index 2001index 2月号目次 2月号目次
執筆者・翻訳者紹介

hisano img 久野純治(ひさの・じゅんじ)
高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所助手。理学博士。1995年東北大学理学研究科修了。1993年日本学術振興会特別研究員,1996年ミネソタ州立大学物理学科研究員,1997年より現職。主な研究分野は,素粒子論。趣味は料理。
http://www-th.kek.jp

naito img 内藤勲夫(ないとう・いさお)
国立天文台地球回転研究系助教授。理学博士。1969年東北大学大学院理学研究科修士課程修了。1969年文部省緯度観測所研究員,1989年より現職。主な研究分野は,地球回転運動論,GPS気象学など,特に気象学,海洋物理学,水文学,測地学などの学際分野の開拓。趣味はウォーキング,読書。家族は,妻,娘1人。

sasa img 佐々真一(ささ・しんいち)
東京大学大学院総合文化研究科助教授。理学博士。1991年京都大学理学研究科修了。1991年京都大学理学部助手,1994年より現職。主な研究分野は,非平衡理論。著書に『熱力学入門』(共立出版)がある。家族は,妻と2人の娘。
http://dbs.c.u-tokyo.ac.jp/~sasa

kajishima img 梶島岳夫(かじしま・たけお)
大阪大学大学院工学研究科(機械物理工学専攻)助教授。工学博士。1986年大阪大学大学院工学研究科(機械工学専攻)博士課程修了。1986年大阪大学工学部機械工学科助手,1991年通産省工業技術院資源環境技術総合研究所主任研究官,1995年大阪大学工学部機械工学科助教授。主な研究分野は,流体工学(数値シミュレーションによる乱流・混相流の解析)。著書に『乱流の数値シミュレーション』(養賢堂)がある。趣味は,落語を聴くこと,かつては登山,油絵。
http://www-fluid.mech.eng.osaka-u.ac.jp/

kimoto img 木本昌秀(きもと・まさひで)
東京大学気候システム研究センター助教授。Ph. D. 1989年UCLA修了。1980年京都大学理学部修了,同年気象庁入庁,成田空港での観測を経て,UCLAに留学。帰国後,気象庁数値予報課及び気象研究所に勤務。その間,UCLA研究助手,気象研究所主任研究官を経て,1994年より現職。主な研究分野は,大気大循環,気候力学,異常気象。趣味は,テニス,ブルースギター。家族は,妻,娘2人。
http://www.ccsr.u-tokyo.ac.jp/

suemoto img 末元 徹(すえもと・とおる)
東京大学物性研究所先端分光部門助教授。理学博士。1978年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。東北大学科学計測研究所助手,助教授を経て1989年より現職。1984年より2年間フンボルト財団奨学生としてマックス・プランク固体研究所に滞在。主な研究分野は,光物性。超高速分光を中心とする。著書に『半導体の基礎』(P.Y.Yu and M.Cardona著,共訳,シュプリンガー・フェアラーク東京)がある。趣味は物を作ること。家族は妻と娘2人だが,研究所の移転に伴って平日は単身赴任中。
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/spectroscopy/suemoto/

okamura img 岡村定矩(おかむら・さだのり)
東京大学大学院理学系研究科教授。理学博士。1976年東京大学大学院理学系研究科博士課程単位取得退学。1978年東京大学(東京天文台木曽観測所)助手,1986年東京大学助教授,1991年より現職。この間,1981〜1982年エジンバラ王立天文台客員研究員。主な研究分野は,銀河天文学。著書に『銀河系と銀河宇宙』(東京大学出版会)などがある。家族は妻と男子2人。
http://indus.astron.s.u-tokyo.ac.jp/index-j.html

katsumoto img 勝本信吾(かつもと・しんご)
東京大学物性研究所助教授。理学博士。1983年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。1983年NTT茨城電気通信研究所,1986年東京大学理学部助手,1993年より現職。主な研究分野は,低温物理学,量子物性。家族は妻,長男。
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/frontier/kats/

sakai img 酒井英樹(さかい・ひでき)
大阪市立大学生活科学部助手。理学博士。1996年早稲田大学大学院理工学研究科博士課程修了。1995年早稲田大学理工学部助手,1996年より現職。主な研究分野は,表面科学。家族は妻。
http://www.life.osaka-cu.ac.jp/~sakai/home.html

ie img 家 正則(いえ・まさのり)
国立天文台教授,光学赤外線天文学・観測システム研究室系主幹。理学博士。1977年東京大学理学系大学院博士課程修了。東京大学助手,同助教授,国立天文台助教授を経て,1992年より現職。銀河渦状構造の理論,冷却CCDカメラ,波面補償光学システムの開発を手がけ,ハワイ島に8m大型光学赤外線望遠鏡すばるを建設し,銀河宇宙の観測を行っている。著訳書に『銀河が語る宇宙の進化』(培風館),『物理学における幾何学的方法』(吉岡書店),『星の王国の旅』(丸善),『地球と宇宙の小辞典』(岩波書店)などがある。趣味は,へぼテニス,ざる碁。家族は,妻,息子2人。
http://optik2.mtk.nao.ac.jp/~iye/index.html

ono img 小野嘉之(おの・よしゆき)
東邦大学理学部教授。理学博士。1974年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。同年東京大学理学部助手,1987年東邦大学理学部助教授,1993年同教授,現在に至る。1977〜1979年,1986〜1987年ドイツ・ケルン大学Visiting Scientist,1997〜1999年日本物理学会誌編集委員長,理事。主な研究分野は,物性理論,電子輸送現象論(アンダーソン局在,量子ホール効果,ポリマー中のソリトンのダイナミクス等)。著書に『シュレディンガー方程式の解法』(丸善),『物理で「群」とはこんなもの』(共立出版),『メゾスコピック系の不思議』(丸善),『ガウスの法則の使い方』(共立出版),『熱力学』(裳華房),訳書に『モット金属と非金属の物理』(共訳,丸善),がある。趣味は,テニス,山歩き。家族は妻1人。
http://soliton1.ph.sci.toho-u.ac.jp/

takahashi img 高橋昌一郎(たかはし・しょういちろう)
国学院大学文学部助教授。1985年ミシガン大学大学院哲学研究科修士課程修了。主な研究分野は,論理学・哲学・認知科学。著書に『ゲーデルの哲学』(講談社現代新書),『数学英和小事典』(共著,講談社),訳書に『ゲーデルの不完全性定理』(丸善),『哲学ファンタジー』(丸善)などがある。趣味は,ジャズとワイン。

(掲載順)


index 2001index 2月号目次 2月号目次