index 1999index 10月号目次 10月号目次
執筆者・翻訳者紹介
gotoh img 後藤貴行 (ごとう・たかゆき)
上智大学理工学部物理学科助教授。理学博士。1989年東京大学理学系大学院物理学専攻修了。1989年東北大学金属材料研究所低温電子物性部門助手,1998年より現職 (この間,1998年東北大学金属材料研究所客員助教授)。主な研究分野は超伝導体・磁性体のNMR。趣味は,観世流謡曲,葛野流大鼓(おおつづみ),アマチュア無線(JFfRPA)。家族は妻,娘1人。

kimoto img 木本昌秀 (きもと・まさひで)
東京大学気候システム研究センター助教授。Ph.D. 1989年UCLA修了。1980年京都大学理学部修了。同年,気象庁入庁,成田空港での観測を経て,UCLAに留学。帰国後,気象庁数値予報課及び気象研究所に勤務。その間,UCLA研究助手,気象研究所主任研究官を経て,1994年より現職。主な研究分野は,大気大循環,気候力学,異常気象。趣味は,テニス,ブルースギター。家族は,妻,娘2人。

ooi img 大井みさほ (おおい・みさほ)
東京学芸大学教授,連合学校教育学研究科長。理学博士。1959年お茶の水女子大学理学部物理学科修了。同年,計量研究所,1985年東京学芸大学教育学部物理学科。主な研究分野は,応用物理学(量子エレクトロニクス,レーザー分光計測),単位と標準,物理教育。著書に,『単位のカタログ』(新生出版),『レーザー入門』(共立出版),『光学素子の基礎と活用法』(学会出版センター)がある。趣味は,水彩,油彩,園芸,クラシック。家族は,夫,犬,猫各1。

nohara img 野原 実 (のはら・みのる)
東京大学物性研究所助手。理学博士。1994年広島大学大学院理学研究科博士課程後期(物理学専攻)修了。日本学術振興会特別研究員(PD)を経て1995年より現職。主な研究分野は,低温電子物性,超伝導。趣味は,アマチュア無線とクラシック音楽の鑑賞。家族は,妻。

tahara img 田原修一 (たはら・しゅういち)
NEC基礎研究所研究マネージャー。工学博士。1981年九州大学大学院工学研究科修士課程修了。1981年NEC入社,超伝導LSIの研究に従事,1992年研究課長,低温,高温超伝導のエレクトロニクス応用の研究および研究管理に携わる,1998年研究マネージャー,現在に至る。その間,1989〜1990年スタンフォード大学客員研究員。主な研究分野は,超伝導エレクトロニクス。『量子工学ハンドブック』(共著,朝倉書店)を今年度出版予定。趣味は,ゴルフ,読書,合気道2段。家族は,妻,1男1女,ミニチュアダックス雄。

nakayama img 中山幸仁 (なかやま・こうじ)
東北大学金属材料研究所講師。工学博士。1995年横浜国立大学大学院工学研究科博士課程修了。1996年ミネソタ大学博士研究員,1999年東京大学大学院理学系研究科客員研究員。主な研究分野は,表面物理。趣味はウィンドサーフィン,極真空手(初段)。家族は妻ゆみ,1女1男。

taniguchi img 谷口 晃 (たにぐち・あきら)
アンリツ株式会社研究所センシング技術プロジェクトチーム主席研究員。1968年群馬大学工学研究科修士課程電気修了。同年,安立電気(現アンリツ)株式会社に入社,主としてマイクロ波,ミリ波デバイスおよび光通信用測定器の開発に従事。1988〜1991年米国アンリツアメリカ駐在。IEEE,IEICE,OSA会員。主な研究分野は,マイクロ波通信用,光通信用測定器の開発,長短光パルス発振,光シンセサイザーの研究,その後,味センサー,水質センサーの研究に従事。趣味は,音楽鑑賞(クラシック,モダンジャズ),釣り,ゴルフ,ドライブ。家族は,妻,2男。

noda img 野田 進 (のだ・すすむ)
京都大学工学研究科電子物性工学専攻助教授。工学博士。1984年京都大学大学院工学研究科修士課程電気工学専攻修了。同年,三菱電機中央研究所勤務,1988年京都大学工学部助手,1992年より現職。1991年安藤記念学術奨励賞,1999年丸文学術研究奨励賞受賞。主な研究分野は,光量子電子工学,光量子デバイス工学。著書に『光が作るマルチメディア新時代』(共著,三田出版会)がある。家族は,妻,長男,長女。

takayasu img 高安秀樹 (たかやす・ひでき)
ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。理学博士。1985年名古屋大学大学院理学研究科博士課程修了。1986年神戸大学理学部地球科学科助手,1988年同大学助教授,1993年東北大学大学院情報科学科教授,1997年より現職。主な研究分野は,フラクタル全般。特に最近は,経済現象とフラクタルの共通部分を物理学のスタンスで研究している。著書に,『フラクタル』(朝倉書店),『フラクタルって何だろう』(共著,ダイヤモンド社)などがある。趣味は,料理。家族は,妻と娘2人。

sugihara img 杉原和男 (すぎはら・かずお)
京都市青少年科学センター指導課指導主事。1974年立命館大学理工学部化学科卒業。東レ理科教育賞(本賞など4回受賞),全日本教職員発明展(奨励賞など4回受賞),京都市教育功労表彰ほか。主な研究分野は,電気化学。著書に『遊々サイエンス』(編著,新生出版),『おもしろ実験ものづくり完全マニュアル』(共著,東京書籍),『たのしくわかる物理実験事典』(共著,東京書籍)などがある。趣味は,ホームページ作成(http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ sugicom/ )。家族は妻,娘2人,祖父。

matsuda img 松田卓也(まつだ・たくや)
神戸大学理学部地球惑星科学科教授。理学博士。1970年京都大学大学院博士課程修了。同年,京都大学工学部航空工学科助手,1973年同大学助教授,1992年より現職。主な研究分野は,銀河の渦状腕や降着流の数値シミュレーション。著書に『人間原理の宇宙論』(培風館),『時間の本質をさぐる』(共著,講談社)がある。趣味はパソコン。家族は妻,長男。

kinoshita img 木下篤哉(きのした・あつや)
気象庁観測部環境気象課。1985年島根大学理学部物理学科卒業。3年間,中学校・高等学校で講師を務め,1988年松山地方気象台航空出張所へ転職,1997年より現職。主な研究分野は,微量気体成分輸送モデル(CTM)。趣味は,ハードSFの物理的考察,何でも分類すること。家族は妻。

(掲載順)


index 1999index 10月号目次 10月号目次