学。具体的には,ソリトン方程式などの非線形可積分系および種々の離散システムの数理的構造把握を中心とした研究。著書に『確率・統計』,『物理の数学』,『微分積分』(以上,岩波書店)などがある。アピールポイントは調子がいいこと,やさしいこと(ともに欠点でもある)趣味は各種ゲーム,旅行,猫グッズの収集。 家族は妻と男の子2人,プラス家猫2匹外猫4匹。

hyoudou img 兵頭俊夫(ひょうどう・としお)
東京大学大学院総合文化研究科(広域科学専攻)教授。理学博士。東京大学大学院理学系研究科博士課程中退。1971年東京大学教養学部助手,同助教授を経て,1992年に同教授,1996年改組により現職。1996年より高エネルギー物理学研究所(現高エネルギー加速器研究機構物構研)教授併任。主な研究分野は,陽電子を用いた原子分子物理学および物性物理学。著書に『熱学入門』(共著,東京大学出版会),『電磁気学』(裳華房),『考える力学』(学術図書)などがある。趣味は,合気道,フルート。家族は,妻,1男1女。
http://www.dbs.c.u-tokyo.ac.jp/~hyodo/

mitaku img 美宅成樹(みたく・しげき)
東京農工大学工学部生命工学科教授。生物物理,バイオインフォマティクス。最近のマイブームはスノーボード。1枚の板に乗って,体重移動だけで自由自在にすべるスポーツである。その力学は意外に単純で,わかってしまうとやさしい。実に楽しいスポーツである。問題は,ヒトゲノムのせいで,急坂に対して反射的に身を引いてしまうことである。これにはイメージトレーニングが有効で,暇があればイメージトレーニングをしている。
http://sosui.proteome.bio.tuat.ac.jp/welcome.html

(掲載順)


index 2002index 7月号目次 7月号目次