index 2000index 3月号目次 3月号目次
執筆者・翻訳者紹介
inoue img 井上 一(いのうえ・はじめ)
宇宙科学研究所教授。理学博士。1974年東京大学大学院修士課程修了。1975年東京大学宇宙航空研究所(現文部省宇宙科学研究所)助手,1988年同助教授,1994年同教授。主な研究分野は,X線天文学,宇宙物理学。家族は,妻,1男,1女。

ogata img 小形正男(おがた・まさお)
東京大学大学院総合文化研究科助教授。理学博士。1986年東京大学大学院博士課程中退。1986〜1993年東京大学物性研究所理論部門助手,その間1989〜1991年スイス連邦工科大学ポスドク,1991〜1993年アメリカ・プリンストン大学ポスドク,1998〜1999年分子科学研究所客員助教授。1993年より現職。主な研究分野は物性理論。著書に『多変数の微分積分』(岩波書店),『振動・波動』(裳華房),『量子工学ハンドブック』(共著,朝倉書店)がある。趣味はコーヒーを飲むこと,廊下をふらふら歩き回ること。家族は妻,子。

kaneko img 金子邦彦(かねこ・くにひこ)
東京大学大学院総合文化研究科教授。理学博士。1984年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。学振研究員,ロスアラモス研究所ポスドク,東京大学教養学部助手を経て現職。その間,1987年イリノイ大学客員,1988年ロスアラモス研究所ウラム・フェロー。主な研究分野は,非平衡現象,カオスなどの非線形ダイナミクス,複雑系としての生命科学。著書に“Collapse of Tori and Genesis of Chaos in Dissipative Systems”(World Sci. Pub.),“Theory and Applications of Coupled Map Lattices ”(編著,Wiley),『複雑系のカオス的シナリオ』(共著,朝倉書店,改訂英訳版はSpringerで印刷中),『複雑系の進化的シナリオ』(共著,朝倉書店)がある。趣味は,エッセイ・小説書き(『カオスの紡ぐ夢の中で』,小学館文庫),ただし現在休筆中。家族は妻。

izumi img 和泉 真(いずみ・まこと)
アトムテクノロジー研究体(JRCAT)研究員。理学博士。1997年京都大学大学院理学研究科後期博士課程(化学専攻)単位認定退学。科学技術振興事業団研究員を経て,現職。主な研究分野は,酸化物薄膜の作成,構造,物性。趣味は,クラシック音楽,フルート。家族は妻。

kawasaki img 川崎雅司(かわさき・まさし)
東京工業大学総合理工学研究科(物質科学創造専攻)助教授。工学博士。1989年東京大学大学院工学系研究科(化学エネルギー工学専攻)博士課程修了。1989年日本学術振興会特別研究員,同年IBM Thomas J. Watson Reserch Center博士研究員,1991年東京工業大学工業材料研究所(現応用セラミックス研究所)助手,1992年新技術事業団さきがけ研究研究員(併任94年まで),1997年より現職。アトムテクノロジー研究体(JRCAT)グループアドバイザー併任。主な研究分野は,酸化物超構造における新量子物性の探索。著書に『応用物理ハンドブック』(共著,丸善),『高温超伝導体の化学』(共著,講談社サイエンティフィク),『実験物理学講座』(共著,丸善)がある。趣味は宴会。家族は妻,長男。

tokura img 十倉好紀(とくら・よしのり)
東京大学大学院工学系研究科(物理工学専攻)教授。1981年東京大学大学院工学系研究科(物理工学専攻)博士課程修了。1986年東京大学理学部物理学科助教授,1994年同教授,1995年より現職。1993年よりアトムテクノロジー研究体(JRCAT)併任。主な研究分野は,物性物理。家族は妻,息子2人,娘犬(36kg)1頭。

kawata img 河田 聡(かわた・さとし)
大阪大学工学部応用物理学科教授。1979年大阪大学大学院工学研究科博士課程修了。工学博士。1979年カリフォルニア大学アーバイン校電気工学科を経て,1981年より大阪大学工学部応用物理学科勤務。1993年より現職。現在文部省科研費重点領域研究「ニアフィールド・ナノ光学」代表および日本学術振興会未来開拓事業研究「フォトニック生体情報計測制御」プロジェクト・リーダー。専門分野は,光学,分光学,計測学。著書6冊。日本IBM科学賞(1996年),ダ・ビンチ優秀賞(1997年ルイ・ヴィトン財団)等を受賞。

