index 2001index 5月号目次 5月号目次
執筆者・翻訳者紹介

iso img 家 泰弘(いえ・やすひろ)
東京大学物性研究所教授。理学博士。1979年東京大学大学院(物理学専攻)博士課程修了。同年東京大学物性研究所助手,1982年ベル研究所研究員,1984年IBM T. J. ワトソン研究所研究員,1985年東京大学物性研究所助教授を経て,1994年より現職。主な研究分野は,低温物性実験。著書に『物性物理』(産業図書),訳書に『人間がサルやコンピューターと違うホントの理由』(日本経済新聞社)がある。趣味は,テニス,バドミントン,ジョギング,年に1度のサッカーなど身体を動かすことなんでも,乱読,囲碁,将棋,クラシックギターの実力不相応の楽譜を集めること。
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/frontier/iye/

bando img 小野輝男(おの・てるお)
大阪大学基礎工学部講師。理学博士。1996年京都大学大学院理学研究科博士後期課程(化学専攻)修了。同年日本学術振興会特別研究員,1997年慶応義塾大学理工学部(物理学科)助手,2000年より現職。主な研究分野は,メゾスコピック磁性体。趣味はスポーツ。家族は,妻,子供3人(2男1女)。

http://www.phys.keio.ac.jp/lab/miyajima/miyajima-lab-jp.html

kugo img 藤井昭彦(ふじい・あきひこ)
上智大学名誉教授。Ph.D.。1958年ロチェスター大学大学院修了。その後,パデュー大学講師,ロンドン大学インペリアル・カレッジ研究員,フラスカティ国立研究所研究員,上智大学理工学部物理学科助教授,教授を経て現在に至る。主な研究分野は,中間エネルギー核物理学の理論,弱い相互作用の理論。翻訳に『新版ゲージ理論入門』(講談社),『自然界における左と右』(紀伊國屋書店),『クォークはチャーミング,ノーベル賞学者グラショウ自伝』(紀伊國屋書店)などがある。

kato img 高橋順子(たかはし・じゅんこ)
国立天文台天文学データ解析計算センター博士研究員。理学博士。1994年京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了。1994年基礎化学研究所博士研究員,1996年日本学術振興会特別研究員,1997年University College London特別研究員,1999年国立天文台天文学データ解析計算センター博士研究員,1999年度日本天文学会研究奨励賞受賞。主な研究分野は,宇宙物質化学,星間化学,理論化学。趣味は,声楽,弓道,芸術鑑賞,読書,旅行,甘い物の食べ歩き。

inoue img 齊藤直人(さいとう・なおひと)
理化学研究所および理研BNL研究センター研究員。理学博士。1995年京都大学大学院理学研究科中退。同年理化学研究所基礎科学特別研究員,1996年同研究員,1997年理研BNL研究センター研究員を兼務。主な研究分野は,高エネルギーハドロン物理実験。趣味は音楽鑑賞。家族は妻と娘1人。
http://riksun.riken.go.jp/rarf/rhic/

kougi img 松本浩典(まつもと・ひろのり)
日本学術振興会海外特別研究員(於マサチューセッツ工科大学)。理学博士。1998年京都大学大学院理学研究科博士後期課程(物理学・宇宙物理学専攻)修了。1998年理化学研究所基礎科学特別研究員,1999年マサチューセッツ工科大学で日本学術振興会海外特別研究員。主な研究分野は,X線天文学。趣味は,スポーツ観戦,卓球。

http://www-cr.scphys.kyoto-u.ac.jp/member/matumoto/


katsumoto img 勝本信吾(かつもと・しんご)
東京大学物性研究所助教授。理学博士。1983年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。1983年NTT茨城電気通信研究所,1986年東京大学理学部助手,1993年より現職。主な研究分野は,低温物理学,量子物性。家族は妻,長男。
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/frontier/kats/

takahashi img 田島俊之(たじま・としゆき)
サイエンスライター・編集者。1990年神戸大学大学院理学研究科修士課程修了。雑誌『パリティ』編集者を経て,現在はフリー。現在の主な研究分野は,科学史・科学社会学。訳書に『時の誕生、宇宙の誕生』(翔泳社)がある。趣味(というより生きがい)は,サッカー。
http://www.hps.hokudai.ac.jp/history.html

(掲載順)


index 2001index 5月号目次 5月号目次