検索  
       
KWで購入

道路トンネル技術基準(構造編)・同解説  
   
発行元:(公社)日本道路協会

【定価】本体 5,700円+税
【判型・フォーマット】A5
【ページ数・時間】322ページ
【ISBNコード】978-4-88950-508-5
【発行年月】2003年12月

★代金引換払いでのご注文の際、本体価格10,000円以上で送料無料です。
返品について 返品について
不良品以外の返品はできません。

道路トンネルの本体構造に関する技術的な基準には,建設省都市局長・道路局長より通達されている「道路トンネル技術基準」(平成元年5月)があり,この基準の解説書として「道路トンネル技術基準(構造編)・同解説」((社)日本道路協会 平成元年6月)が発刊されてきました。その後,吹付けコンクリート,ロックボルト,鋼アーチ支保工を組み合わせた工法を標準的な工法としたトンネルの施工実績が増えるのに伴って数々の新しい知見が見出されるとともに,安全性の向上,建設コストの縮減,周辺環境の保全などの社会的要請に対応する必要が生じてきたため,今般,現行の解説書の見直しを行いました。 主な改訂点は以下に示すとおりです。 (1)坑口部の位置選定および設計にあたって留意すべき事項,調査項目,対策工などについて記述を充実しました。 (2)地山分類を設計・施工の実態により適合した地山評価基準とするために,蓄積された数多くの施工実績の分析結果に基づいた見直しを行いました。 (3)トンネルを安定に保つために設ける支保構造部材の標準的な組み合わせを一部追加・見直すとともに,通常断面トンネル,大断面トンネル,小断面トンネルに分けて表記しました。 (4)支保構造を施工の段階でできるだけ実際の地山条件に適合した設計に変更するための考え方を示しました。 (5)掘削工法に最近使用実績の多い補助ベンチ付全断面掘削工法を加えました。 (6)耐久性の高いトンネル覆工を構築するために必要となる覆工コンクリートの材料,施工上の留意点,品質管理などについて記述を充実しました。 (7)都市部などにおける厳しい立地条件,地山条件のもとでトンネルを掘削するための補助工法について新しい工法を追加するとともに,各工法の設計・施工上の留意点,選定の考え方などを示しました。
「代金引換払いでの購入」の際の商品追加の方法について

別の商品を続けて追加購入いただけます。丸善出版発行商品一覧、または 取り扱い商品版元一覧より、続けてお買いになりたいタイトルをお選びいただき、購入のボタンを押しますと、カゴ(注文フォーム)に商品が追加されます。
カゴ画面は閉じてしまっても、24時間情報を保持しています。ページトップの「買い物カゴの中を見る」代引払いボタンを押すと、カゴ画面が再び表示されます。

納期:ご注文後2営業日以内に出荷
本体価格10,000円以上のご購入で送料無料になります。10,000円未満では送料(600円+消費税)がかかります。(代引き手数料は別途頂戴いたしません。)
宅配業者(佐川急便)がお届けの際、代金をお支払いください。
商品のお届けは日本国内のみとなります。ただし、離島のうち、佐川急便の代引決済不可となっている地域についてはご手配できません。
在庫状況やお届け地域により遅れが生じる場合がございますがご了承ください。詳しくはご注文ガイドをご覧ください。
KWで購入
☆公費・請求書決済でのお買い求めの方法が変更となりました。
丸善出版のページから外に出ます。
法人にご所属で、かつ法人名義でご購入を希望される場合は、丸善雄松堂(株)で運営するKnowledge Workerサイト(会員ご登録が必要です。)よりお申し込みください。請求書決済でのお求めが可能です。
上記ボタンのクリックで、丸善出版(株)運営のBookShopから、丸善雄松堂(株)運営のKnowledge Workerサイトの本商品のページへとジャンプいたします。
お手数ですが、Knowledge Workerサイトでのご登録・お買い物のお問い合わせはこちらからお願いいたします。
なお、申し訳ございませんが、ご新規会員の場合、登録完了まで約1週間程度お時間を頂戴いたしますので、お早めの手続きをお願いいたします。

関連書籍
鉄道構造物等設計標準・同解説 開削トンネル 本体13,000円+税
2006年制定 トンネル標準示方書(山岳工法)・同解説[(公社)土木学会] 本体6,000円+税
2006年制定 トンネル標準示方書(シールド工法)・同解説[(公社)土木学会] 本体6,000円+税
2006年制定 トンネル標準示方書(開削工法)・同解説[(公社)土木学会] 本体6,000円+税
コンクリートライブラリー 102 トンネルコンクリート施工指針(案)[(公社)土木学会] 本体3,000円+税
道路トンネル非常用施設設置基準・同解説[(公社)日本道路協会] 本体4,200円+税
道路トンネル安全施工技術指針[(公社)日本道路協会] 本体6,600円+税
道路トンネル維持管理便覧[(公社)日本道路協会] 本体7,500円+税


変わりゆく地球
日本まちづくり事典
Realize工学専門書ショップ