放射性廃棄物処分の安全評価 safety assessment of radioactive waste disposal <原子力・放射線>

対象とするシステムが安全かどうかの判断材料を提供するもの.将来の人間への実際の影響を言い当てることではない.安全評価は,対象とするシステム全体の性能とその影響についての評価である.原子力・放射線分野においては,これに性能を示すための尺度として放射線学的影響,あるいは安全性に関するほかの大局的指標が用いられる.
 放射性廃棄物処分システムは,非常に長期間にわたって,放射性廃棄物の影響から人間や環境を防護するために構築されるシステムである.この時間スケールは通常の工学的なシステムでは経験のないものであり,モニタリングなど,人間の監視によって安全性を確認するという方法に依存しないで安全性を確保することが求められる.このため,処分システムでは安全評価の役割がきわめて重要である.安全評価においては,処分システムの長期挙動について数理モデルを用いた予測解析を行い,人間とその生活環境に対する影響を適切な指標(線量など)を用いて表す.これをあらかじめ設定された安全基準と比較することによって,安全性の判断が行われる.
[梅木 博之]



(出典:日本リスク研究学会 編『リスク学用語小辞典』,2008)

ここに掲載した用語解説は,2008年1月に丸善(株)から出版された,
日本リスク研究学会編『リスク学用語小辞典』より抜粋したものです。
刊行当時から現在までに,定義や状況に変化があった可能性にご注意ください。
また,各項目の文責は著者にあります。