index 2000index 4月号目次 4月号目次
執筆者・翻訳者紹介
wada img 和田純夫(わだ・すみお)
東京大学大学院総合文化研究科専任講師。理学博士。1977年東京大学大学院博士課程修了。ケンブリッジ大学研究員,ボローニャ大学研究員,東京大学教養学部助手を経て,現職。主な研究分野は素粒子論,宇宙論,科学論。著書に『物理講義のききどころ』(岩波書店),『量子力学が語る世界像』(講談社ブルーバックス),『20世紀の自然観革命』(朝日選書)などがある。

namiki img 並木美喜雄(なみき・みきお)
早稲田大学名誉教授。理学博士。1948年早稲田大学理工学部電気通信学科卒業。1948年文部省特別研究生,1953年同修了。早稲田大学理工学部応用物理学科助手,同専任講師,同助教授,物理学科教授を経て現在に至る。1967年より1年間ニールス・ボーア研究所に客員研究員として出張。主な研究分野は,素粒子理論,量子力学的観測問題,確率過程論。著書に『デルタ関数と微分方程式』(岩波書店),『不確定性原理』(共立出版),『解析力学』(丸善),“Stochastic Quantization”(Springer),“Decoherence and Quantum Measurements”(共著,World Scientific)などがある。趣味は旅ぐらいか。家族は妻だけ。

hosoya img 細谷暁夫(ほそや・あきお)
東京工業大学理学部物理学科教授。理学博士。1973年東京大学大学院理学系研究科博士課程2年中退。1985年大阪大学理学部物理学科助教授,1988年広島大学理論物理学研究所教授,1990年より現職。著書に『量子コンピュータの基礎』(サイエンス社)がある。主な研究分野は,宇宙論,素粒子論。趣味は,歴史の本を読むこと。家族は1男2女,妻。

blank 高木 伸(たかぎ・しん)
富士常葉大学環境防災学部教授。理学博士。1974年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)修了。1946年生(岐阜市)。1974年サセックス大学数物科学科研究員,ヘルシンキ大学理論物理学研究所研究員,ヘルシンキ工科大学低温物理学研究所客員,北欧理論原子物理学研究所(ノルディタ)客員,東北大学大学院理学研究科助教授,2000年4月より現職。(この間,オックスフォード大学天体物理学科,ダブリン大学芸術学部数理物理学科客員。)研究分野は,理論物理学。著書に『アインシュタインとボーア――20世紀の物理学を創った相対論・量子論の新展開――』(共著,裳華房),『巨視的トンネル現象』(岩波書店)など,訳書に『物理学のすすめ』(A.J.レゲット著,紀伊國屋書店)がある。趣味は,のんびりと全速力で歩くこと,落語を観聴くこと。

furusawa img 古沢 明(ふるさわ・あきら)
(株)ニコン技術開発部。工学博士。1986年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。同年(株)ニコン入社,現在に至る。その間1988〜1990年東京大学先端科学技術研究センター研究員,1991年工学博士(東京大学),1996〜1998年カリフォルニア工科大学客員研究員。主な研究分野は,広い意味での非線形光学(ホールバーニング,フォトンエコーなど),量子光学。趣味は,スキー,テニス,ウィンドサーフィン。家族は,妻,子2人(女1,男1)。

nakamura img 中村泰信 (なかむら・やすのぶ)
NEC基礎研究所主任。1992年東京大学大学院工学系研究科(超伝導工学専攻)修士課程修了。同年NEC基礎研究所入社,1997年より現職。主な研究分野は,メソスコピック系の物理。趣味は,サッカー。家族は,妻,1女1男。

takeda img 竹田宣生(たけだ・のぶお)
ボールセミコンダクター・インコーポレーテッド副社長,プロダクト/プロセス開発担当。工学博士。東北大学大学院工学研究科修了。1985年科学技術庁創造科学推進事業西澤完全結晶プロジェクト特別研究員,1986年財団法人半導体振興会半導体研究所研究員,1988〜1994年まで,(株)小電力高速通信研究所に出向,コミュニケーションデザイン研究室長,1997年ボールセミコンダクター株式会社(千葉県流山市)に入社,1998年ボールセミコンダクター・インコーポレーテッド(米国テキサス州)に移籍,現職。主な研究分野は,半導体デバイス,プロセス。趣味は,ドライブ,アマチュア無線(第1級アマチュア無線技師)。家族は,妻,娘2人。

torii img 鳥井寿夫(とりい・よしお)
学習院大学理学部平野研究室助手。1998年東京大学大学院理学系研究科博士課程中退。1997年4月〜1998年7月日本学術振興会特別研究員,同年8月より現職。主な研究分野は,レーザー冷却,特に中性原子気体のボース‐アインシュタイン凝縮。趣味は水泳,愛車(中古のマニュアル車)でドライブすること。男3兄弟の次男。

makishima img 牧島一夫(まきしま・かずお)
東京大学大学院理学系研究科教授。理学博士。1976年東京大学大学院理学系研究科(物理学専攻)修士課程修了, 1978年同博士課程中退。同年東京大学宇宙航空研究所(現宇宙科学研究所)助手。1986年東京大学理学部助教授。1995年より現職。主な研究分野は, 宇宙X線観測。趣味は, ハイキング, スキー。家族は, 妻, 1男, 1女。

matsuda img 松田卓也(まつだ・たくや)
神戸大学理学部地球惑星科学科教授。理学博士。1970年京都大学大学院理学研究科博士課程修了。同年,京都大学工学部航空工学科助手,1973年同大学助教授,1992年より現職。主な研究分野は,銀河の渦状腕や降着流の数値シミュレーション。著書に『人間原理の宇宙論』(培風館),『時間の本質をさぐる』(共著,講談社)がある。趣味はパソコン。家族は妻,長男。

kinoshita img
木下篤哉(きのした・あつや)
気象庁観測部環境気象課。1985年島根大学理学部物理学科卒業。3年間,中学校・高等学校で講師を務め,1988年松山地方気象台航空出張所へ転職,1997年より現職。主な研究分野は,微量気体成分輸送モデル(CTM)。趣味は,ハードSFの物理的考察,何でも分類すること。家族は妻。

ono img
小野嘉之(おの・よしゆき)
東邦大学理学部教授。理学博士。1974年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。同年東京大学理学部助手,1987年東邦大学理学部助教授,1993年同教授,現在に至る。1977〜1979年,1986年〜1987年ドイツ・ケルン大学Visiting Scientist,1997〜1999年日本物理学会誌編集委員長,理事。主な研究分野は,物性理論,電子輸送現象論(アンダーソン局在,量子ホール効果,ポリマー中のソリトンのダイナミクス等)。著書に『シュレディンガー方程式の解法』(丸善),『物理で「群」とはこんなもの』(共立出版),『メゾスコピック系の不思議』(丸善),『ガウスの法則の使い方』(共立出版),『熱力学』(裳華房),訳書に『モット金属と非金属の物理』(共訳,丸善),がある。趣味は,テニス,山歩き。家族は妻1人。

(掲載順)


index 2000index 4月号目次 4月号目次