index top index 2000index  index
2000.08 contents
2000.08 contents img

この図は回転するボース凝縮体内部を可視化したもので,12個の渦からなる配置が自発的に発生した様子を示している。明るい領域は凝縮体の密度の低い部分を示し,また,色は凝縮体の波動関数の位相に対応して変えてある。くわしくは,本誌4ページからの解説記事「原子のB-E凝縮最前線」を参照のこと。(Image courtesy of David L. Feder and Peter Ketcham, NIST, Gaithersburg, Maryland.)
article

予言から実現,発展へ
原子のB‐E凝縮最前線
W. ケターレ 著 中川賢一 訳

謎につつまれた惑星
火星再発見
R.ラドベリー 著 倉本 圭 訳

優れた性能を引き出す
注目を集めてきた複合材料
T. ケリイ 他著 落合庄治郎 訳

身近な現象が難しい
謎に満ちた粘着の科学
C. ガイ 他著 土井正男 訳

news 次世代コンピューターのためのシリコン単結晶
伊藤公平

一般相対論の尊厳はいちおう安泰
B. シュワルツシルド 著 藤井保憲 訳

系外惑星探しの新時代
渡部潤一

新しいマジックナンバーの発見
谷畑勇夫

ニュースダイジェスト
藤井昭彦,P. F. シューウィ,B. P. スタイン
地球温暖化と潮汐/熱伝導の量子/光源の速度に無関係な光速度 ほか

[随想]
重さのない質量とは?(II)
媒質のつくる質量
F. ウィルチェック 著 磯 暁 訳

[理科教育]

高等学校物理の実態
川村康文

[講座]

量子力学的“オームの法則” 第5回
アンダーソン局在って何?
小野嘉之

[講座]

科学哲学のすすめ 第1回 
科学そのものを問う
高橋昌一郎
information corner 書籍情報
新製品
読者の広場
9月号予告
今月のキーワード
ダーク・トラップ/原子レーザー/四光波混合/多成分BEC/火星周回機レーザー高度計/プレートテクトニクス/火星の極冠/靱性/マトリックス/積層複合材料/粘弾性体/エラストマー/フィブリル/同位体効果/気相成長法/スピントロニクス素子/ネッキング/自己エネルギー/ねじり秤/等価原理/食変光星/日面経過/世界時/原子核のマジックナンバー/RIビーム/ウッズ‐サクソン型

執筆者・翻訳者紹介



今月のパリティ
増え続けるBECに関する論文の出版件数
希薄原子気体のボース‐アインシュタイン凝縮(BEC)が生成されて以来,原子物理学,量子力学,多体系物理学の分野に豊富な実験の場を与えてきた。原子のBECの基本的な概念から,最近の実験における進展までをくわしく紹介する。(p.4)

火星の初期の歴史に何があったのか
火星はとても謎の多い奇妙な天体であることがわかっていたため,研究者たちはこの赤い惑星を間近に観察する新たな機会を長い間待っていた。火星探査の第1の波から20年,最新の遠隔探査技術によって,この赤い惑星像がより鮮明なものになりつつある。(p.13)

複合することで材料にどんな特性を与えるのか   
材木は強いセルロース繊維が柔らかいリグニンに入った複合材料,骨はヒドロキシアパタイトがコラーゲンに入った複合材料である。これら自然界にある材料を意図的に模倣して,今日,人工複合材料の開発がめざましく進展してきている。(p.19)

粘着強度を左右するいくつものファクター
粘着現象をコントロールすることは粘着材料の開発だけでなく,さまざまな分野で重要である。多くの業界が物質の粘着特性についての大切なノウハウをもっているが,いったい粘着とは何であろうか? それはどうしたら定量化することができるであろうか?(p.27)
フォーミュラーワン競技車
フォーミュラーワン競技車(p.24)

index top index 2000index  index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら