index top index 2000index  index
2000.06 contents
2000.06 contents img

半導体人工分子で測定された微分トンネルコンダクタンスのソース・ドレイン電圧(横軸)‐ゲート電圧(縦軸)平面での強度プロット。写真は試料の概観。黄色はコンダクタンスがゼロの部分を表し,特に中央で縦に並んだ黄色の菱形は,その大きさが人工分子中の電子系の安定性の目安となる。各菱形では,電子数が違っていて,下から上に向かって順に0個から1個ずつ増えていく。その他の色の線は,これに沿って電子状態が変化していくことを意味する。くわしくは,本誌12ページからの特集記事「人工原子・分子のユニークな物理」を参照のこと。
article

巻頭言
ようこそ!メゾスコピック世界のアリスた
勝本信吾

たとえ話から知るこの世界
メゾスコピック村の電子たち
勝本信吾

本物にはない電子の性質
人工原子・分子のユニークな物理
樽茶清悟

デバイスへの応用となるか
単電子トンネルと強磁性
大塚洋一

半導体に施された工夫
洗濯板に乗せられた電子
家 泰弘

電気伝導の一般論
ランダウアーの公式
川畑有郷

広がる測定領域
遠赤外単一光子検出
小宮山 進


超伝導のものとは違う?
永久電流の不思議
吉岡大二郎

電子対から見いだされた特殊効果
超伝導‐常伝導のはざまにおかれたメゾスコピック系
柳英明

電子に磁束を貼り付ける?
化けた電子のAB効果
二瓶史行
news 減少する北極海の氷
B. G. レヴィ 著 羽角博康 訳

炭素ナノチューブへのスピン注入
塚越一仁,B. W. アルフェナール

ニュースダイジェスト
藤井昭彦,P. F. シューウィ,B. P. スタイン
月の成因/球雷/逆さまの世界/早期ガン発見の重要なブレークスルー/量子力学のブロードウェイ解釈 ほか

[講座]
量子力学的“オームの法則” 第3回
量子ホール効果(
II
小野嘉之
information corner 書籍情報
新製品
読者の広場
7月号予告
今月のキーワード
フント則/ウィグナー結晶/クーロンブロッケイド/トンネル磁気抵抗/クーロン振動/ワイス振動/シュブニコフ-ド・ハース効果/量子細線/単電子トランジスター/電界効果トランジスター/サウレス・エネルギー/真木-トンプソン項/アハラノフ-ボーム効果/磁束量子/北大西洋振動/北極振動/多層炭素ナノチューブ/保磁力/スピンバルブ

執筆者・翻訳者紹介



今月のパリティ
扉を開けた未知の量子の世界
人工原子には形を制御することによってさまざまな電子系をつくり出せるという特徴がある。人工分子ではその連結の強弱や方向などを精度よく変えることによって,分子に類似,あるいはまったく異なる性質をもった分子をつくり出すことができる。(p.12

2次元電子を自在に制御する手法とは?
半導体2次元電子系に人工的な修飾を施した系が示す特徴的な電気伝導現象について,初歩的な解説を試みる。半導体2次元電子系というと非常に特殊な系のような印象をもたれるかもしれないが,コンピューターをはじめ,実はわれわれの身のまわりにあふれているものである。(p.28)
子ポイントコンタクトの伝導
子ポイントコンタクトの伝導(p.7)

従来型の検出器では比にもならない感度
遠赤外光領域は,広い分野で分光的研究に重要な領域であるが,光学とエレクトロニクスという二大技術の狭間に置かれ,測定には実験技術上の制約が多くあった。ところが最近,半導体の量子ドットに強磁場を印加することによって,波長200μm前後の光子が検出された。(p.39)

接合技術が生んだメゾスコピック効果
銀や銅のような常伝導金属にアルミニウムやニオブのような超伝導体を接触させると,全体の抵抗はどうなるであろうか。単純に抵抗といっても,そこには深い物理があり,メゾスコピック系であるがゆえのユニークさ,おもしろさがある。(p.49)

index top index 2000index  index

●年間定期購読のお申込みはこちら
●最新号およびバックナンバーのご注文はこちら