yoshinobu img 吉信 淳(よしのぶ・じゅん)
東京大学物性研究所助教授。理学博士。1989年京都大学大学院理学研究科(化学専攻)博士後期課程修了。1988年日本学術振興会特別研究員(DC),1989年米国ピッツバーグ大学化学科表面科学センター博士研究員,1991年理化学研究所基礎特別研究員,1992年理化学研究所研究員,1996年理化学研究所副主任研究員,1997年より現職。主な研究分野は,表面科学。著書に,『実験化学講座第4版 第13巻「表面界面」』(分担執筆,丸善),『薄膜作製応用ハンドブック』(分担執筆,エヌ・ティー・エス)などがある。趣味は,音楽鑑賞(クラシック,ジャズ),乱読,スキー,山歩き。家族は,妻,子2人。

watanabe img 渡邊鉄哉(わたなべ・てつや)
国立天文台(電波天文学研究系)教授。理学博士。1980年東京大学大学院理学系研究科(天文学専攻)博士課程修了。1980年東京大学(東京天文台)助手,1988年国立天文台(太陽物理学研究系)助手,1990年国立天文台(太陽物理学研究系)助教授,1999年より現職。主な研究分野は,太陽恒星物理学・紫外線天文学。著書に『新版・星図星表めぐり』(共著,誠文堂新光社),訳書に『ハッブル宇宙望遠鏡』(シュプリンガーフェアラーク東京)などがある。趣味は,将棋,水泳,なつメロを唄う…。家族は,妻,息子2人。

abe img 阿部 豊(あべ・ゆたか)
東京大学大学院理学系研究科(地球惑星物理学専攻)助教授。理学博士。1987年東京大学大学院理学系研究科(地球物理学専攻)博士課程修了。日本学術振興会特別研究員,カリフォルニア工科大学研究員,名古屋大学水圏科学研究所助手を経て,1992年から現職。主な研究分野は,地球型惑星の進化,特に表層環境の進化と安定性。いかにして地球が地球の特徴を獲得したか,を解明することに最大の関心がある。著書に『岩波講座地球惑星科学,第1・12・13巻』(岩波書店),『地球』(東京大学出版会),『新しい地球史』(有隣堂),『惑星の科学』(朝倉書店)(以上,すべて共著)がある。趣味は,星をみること,音楽鑑賞。家族は,両親,叔母,妻,娘2人。

ie img 家 泰弘(いえ・やすひろ)
東京大学物性研究所教授。理学博士。1979年東京大学大学院(物理学専攻)博士課程修了。同年東京大学物性研究所助手,1982年アメリカ・ベル研究所研究員,1984年アメリカIBM T.J.ワトソン研究所研究員,1985年東京大学物性研究所助教授を経て,1994年より現職。主な研究分野は,低温物性実験。著書に『物性物理』(産業図書),訳書に『人間がサルやコンピューターと違うホントの理由』(日本経済新聞社)がある。趣味は,テニス,バドミントン,ジョギング,年に1度のサッカーなど身体を動かすことなんでも,乱読,囲碁,将棋,下手なクラシックギター。

yoshino img 吉埜和雄(よしの・かずお)
東京都立小山台高等学校教諭。1977年茨城大学理学部物理学科卒業。都立江戸川高等学校を経て,1999年より現職。主に東京物理サークルで授業研究を続けてきている。科学教育研究協議会会員・委員,科学教育研究協議会責任編集の雑誌『理科教室』(新生出版)の編集代表。研究分野は,主に高校だが小・中学校の物理分野も含む物理学の授業,自然科学教育。著書に『たのしくわかる物理100時間』(物理サークルの仲間との共著,あゆみ出版)がある。趣味は,読書,自然散策。

matsuda img 松田卓也(まつだ・たくや)
神戸大学理学部地球惑星科学科教授。理学博士。1970年京都大学大学院理学研究科博士課程修了。同年,京都大学工学部航空工学科助手,1973年同大学助教授,1992年より現職。主な研究分野は,銀河の渦状腕や降着流の数値シミュレーション。著書に『人間原理の宇宙論』(培風館),『時間の本質をさぐる』(共著,講談社)がある。趣味はパソコン。家族は妻,長男。

kinoshita img
木下篤哉(きのした・あつや)
気象庁観測部環境気象課。1985年島根大学理学部物理学科卒業。3年間,中学校・高等学校で講師を務め,1988年松山地方気象台航空出張所へ転職,1997年より現職。主な研究分野は,微量気体成分輸送モデル(CTM)。趣味は,ハードSFの物理的考察,何でも分類すること。家族は妻。

(掲載順)


index 2000index 3月号目次 3月号目次